トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら
新型コロナウイルス対策オンライン相談 実施中

ひとりで時間をかけて悩むより、1分で相談。

簡単な質問に答えるだけで、あなたに合った専門家から返信が届き、相談ができます。

エリアから弁護士を探す

北陸・甲信越山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県北海道・東北北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県関東茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県東海岐阜県静岡県愛知県三重県関西滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県中国鳥取県島根県岡山県広島県山口県四国徳島県香川県愛媛県高知県沖縄・九州沖縄県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県

分野から弁護士を探す

ビデオ通話サービス
オンライン相談
ご自宅にいながら弁護士にオンラインで相談することができます。
無料で弁護士に法律相談
トラブル解決Q&A
匿名相談だから安心。みんなが投稿した法律相談と弁護士のアドバイスも無料公開中。

みんなの法律相談


離婚・男女問題

離婚後の慰謝料追加請求について

以前にも質問させて頂きました。


現旦那とは不貞行為の末に結婚しました。
今年の4月に元嫁とは協議離婚にて離婚し、元嫁から「慰謝料を2人で半分ずつ払っていってほしい。」とのことで、離婚慰謝料500万円を分割で月々6万円ずつ支払う、と公正証書に交わしました。
ですが公正証書では三者間での約束が交わせない為、私は旦那の連帯保証人として記載をされました。
また旦那と元嫁の離婚前に私の妊娠が発覚し、この頃産まれたのですが、元嫁にはそのことを言っていません。

元嫁側の親族から公正証書の件で言われたのですが
・公正証書には離婚慰謝料としか記載されていないから、公正証書で交わした離婚慰謝料とは別に、2人から不貞慰謝料をとることが出来る
と言われました。

旦那と元嫁との公正証書には清算条項が交わされています
私は金銭債務を旦那と連帯して保証するようになっており、旦那と連帯して支払う
と記載になっています


今分割払い中ですが、今後、私と旦那との間に子どもが出来ていたことが発覚してしまった場合、再度元嫁から私と旦那に慰謝料を追加請求することができるのでしょうか?
回答: 0
コメント: 0
税務訴訟・行政事件

マスクを着けてない事を理由に入店拒否をすることは違法ではありませんか?

コロナウイルスおいて医学的エビデンスレベル最高峰のRCTでデンマークでマスクは感染予防の効果は確認できなかったという論文があり,他過去にいくつものRCTにおいて同じような結果が出ています、医学、科学はマスクの感染予防効果を認めていな事実があることから以下の法律に違反していませんか?
1,「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」第4条、マスクの感染予防効果が明らかでないことから感染症に関する正しい知識とはいえない?不正確な知識ため人権をも損なわれている?
2,施設管理権は無制限に認められたものではなく、憲法・法律順守と、基本的人権の尊重が求められるのでそもそも4条に違反しておりその理由が人権侵害なので基本的人権の尊重にも合致しないのでは?
3,新型インフルエンザ特措法でも人権に関しては、制限は必要最小限で「なければならない」とありマスクの感染予防効果を否定した論文がいくつもああり、咳エチケットなど代替手段がいくらでもある以上マスク着用することが、感染症対策に協力しているとは言えなく新型インフルエンザ等特措法第5条違反の度を超えた人権制限にも当たるのでは?
回答: 0
コメント: 0
税務訴訟・行政事件

マスクを着けてない事を理由に入店拒否をすることは違法ではありませんか?

コロナウイルスおいて医学的エビデンスレベル最高峰のRCTでデンマークでマスクは感染予防の効果は確認できなかったという論文があり,他過去にいくつものRCTにおいて同じような結果が出ています、医学、科学はマスクの感染予防効果を認めていな事実があることから以下の法律に違反していませんか?
1,「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」第4条、マスクの感染予防効果が明らかでないことから感染症に関する正しい知識とはいえない?不正確な知識ため人権をも損なわれている?
2,施設管理権は無制限に認められたものではなく、憲法・法律順守と、基本的人権の尊重が求められるのでそもそも4条に違反しておりその理由が人権侵害なので基本的人権の尊重にも合致しないのでは?
3,新型インフルエンザ特措法でも人権に関しては、制限は必要最小限で「なければならない」とありマスクの感染予防効果を否定した論文がいくつもああり、咳エチケットなど代替手段がいくらでもある以上マスク着用することが、感染症対策に協力しているとは言えなく新型インフルエンザ等特措法第5条違反の度を超えた人権制限にも当たるのでは?
回答: 0
コメント: 0

弁護士検索から依頼までの流れ


  1. 1

    フォームから現在の状況を送信

  2. 2

    カケコムに登録している各分野に精通した弁護士から 最短30分で連絡が届く

  3. 3

    メールでも電話でも対面でも、お好きな方法で相談 タッグを組んで解決まで一直線

良くある質問


Q.どこまで無料で対応いただけますか?

A.

弁護士によるため一概には回答できませんが、フォームに入力した段階で費用の請求をされたことはございません。
詳細は弁護士宛に直接ご確認ください。

Q.土日や祝日でも相談可能ですか?

A.

土日や祝日に稼働している弁護士さまもいらっしゃいますので、まずはお気軽にご相談ください。

Q.男性弁護士、女性弁護士を自分で選ぶことはできますか?

A.

ご希望に全てお応えすることを確実に約束はできませんが、「ご相談内容/ご希望」にご記入いただけますと幸いです。

カテゴリー一覧


お金まわりの事故・トラブル

ピックアップ記事


注目の弁護士ランキング


1
岡本順一弁護士Seven Rich法律事務所
2
松本理平弁護士松本法律事務所
3
山本弁護士諏訪坂法律事務所
4
本田貴志弁護士鶴丸法律事務所
5
伊奈さやか弁護士弁護士法人リーガルジャパン 東京事務所