トラブル解決プラットフォーム
かわはら あきのぶ

河原彬伸

借金・債務整理
湖都経営法律事務所
050-1709-6155
滋賀県大津市本堅田5丁目15-2 SOSUビル2階
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

借金の連帯保証人になっており金融機関から連絡が来た事例


20代の男性
◇相談前◇
借金の連帯保証人になっていた方からのご相談でした。金融機関から借金をした本人の返済が滞っているとの連絡を受け、どう対応すれば良いのか分からないとのことでした。

◇相談後◇
ご相談者様にお話を伺い、整理したところ、金融機関からの連絡は借金をした本人が今どのような状況にあるのかを確認するためであったと推測できました。そのため、ご相談者様に、借金をしている本人に対して借金返済を促すようアドバイスいたしました。
結果、借金をしたご本人が金融機関に対する返済を再開したため、ご相談者様に対する請求や問合せはなくなりました。

◇弁護士からのコメント◇
債務整理や過払い金請求などの事案では、実際に代理人として対応させていただくことで、金融機関からの督促をストップさせたり、自己破産の手続きを裁判所に申し立てたりすることになりますが、そうではないライトなご相談であっても、お話しを伺って整理させていただくことで、より迅速・適切に問題を解決することができます。金融機関からの督促に悩んでいる方や、将来の見通しが立たなくて困っておられるかたはもちろん、ちょっとしたご相談でもお気軽にお問合せいただければと思います。

100万円程度の借金で自己破産を申し立てた事例


30代の男性
◇相談前◇
総額100万円程度の借金があり、カード会社より一括返済を求める督促が届いたという男性からのご相談でした。ご相談者様には一括返済できるだけの現金も財産もなく、100万円程度の借金では自己破産できないと思うため、どう対応すればよいかわからないとのことでした。

◇相談後◇
100万円程度の借金でしたが、ご相談者様の収入や財産のご状況から自己破産手続きを申し立てた方が良いと判断できました。そのため、その旨をご相談者様へお伝えし、自己破産の申し立てのご依頼をいただきました。

◇弁護士からのコメント◇
借金の金額がそれほど大きくなくても、自己破産を行うべきケースはあります。また、そこまで至らないケースであっても任意整理によって、借金の金額を圧縮したり、返済期間を引き延ばしたりすることが可能なこともありますので、借金でお困りの際は是非一度ご相談にお越しください。

過払い金で自己破産の費用を賄うことができた事例


◇相談内容◇
借金を返済できないので自己破産をしたいという方からご相談をいただきました。ご相談を受け、まず過払い金が発生していないか確認をしたところ、過払い金が発生している金融機関からの借り入れがあったため、その過払い金を回収しました。その回収金を自己破産の費用にあて、自己破産申立てを行いました。

◇弁護士からのコメント◇
過払金は最近では発生していても時効が成立していることも多くありますが、長期間にわたって返済している方は過払金の返還を受けることができる場合もあります。この場合、過払い金で借金を返すことができる場合もありますし、破産をせざるを得ない場合でも過払い金で破産のための費用を賄うことも可能です。どんなケースでも借金がある方は一度ご相談に来ていただければ、過払い金の発生の有無の確認も含めて、どのように借金を整理していくか、ご提案させていただきます。
電話で問い合せ
050-1709-6155
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

所属事務所


所属事務所:湖都経営法律事務所
所在地:滋賀県大津市本堅田5丁目15-2 SOSUビル2階
電話で問い合せ
050-1709-6155
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。