トラブル解決プラットフォーム
えんどう ちひろ

遠藤千尋

離婚・男女問題借金・債務整理労働問題債権回収国際・外国人問題インターネット問題企業法務
法律事務所Neon
050-1709-6147
東京都千代田区神田神保町2-5-11 神保町センタービル
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

遠藤千尋のプロフィール

自己紹介

はじめまして、法律事務所Neonの遠藤千尋と申します。私は、「人と組織の成長を支援する」ということをモットーに弁護士活動を行っています。

具体的には、紛争が起きる前に問題に対処し、未然に防ぐことを心がけています。なぜなら、そうすることでよりプラスな未来に向かっていくことができると考えるからです。より良い成長を支援していきたいと思っています。

それを実現するために大事にしているキーワードは、下記の3つです。

(1)ルールメイク

新しいサービスを作ることに重要性を感じています。

(2)IT

弁護士業界は古い習慣があると思われがちですが、私は企業などにとって新しいビジネスのスピード感や効率化が大事だと思っています。 そのスピード感や効率化をアップするためにもITに注目して、自ら勉強を行っています。

(3)教育

成長はどこにでもあるもの、教育はどこにでもあるものだと思っており、そこに関わる仕事をしていきたいと思っています。 現在もすでに教育に関する活動には取り組んでおり、実際に学校に出向き、いじめに関する授業を行うなどしております。

事務所、弁護士としての特徴

(1)取引先等の関係性を考慮した社内弁護が得意です

都内のITベンチャー2社にて社内弁護士の経験があります。 そのため、取引先との関係性や社内の関係を鑑みた上での法的なアドバイスが可能です。

(2)ITサービスの知見があります

国家試験である「情報セキュリテキマネジメント」の資格を保有しております。企業内で弁護士をやっていたときには、ISMSの運用や資格取得の支援も行っていました。また、SaaSを始め、様々なITサービスの利用規約・プライバシーポリシー作成経験があります。

(3)英文の契約書への対応も可能です

「中学高校英語教員免許」の資格を保有しており、語学が得意です。それを活かし、英文の契約書や利用規約の作成ができます。お気軽にご相談くださいませ。

(4)企業のより良い成長を支援し、相談しやすい環境作りに注力しています

リーガルジャッジだけでなく、ビジネスのアイディア自体のディスカッションを含めて対応させていただくことで、より良い企業のサポートができるよう心がけています。

また、弁護士にはとっつきにくいイメージを持っていらっしゃる方も多いと思いますので、何かあったときに気軽に相談いただけるように、フラットな雰囲気作りを大切にしています。

実際、私が顧問弁護士をさせていただいている企業の方は、私を社内の仲間だと認識してくださっており、様々な相談を気軽にしてくださる方が多いです。

また、法務知識のない職種の方、例えば営業の方とのやり取りもあるため、難しい法律知識を法務知識のない方にもご理解いただけるよう、簡単な説明でお伝えできるよう努めています。

相談者様への共通アドバイス

相談内容がおきまりの場合には、関係する資料を持参いただいたり、時系列で出来事を整理していただけますと、よりスムーズにお話が聞けると思います。

まだまだ敷居が高いとお感じになられる方が多いようで、弁護士に相談にいらっしゃる際には、すでにトラブルが大きくなっている場合が多いです。「これはまずいかも」というくらいで一度ご相談いただけると、トラブルを未然に防げます。

相談者様へ一言

弁護士に相談することに慣れていない場合、そもそも何を相談すべきか、これが弁護士に解決してもらうべき相談かどうか分からないのが通常です。

もし、最適な答えを持っているのが弁護士でない場合には、適切な相談先も含め、しっかりアドバイスさせていただきますので、まずは気にかかっていることを気軽にお話しください。

注力分野

離婚・男女問題


借金・債務整理


労働問題


債権回収


国際・外国人問題


インターネット問題


企業法務

これまでのキャリア

2007年東京外国語大学外国語学部卒業
2009年東北大学大学院教育学研究科修士課程修了
2012年一橋大学法科大学院修了
2014年都内法律事務所勤務。企業法務、一般個人事件などを幅広く手がける。
2016年都内ITベンチャー勤務をしながら「副業」として弁護業を継続 (1社目:60人規模のITベンチャーの1人法務として、法務のみならず総務・人事・労務領域まで幅広く対応。日英契約書、利用規約、個人情報保護方針、就業規則をはじめとする社内規程策定などを担当。ISMSなどの情報セキュリティの社内担当 / 2社目:マザーズ上場ITベンチャーにて、BtoBSaaSサービスおよび海外子会社を含むコーポレート業務を担当。日英契約書作成など、1社目の担当領域を引き続き担当。)
2018年初雁総合法律事務所加入社内弁護士時代(2016年)から継続して個人の弁護士として、主にITベンチャー起業の顧問弁護士を担当。日英の契約書、利用規約、社内文書の作成だけでなく、サービス自体のリーガル判断や、労務相談など、経営全般についてサポート。
2020年法律事務所Neonを設立し、パートナー弁護士に就任
---
第二東京弁護士会 所属
電話で問い合せ
050-1709-6147
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

所属事務所


所属事務所:法律事務所Neon
所在地:東京都千代田区神田神保町2-5-11 神保町センタービル
電話で問い合せ
050-1709-6147
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。