不倫 男女問題

別居中の恋愛、不倫として慰謝料請求は可能か?

別居中の不倫ってどういう扱いを受けるかご存知ですか?別居してるから新しい恋愛をしてもいい!別居とはいえども結婚しているのだから別居中の恋愛はダメ!など色々な意見があると思います。別居中の不倫・不貞行為が慰謝料請求の対象となるのはどんな時か調べてみました。

別居中の恋愛は許されるか

夫婦関係が冷めた結果の別居ですが、別居中の恋愛は自由か、疑問に思われる方もいらっしゃると思います。実は、いくら別居中であっても、好き勝手に恋愛ができるわけではありません。 

今回は、別居中の恋愛は不倫になるのか、という点を中心に解説していきます。現在別居中の方はぜひご確認ください。

 

別居中、相手の恋人に慰謝料を請求できるか

別居中に恋愛をされた場合、慰謝料を請求することが可能な場合があります。ただし、それには条件があります。

別居中に相手が別の異性と恋愛関係を持ち、それに対して慰謝料請求を検討している方はチェックしてください。

 

別居中の恋人に慰謝料請求できるか(1) 夫婦関係の破綻

離婚に向けた別居中で、夫婦関係が破綻していると判断された場合は、不倫・不貞行為をされても慰謝料の請求ができません。夫婦関係の破綻とは簡単に言えば「もうやり直すことができないと客観的に判断される状態」です。

しかし、別居にも様々な形があります。夫婦関係の再構築を希望し、一度距離を置く目的など、前向きな理由での別居中の不倫・不貞行為であれば慰謝料が請求できる場合に当てはまります。それでも不倫相手には請求できない場合がありますので、次の項を参考にしてください。

 

夫婦関係の破綻に関しては、のちほど詳しく解説していますので、そちらもご参照ください。

 

別居中の恋人に慰謝料請求できるか(2) 故意か過失か

慰謝料請求が可能になるのは、不倫相手が「配偶者のことを既婚者だと知りながら」不貞行為に及んだときです。ただし、前提として前述の「夫婦関係の破綻」がある場合はそもそも請求ができないので、注意してください。

もし、夫婦関係が破綻していなくても、配偶者が既婚者であることを隠して関係を持った場合には不倫相手に慰謝料請求ができません。 ただし、不倫相手が注意すれば既婚者だと知り得た場合、注意を怠った過失責任があるとして請求が可能な場合もあります。例えば自身の配偶者が既婚者だということが周知の事実だったり、婚約指輪をつけていた、家に家族写真が立ててある、といった場合です。

この部分の詳細がお知りになりたい方は下記の記事もご参照ください。

 
 

 別居中の不倫は、夫婦関係が破綻しているか

不倫相手へ慰謝料請求ができるかどうかの分かれ道の1つとして、「夫婦関係の破綻」を挙げました。ではどのようにして夫婦関係が破綻しているか判断するのか、見ていきましょう。
 

夫婦関係破綻の基準(1) 離婚手続きが進んでいる

お互いに離婚の意思がある場合は夫婦関係が破綻しているとみなされます。離婚に合意しても、すぐには離婚を実行できずにひとまず別居、ということはありえますよね。たとえば離婚条件の交渉が難航することや、子供の転校手続き、仕事の確保、住む場所の未決定等がありえるでしょう。そういった場合、離婚の事実自体はなくても「やり直す意思がない」と判断され、夫婦関係の破綻が認められます。「とりあえず離婚はする」という合意ができていれば、仮に同居している場合でも夫婦関係は破綻していると見なされる可能性が高く、別居しているのであればなおさらです。

夫婦関係が破綻している、つまり実質離婚していると言えるので、別居中に相手が恋愛をしたとしても、不倫だといえる義理がなく、相手の恋人を不倫相手として慰謝料請求することは叶いません。

 

夫婦関係破綻の基準(2) 別居が長期間にわたる場合 

別居にも様々な理由と状況があり、中には修復を考えている夫婦もいるかも知れません。 しかし一般的には、長期間の別居となると夫婦関係を修復するつもりがないとみなされます。

実際、離婚にあたり別居期間の長さが判断基準になることがあります。はっきりとは言えませんが、過去の裁判例から5年程度の別居で夫婦関係が破綻しているとみなされることも少なくありません。

そういった状況の場合は、ご自身の気持ちに関係なく、夫婦関係が破綻しているとみなされ、別居中に相手が別の異性と恋愛をしているとしても慰謝料請求できない場合がありますので注意が必要です。

 

夫婦関係破綻の基準(3) 個別の事実関係

先述の「双方の離婚意思の有無 」や、「別居が長期間」という場合以外にも継続的に精神的な虐待を受けていたり、肉体的な暴力を振るわれていて、とても一緒に住める状態ではない、という場合にも認められる可能性があります。これらが夫婦関係の破綻と判断されるかは程度や頻度によって変わります。

ただし、こういった状況の場合は、不倫云々よりも、その原因について慰謝料を請求すべきかと思いますので、不倫とは別にその点についての相談を弁護士とされることをおすすめします。

これら以外にも夫婦関係が破綻していると認定される状況もありえます。もしご自身のケースについて具体的に判断をしてもらいたい場合は、弁護士に経緯を相談されると良いかと思います。弁護士は法律的知識の他に、様々なケースに対応してきた経験もあり、そういった情報を組み合わせて総合的なアドバイスをもらえますので、不安な方は一度ご相談されることをおすすめします。

 

別居中の不倫や不貞行為に慰謝料を請求したいのなら

これまでお話した条件を満たして「不倫された」場合、そしてそれに対して慰謝料を請求したいのなら下記を参考にしてください。

別居中の不貞行為へ慰謝料請求(1) 証拠を確保

まずは証拠集めです。 

不貞行為、すなわち性交渉があったことを証明する証拠が必要となります。しかし、別居しているのですから、そう上手くは証拠集めができないと思います。 

不倫の調査は専門的な技術が必要で、自力での不倫調査は最悪の場合相手にバレてしまいます。さらに何が不倫の証拠足り得るかは素人には判断が難しい点もあります。

したがって、もし別居期間中に不倫を疑ったら探偵事務所に調査を依頼することをオススメします。探偵事務所に依頼することではっきりした答えが得られるでしょう。

無料で「タントくん」に自分に合った探偵を見つけてもらう

 

別居中の不貞行為へ慰謝料請求(2) 夫婦関係が破綻していない証拠

次に大事になるのが夫婦関係が破綻していないことの証拠です。

なぜなら夫婦関係が破綻しているとみなされる場合は、不倫・不貞行為をされても慰謝料の請求ができないからです。どういうつもりで行った別居なのかもう一度整理し、できれば事情を知る両親などを味方につけると良いでしょう。

一番ベストなのは別居に入る前に一筆書いておくことです。たとえば「何年か経ったあと、やり直せないか再度協議をする」といった内容の書面を、互いのサインと押印を入れて作成しておくと良いでしょう。
 

別居中の不貞行為へ慰謝料請求(3) 専門家に相談

証拠が集まった場合、または証拠集めが厳しい場合も、専門家である弁護士の意見を聞いてみましょう。

証拠がきちんと集まっている場合、どのくらい請求できるのか、そのための有効な手順などをともに考えてもらえます。また、もし証拠が不足している場合でも、何が不足しているのか、その場合はどうすべきか、というアドバイスを得ることも可能です。

また、大前提として、夫婦関係が破綻しているかどうか、相手のしたことは不倫と言えるのか、といった部分も判断してもらえます。

ひとりで悩むよりも、まずは離婚問題に強い弁護士に相談することで自分の状況を確認し、解決の糸口をつかみましょう。
 

別居中の不倫について知りたい人はこちらも読んでみてください

別居中の恋愛、不倫として慰謝料請求は可能か?のまとめ

 

いかがでしたでしょうか。いくら別居中でも勝手に交際をしていいわけではありませんが、必ず不貞行為が成立するというものでもない、ということはご理解いただけたかと思います。

不貞行為にあたるかどうか、まずは「夫婦関係が破綻しているかどうか」という、法律的な判断が必要ですので、ご自身の状況で迷われている方は、まずは弁護士にご相談してみると良いでしょう。

その結果、不貞行為といえる可能性が高いが、証拠に自信が無いということであれば、探偵に調査を依頼して、確実に慰謝料を請求できる準備を進めましょう。

無料で「タントくん」に自分に合った探偵を見つけてもらう

よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ その他 トラブル プロフィール モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 近隣トラブル 過払い金 離婚