浮気 男女問題

浮気対策のためにできること10選!大切な人に浮気させないためには

浮気の対策をご紹介します。どんな人でも絶対に浮気をしないと言い切れる人は、残念ながらいません。いくら一途な人でもつい気の迷いで…ということもあるのです。配偶者に浮気をさせないための10の予防策を一挙公開します!

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

浮気対策、考えていますか?

配偶者の浮気が心配ですか?

普段はどんなに真面目な人でも、いつどのような誘惑が待ち受けていて、つい出来心を起こしてしまうかわかりません。

夫婦は信頼が大事と言いますが、信頼しているという気持ちだけで、配偶者の浮気を予防することはできないのです。

たとえ信頼できる配偶者であっても、普段から浮気をされないように対策しておくことが大切です。

浮気対策のために知っておきたい!浮気してしまう理由とは?

配偶者の浮気が心配ならば、どのような理由で浮気をする人が多いのが知っておくと良いでしょう。

浮気対策のために知っておきたい、浮気をしてしまう3つの理由をご紹介します。

浮気してしまう理由(1) 今の関係に飽きたから

どれほど居心地のよい関係でも、慣れすぎると当たり前になってきてしまいます。よく失った後にどれだけ幸せだったか気付くと言いますね。

穏やかすぎる関係であればあるほど、それがつまらなく感じて飽きてきてしまう人が多いのです。平凡な幸せに気づかず、刺激を求めて配偶者以外の異性に目が行ってしまうことは少なくありません。

浮気してしまう理由(2) セックスレスだから

夫婦生活が長く続いてくると、だんだんとセックスレスになる夫婦も少なくありません。

そんな時に、目の前に自分好みの異性が現れたら、ついふらふらと浮気したくなってしまうでしょう。

特に男性にとってセックスレスは辛いものと言いますね。

子供の世話や家事に忙しくてセックスをしたくないという気持ちもあるかもしれませんが、男性はセックスを拒まれるとだんだん気持ちが冷めてくるのです。

浮気してしまう理由(3) 非日常のスリルを味わいたいから

平凡でおだやかな夫婦の生活。心配ごとが少なく、生活が満たされていればいるほど、余計なことに興味がいってしまいます。

ちょっと刺激的な非日常を味わってみたい・・・などと考えてしまいがちです。

ネットで他の人の浮気事情など読んでドキドキしているだけならいいですが、そんなものを目にしていくうちに自分もやってみたくなってしまうのです。

浮気対策のためにできること|浮気防止策

浮気を心配しているだけでは、防ぐことは出来ません。

浮気を対策するために有効な、10個の方法をご紹介します。配偶者の浮気が心配なら、日頃から気をつけたいことばかりです。

浮気の対策(1) 浮気を疑いすぎない

配偶者の浮気を心配する気持ちは、相手が好きだからに違いありません。

嫉妬心は好きという気持ちから抱く感情ではありますが、嫉妬しすぎると相手は信用されていないと感じ、がっかりしてしまうことにもなります。

浮気対策にはあまり相手の浮気を心配しすぎず、信用してあげることも大切です。

心配しても、相手に気づかれないよう気をつけましょう。

浮気の対策(2) 束縛しすぎない

相手を束縛するなど、あなたの気持ちばかりを押し付けたら、相手は窮屈になってしまいますね。

毎日の生活が窮屈だと、外に安らぎを求めてしまいます。

浮気の対策には配偶者の気持ちが外へ向かないようにするのが大切です。相手を束縛しすぎないようにしましょう。

浮気の対策(3) 体の関係も大切に

セックスレスが浮気の理由になるというお話をしましたね。夫婦間の体の関係も浮気対策のひとつです。

そして、時にはお互いにドキドキするような、刺激的な変化があると更に良いでしょう。

セックスもマンネリにならないよう、時には恋人だった頃のように、優しくしたり甘えたりという工夫をしてみてはいかがでしょうか。

浮気の対策(4) なんでもいうことを聞かない

浮気対策というと、相手の顔色を伺うように何でも相手のためにとわがままをさせてしまう人もいます。

でも、それは浮気対策には逆効果なこともあるのです。あまりにも相手が調子に乗ってきたなと感じたら、時には厳しく対応することも大切です。

浮気の対策(5) 喧嘩をするときはする

雨降って地固まるという言葉があります。

浮気対策には、お互いに自分の思っていることを伝え、時には喧嘩をすることも有効です。

でも、喧嘩をした後にわだかまりが残らないよう、しっかりと自分の意見を言って相手の意見も聞いてから仲直りをしましょう

浮気の対策(6) お金の管理をきちんとする|透明化を行う

配偶者が浮気をしているのか見破る方法に、お金の管理をするという方法があります。

特に気をつけたいのはカードの請求です。

お小遣いが足りなくなりカードを使ったということは、外でお金を使う機会が増えたということ。

つまり、浮気している可能性があります。

浮気対策には、相手の金遣いに注意しておきましょう。

浮気の対策(7) なんでも言い合える環境を作る

浮気対策には、夫婦間の距離が大切です。

夫婦間が冷えてきて、距離が広がるとだんだんと会話が減ってきますので、まだ配偶者が文句を言ってくるうちは夫婦仲が良いとも言えますね。

次第に何も言わなくなって、お互いに好き勝手なことをはじめたら、相手も浮気し放題という状況になってしまいます。

浮気の対策(8) 浮気のペナルティを決める

相手が一度でも浮気をしたことがあるなら、繰り返させないためにペナルティを決めておきましょう。

浮気の再発対策には相手に「浮気をしても許してもらえる」と思わせないことです。

次浮気をしたらもう後がない、と思わせておくのが良いでしょう。

浮気の対策(9) こまめに”適度な”連絡を取る

浮気対策には、相手とのコミュニケーションが大切です。その方法としてメールやLINEなどの連絡が浮気対策に有効です。

離れていてもこまめに適度に配偶者と連絡をとることで、浮気をしようとしても「連絡があるからやめておこうか」と考えるようになります。

浮気の対策(10) 自分磨きをする

相手の浮気を心配する前に、あなた自身が自分を磨くことを怠っていませんか?

そもそもあなたが相手にとって魅力的であれば、相手は浮気など考えずに家であなたと過ごしたいと思うでしょう。

浮気対策には、配偶者の一番であり続けることが何よりも効果的です。

浮気対策も虚しく・・浮気されてしまったら考えること

浮気対策をしていても、浮気されてしまった。

浮気対策をする前にすでに浮気をしていた、そんな時はどうしたら良いのでしょうか。

まずは白黒はっきりさせること

まずは、確かめたいのが

  • その浮気は現在も続いているのか
  • どの程度のお付き合いなのか

ということです。

たった一度の関係である場合や、ちょっと一緒に飲みに行った程度で騒いでも、いたずらに夫婦関係を悪くするだけです。

配偶者がどのような浮気をしているのか、そして今も浮気をしているのかをしっかりと確認しましょう。

探偵事務所に調査を依頼

相手に浮気の疑いがあった場合、本人に聞いても真実を話すことは滅多にありません

よほど逃げられないような証拠がある場合を除いて、白を切ることが考えられます。

浮気の程度を確認するなら探偵に相談しましょう

浮気調査のプロである探偵であれば、誰が見ても確実に浮気であるという証拠を集めて来てくれるでしょう。

証拠があれば慰謝料請求や離婚もスムーズに

探偵に集めてもらった証拠は、離婚や慰謝料請求をする場合に使えます。

浮気の証拠を相手に突きつけて言い逃れをできなくすることで、浮気をやめさせるのにも使えます。

一方で、素人が集めた証拠では、離婚訴訟や慰謝料請求の際に使えないことも多々あります。

誰が見てもこれは浮気だとわかるような証拠は第三者でありプロである探偵に集めてもらうのが一番です。

離婚しない場合は誓約書を書かせ浮気の再発対策を

配偶者が浮気をしているとわかっても、離婚せずにもう一度やり直そうとする場合もあります。

もう一度やり直すときは配偶者と浮気相手双方に誓約書を書かせましょう。

二度と関係を持たないこと、もし再び浮気をした場合には慰謝料をもらうということ。これは金額まで決めておくと再発防止の効果が高くなるようです。

浮気対策についてもっと知りたい人にはこちらの記事もおすすめ

浮気対策のためにできること10選!大切な人に浮気させないためにはのまとめ

配偶者の浮気対策のためにできる10のことをご紹介してきました。

配偶者と良い夫婦関係を築くことが、浮気の対策になります。

それでも浮気をしてしまう人には、しっかりと探偵を雇って証拠を集めましょう。

浮気の証拠がどれだけ信憑性があるかによって、相手に浮気をやめさせることも出来ます。

また、しっかりとした証拠があれば、離婚や慰謝料請求をスムーズに進めることにもにもつながります。

タントくんに相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 近隣トラブル 過払い金 離婚