不倫 男女問題

不倫相手が子を妊娠したらどうする?するべきことと、妊娠後の選択肢

不倫をしている男性の方。不倫相手に子供が出来たらと考えたことはあるでしょうか。子供ができた後、自分はどうしたらいいんだろう。もし、結婚しないで産んだらその子供はどうなるの?不倫で子供が出来てしまったときに考えたいことをまとめてみました。

不倫相手が子供を妊娠したら・・・落ち着いてなんて無理な話?

 

不倫というのはほとんどのケースが肉体関係があるでしょう。

避妊には気をつけていても、100%の避妊というのは手術をしていない限り難しいことです。

もし、気をつけていても不倫相手に子供ができてしまった・・・。

そんな時あなたはどうするか考えていますか?

時々、なんとなく考えたりするけれど、しっかり考えてから不倫しているという人は少ないものです。

不倫で子供ができてしまった場合、男性はどうしたらいいのか。

どんな選択肢があるのでしょうか?

不倫相手が子を妊娠したら・・・まずすることとは

 

不倫相手から子供ができたと言われたら、まず何をするべきか。

そこからお話していきましょう。

不倫相手が子を妊娠したら(1) まずは事実確認

不倫をして子供ができたかもと思ったとき、その不倫相手はどのように妊娠の確認をしたのでしょうか。

最近では、家庭でできる妊娠検査薬も売られています。

ただ生理が止まっただけでそう言う女性もいるでしょう。

極稀なケースですが想像妊娠ということも考えられます。

不倫して子供が出来た可能性があるなら、まずは産婦人科を受診させ事実をはっきりさせましょう。

不倫相手が子を妊娠したら(2) きちんと説明をすること|隠しても絶対バレます 

不倫して子供ができたのがハッキリとわかったとき。

不倫相手である男性に隠して、こっそりと産もうなどと思う人もいるでしょう。

子供を堕ろせと言われると思って妊娠したことを隠そうとする人もいるでしょう。

しかし、いつかはバレてしまうことなので、怖がらずにきちんと説明して、それから色々と考えていきましょう。

不倫相手が子を妊娠したら(3) その後どうするかを話し合い、決めましょう

不倫で子供ができたことをしっかり確認し、不倫相手に伝えたら、ここから男性であるあなたの出番となります。

不倫相手との間にできた子供でも、あなたの子供に違いありません。

しっかりと不倫相手と相談して、この先どうするか決めていきましょう。

あなたと不倫相手だけではなく、あなたの奥さんやお腹の中にいる子供、それぞれの事もしっかりと考えて上げてください。

不倫相手が子を妊娠した後の選択肢

 

不倫相手から子供ができたと言われたら、突然でどうしていいのか困るでしょう。

ここでは、不倫相手に子供ができた場合、どんな選択肢があるのか見ていきます。

中絶して不倫をやめる|婚姻関係を続ける

まず、一つ目の選択肢は子供ができたことで不倫はいけないことだったと目が覚める場合です。

お腹の子供と不倫相手には申し訳ないですが、幸せにしてあげることは出来ないと決断して、中絶してもらい、不倫相手とも別れて妻とも夫婦生活を大事にしていくことを選ぶ方法です。

不倫相手は可愛そうですが、多くの場合不倫も子供が出来たのも男女どちらにも責任はあります。

離婚して不倫相手と再婚する

奥さんと不倫相手、そして生まれてくる子供。

どちらを選ぶかの選択肢2つ目は、奥さんとは離婚して不倫相手と再婚、出産してもらうという方法です。

今まで夫に不倫され、最終的には子供ができたから離婚してくれなどと言われた奥さんが非常に不憫でなりませんね。

せめて慰謝料と、二人の間にも子供がいる場合、養育費もしっかりと支払いってあげてほしいものです。

中絶はせずに婚姻関係を続ける|子供を産むけど離婚はしないパターン

不倫相手の女性がどうしても子供を産みたい。

結婚してくれなくてもいいから子供だけでもと強く願う人もいます。

この場合最後の選択肢として、あなたは婚姻生活は続け、不倫相手は子供と二人の家庭を作っていくことになります。

この選択肢の場合は、実はもう一つ分岐があり、子供を認知するか、認知しないかということにもなります。

不倫相手が子を妊娠したら、父親はどうなるの?

 

子供の認知というお話が出ましたが、ここで不倫によって生まれてきた子供の父親はどうなるのかということについて見ていきましょう。

夫婦ではない男女に生まれた子供は”非嫡出子”

不倫行為によって生まれてきた子供は、正しい夫婦間の子供ではないことから、法律上では非嫡出子(ひちゃくしゅつし)と呼ばれることになります。

なぜ、このように子供の呼び名まで決めて分ける必要があるのかと言うと、その後親権や遺産問題で法律的な問題が起こることがあるからです。

父親の認知によって法律上の親子関係が発生

不倫相手が出産した子供は、あなたの子供である可能性が非常に高いとされても、戸籍上はあなたとは何の関係もありません。

あなたが子供の福祉について何か指示する権利もありませんし、あなたの遺産が不倫相手の子供に渡ることもありません。

しかし、認知することで子供の戸籍上にあなたの名前が父親として記入され、あなたとの親子関係がハッキリします。

不倫相手からも正式に認知請求が可能

子供のために、不倫相手の男性に子供の親として認知をしてほしい。

そう訴える不倫によって子供を持った女性は多いです。

不倫関係でできた子供であっても、その子供の親が不倫相手であるとしっかり証明できれば、正式に認知請求を行うことが出来ます。

しかし、戸籍に父親の名前が記入されることで、後々子供が自分の父親は誰であるのか知ることにもなりますのでよく考えて行いましょう。

不倫相手が子を妊娠したら、じゃあ最終的にどうしたらいいのか!?

 

不倫相手に子供が出来て出産するにしろしないにしろ、法律的問題が起こってきます。

どちらも、最終的にあなたが決めるべき決断となってくるでしょう。

産むのだったら認知をすればその後のトラブルは軽減?

不倫相手が子供を産むとしたら、それを認知するかしないかという法律上手続きや調停などになることもあるでしょう。

その場合、心当たりはあるでしょうが、認知するならあなたの子供かどうか確認をしっかりした方が良いでしょう。

子供を認知するということは、その子供に対して養育費を支払う義務が生まれてくるからです。

また、認知したことにより、妻に不倫と子供の存在がバレてしまうというリスクもあります。

認知することで、その後のトラブルは軽減するどころか増える可能性もあるということを知りましょう。

まずは離婚問題に強い弁護士へ相談してください!

妻と離婚して不倫相手と再婚。

子供は自分の戸籍に入れたいと思うなら、離婚に取り組む必要があります。

不倫からの離婚の場合、その責任はあなたにあります。

有責者からの離婚調停や裁判というのは基本的にできないことになってるので、奥さんに打ち明け協議離婚してもらうしかありません。

簡単に離婚してもらえることは、非常に稀なケースとなるでしょう。

あなたから離婚できないこのようなケースは、男女問題に強い弁護士に相談するのが良いでしょう。

弁護士に相談する

不倫相手が子を妊娠したらどうする?するべきことと、妊娠後の選択肢のまとめ

不倫相手に子供ができたら、相手の女性との関係を見直す機会ともなるでしょう。

続けるにしても、関係を終わらせるにしても、あなたの気持ち次第です。

子供の認知や離婚問題など、法律的な問題に悩むのは明らかです。

離婚するにしても、子供の認知を迷ったときにも、法律のプロである弁護士にまず相談しましょう。

どのように対処したらよいのか、あなたのケースにあった助言がもらえます。

そして、最終的に裁判になってしまった時でも、あなたの力になってくれるでしょう。

弁護士に相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 近隣トラブル 過払い金 離婚