カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
浮気 男女問題

セックスレスで不倫されたら?セックスレスになる原因と慰謝料の請求方法を紹介

夫婦の悩みの中でセックスレスは意外に多いものです。セックスレスは近年増えていますが、それに伴いセックスレスで浮気をしてしまう人も増えています。浮気が原因のセックスレスなら、相手に慰謝料請求することはできるのでしょうか。浮気調査ってどうしたらいいの?そんな疑問に答えていきます。

セックスレスで不倫された場合の対処法

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

 

セックスレスになる原因

 

日本家族計画協会の調査によると、近年、セックスレスになっている夫婦が全体の半数近くにまで増加しています。

報告会を受けて、NHKや日本テレビの報道番組をはじめ、国内外の複数のメディアが調査結果を取り上げた。特に、「既婚者のセックスレスが44・6%に増えた」ことが大きく報じられた。

出典:日本家族計画協会 第7回 男女の生活と意識に関する調査

セックスレスになる原因にはどんなものがあるのでしょうか。

セックスレスの原因(1) 妻の出産

セックスレスの原因として考えられるのは、妻の出産があります。

というのも、妊娠中や産後は、体調を崩すタイミングが増えたり、昼夜問わない赤ちゃんの世話で疲労し、妻がセックスを拒否することが考えられるからです。

妻の出産で起きたセックスレス がそのまま習慣化してしまった結果、夫が他の異性と不倫する可能性も考えられます。

この場合、妻の出産でセックスをするタイミングがなくなるのは仕方のないことだと割り切り、セックスは諦め、妻の気分が向くまで気長に待ってあげましょう。

不倫が妻にバレたら離婚にも発展しかねないので、一時の感情に惑わされず、冷静に対処することが必要そうです。

セックスレスの原因(2) 生活リズムが合わない

夫婦で仲良くしたくても生活リズムが合わず、セックスレス になることも考えられます。

というのも、最近は特に共働きでフルタイムの仕事をする女性も多く、次の日の仕事に支障が出ないよう早く寝る方もおり、セックスをするタイミングがないことが考えられるからです。

この場合、「何曜日は必ず2人とも早く帰ってくる」などの約束をすることで夫婦の時間が増え、セックスレス が改善されるかもしれません。

セックスレスの原因(3) 仕事のストレスや疲れ

仕事のストレスや疲れが原因でセックスレス になることも考えられます。

というのも、仕事が忙しく、ストレスが溜まり、帰宅するとクタクタになっていることでセックスをする気力がない人もいると考えられるからです。

毎日仕事で忙しいのは仕方のないことですが、休日のうち1日は自分のための休養をとり、もう1日は妻との時間にあてるようにする、などの自分ルールを作って接すればセックスレス を解消できるかもしれません。

セックスレスの原因(4) 老化による精力の減退

老化による勢力の減退も、セックスレス の原因の一つだと思います。

というのも、歳をとれば体の機能も衰え、セックスをしたいという気持ちがなくなることも考えられるからです

この場合、セックスレス になるのは仕方ないと割り切り、夫婦の会話の時間やハグをするなどのセックス以外の接触を増やし、お互いの気持ちが充実するような行為を積極的に行なっていくと良いかもしれません。

セックスレスの原因(5) 不倫をしている

不倫をしているからセックスレス になる、ということも考えられます

というのも、不倫相手とのセックスで性欲が満たされることで、夫婦間でのセックスが必要ではなくなることが考えられるからです。

この場合、不倫された側は離婚をするという選択肢もあります。

万一離婚請求をする場合は、まず証拠を手に入れておきましょう

なぜなら、証拠があると離婚の成立がしやすいからです。

また、裁判で有効になる証拠としては、不倫相手とのツーショット写真やLINEのやりとりなどがあげられます。

セックスレスが原因で不倫された場合の慰謝料請求

 

セックスレスから不倫されたら、その相手から慰謝料請求をすることはできるのでしょうか。

誰に慰謝料請求できるのか

パートナーが不倫をした場合、基本的には、パートナーだけでなく、不倫相手にも慰謝料請求をすることが可能です。

というのも、不倫行為は共同不法行為というものにあたり、不倫した当事者2人は妻である女性の権利を侵害したと見なされるからです。

ただし、パートナーが相手に独身であると嘘をついており、不倫相手に責任がない場合や、一夜だけの関係で不倫相手を特定できない場合は、慰謝料請求をするのは難しいです。

また、不倫発覚後も婚姻関係を続ける場合は、パートナーに慰謝料を請求するメリットはありません

なぜなら、パートナーから慰謝料を支払われたとしても、家庭内でお金が動くだけだからです。

そのため、不倫発覚後に離婚する場合はパートナーと不倫相手の両方に慰謝料請求をし、婚姻関係を続ける場合は不倫相手のみに慰謝料請求をするのが良いでしょう

慰謝料請求ができるケースとできないケース 

不倫をしたからセックスレスになってしまった場合、確実に慰謝料請求ができます。

というのも、この場合、セックスレスの責任は不倫をした人にあると見なされるからです

一方で、不倫が発生する前から夫婦関係が破綻している状態であった場合は慰謝料請求ができません

なぜなら、不倫の罪は「夫婦関係を壊そうとした」というものなので、不倫をする前から夫婦関係が壊れていた場合、罪に当たらないからです

そのほかにも、自身のケースで慰謝料請求をしたい場合、慰謝料を支払ってもらえるのか、またそれはいくらくらいになるのかを知りたい方は、一度気軽に弁護士に相談してみましょう。

初回相談を無料で受け付けている弁護士もいます。

セックスレスが原因で不倫されたら真っ先にすべきこととは

 

不貞行為の証拠をしっかり確保

「不貞行為」とは、肉体関係のある浮気や不倫を指す言葉です

この不貞行為が認められた場合、裁判でも離婚や慰謝料請求が通ります

というのも、不貞行為は裁判上で認められる法定離婚事由である民法770条第一項に定められているからです。

民法770条

(1)夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる
一 配偶者に不貞な行為があったとき
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

(2)裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

そのため、不倫を法的に裁きたいのであれば、肉体関係があるという証拠をまずは集めましょう。

夫婦関係が破綻していない客観的な証拠を用意

前述したように、夫婦生活が破綻していたから不倫をしたという場合は、不倫の慰謝料を請求することは出来ません

慰謝料を請求するために、不倫をされるまで夫婦生活は破綻していなかったという証拠を用意しておきましょう。

この場合は、夫婦生活が順調であることを記した日記と、パートナーの不貞行為の証拠をセットで用意しておくと良いです。

証拠としての日記については以下の記事を参考にしてみてください。

離婚日記が裁判で役立つ?離婚で有利になる「証拠としての離婚日記」と日記以外に役立つ証拠

証拠集めは探偵事務所へ

セックスレスによる不倫の証拠がない場合は、探偵事務所に依頼をしましょう。

探偵事務所なら、有力な証拠を手に入れるサポートをしてくれます。

専門的な技術で、裁判でも有力な証拠を手に入れる

不倫によるセックスレスの慰謝料請求を依頼するなら、裁判や法的処置にも対応できるような証拠が必要となってきます。

しかし、素人が法的に有効な証拠を集めるのはなかなか難しいかもしれません。

その場合、裁判でも認められるような証拠を集めるためには、探偵に依頼すると良いでしょう。

探偵は証拠集めを専門的に行っているプロなので、役に立つ証拠をしっかり集めることができ、技術にも長けています。

探偵事務所に依頼したときの費用相場

探偵に不倫の証拠集めを依頼すると、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

事務所によって多少違いはありますが、探偵の平均的な費用は1時間あたり1万5千円~3万円としているところが多いようです。

探偵事務所を選ぶときのポイント

不倫の証拠集めるのに、どのような探偵事務所を選んだら良いのか、どこに依頼すればよいのか迷うでしょう。

価格の低いところを選ぶのも一つの手ですが、選び方のポイントとしては以下の2つが重要です。

  • 公式HPを持っていて、浮気調査を実際に多数扱っているのが確認できる。
  • 探偵業の届出をしっかりしている。

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

確実に慰謝料請求したいのなら弁護士へ

不倫によるセックスレスで慰謝料を請求したいのであれば、弁護士を雇うことも大事なポイントになります

というのも、素人だと請求すべき慰謝料の相場がわからず、損してしまう可能性も考えられますし、逆に法外な金額を請求して、請求自体が違法だと断られてしまう可能性もあるからです。

適正な慰謝料額を確実に請求したいなら、代理人として弁護士を立てて交渉するのが良いですね。

カケコムには男女問題に強い弁護士が多数在籍していますし、初回相談を無料で受け付けていたり、土日や夜間の相談を受け付けている場合もあるため、お気軽にご相談いただけます。

少しでもお悩みなら、下記ボタンからご連絡ください。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

セックスレスで不倫されたら?セックスレスになる原因と慰謝料の請求方法を紹介のまとめ

 

セックスレスによる不倫は、どんな夫婦にも訪れる可能性があります。

セックスレスの理由や、セックスレスを解消する方法などを見てきました。

場合によっては、セックスレスからの浮気相手に対して慰謝料請求も考えてみる必要もありそうですね。

セックスレスによる浮気の証拠集めは、プロである探偵に任せるのが確実です。

相手が言い逃れができないようなしっかりした証拠があると、交渉もスピーディーに進むことでしょう。

カケコムでは探偵探し相談サービス「タントくん」をご紹介しております。

自分に合った探偵や、探偵事務所の金額の比較は1人では大変な労力が必要、まして浮気されているストレスを抱えながらでは一層疲れるものです。

「いきなり探偵社に連絡をするのは気がひける…」「本名を言うのはちょっと…」という方でもご安心ください。

経験豊富な専任のスタッフが24時間365日対応で承ります。まずは相談員の方に困っていることを正直に吐き出しましょう!

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

また、証拠が集まって弁護士に相談を考えた場合は、男女問題に強いカケコム認定弁護士に相談するのがおすすめです。

弁護士に相談すれば、あなたの場合、どの程度の慰謝料が適正なのか、どのように交渉すれば相手に慰謝料の支払いを同意してもらいやすくなるのかなどをアドバイスしてくれます。

代理交渉を受け付けている弁護士もいますので、下記ボタンから一度お気軽にご連絡ください。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費