不倫相手が慰謝料を払わないときの対処法!ケース別に考える慰謝料を払ってもらうためのポイント

不倫相手が慰謝料を払わないというケースは珍しくありません。もちろん不倫をした相手が悪いのは定かなのですが、適切に対応してくれるかと言われると、そうではないことも残念ながらあります。この場合、どのように対応すれば相手が慰謝料を払ってくれるのか、対処法を詳しく解説していきます。

不倫(300)男女の事故・トラブル(1443)
目次

簡単な質問に答えれば、最適な弁護士にマッチング!

証拠探しでお困りなら探偵にご相談を!

不倫相手が慰謝料請求に応じるとは限らないから・・・ 

不倫相手が慰謝料請求に応じてくれず、払ってくれない…という悩みを持つ人は非常に多いです。不倫の慰謝料は、請求すれば応じてくれる、とは限らないのです。
 
不倫相手が慰謝料請求に応じてくれない場合、どのような対応をするべきなのか、考えてみましょう。
 
法律上発生した不倫の慰謝料は必ず払ってもらう必要があります。なぜ慰謝料を払わないのかも同時に知り、真摯に対応してもらうように対処しましょう。 

不倫相手が慰謝料を払わない時・・そもそもなぜ払わないのかを知ろう

 
そもそも、なぜ慰謝料を払わないのかを知りましょう。

不倫相手が慰謝料を払わない理由(1) 払わないじゃなくて”払えない”から

 不倫相手が慰謝料を払わない理由に、払おうという気持ちはあるものの、根本的に「払えない」ということもあるでしょう。
 
貯金がない、生活に余裕がないなどの理由で、慰謝料を払えないから対応してくれないという可能性もあります。あまりにも高額な慰謝料を請求していたり、相場よりも多めに請求していないかどうか、確認してみましょう。

不倫相手が慰謝料を払わない理由(2) 弁護士に払うなと言われているから

不倫相手が慰謝料を払わない理由に、弁護士に払うなと言われている可能性もあります。
 
すでに弁護士に相談をしていて、確認してもらったところ、「払う必要はない」と言われているのかもしれません。
 
相手の弁護士がどういう考えなのかは分かりませんが、その指示に従っていることもあるでしょう

不倫相手が慰謝料を払わない理由(3) 払うことに納得していないから

そもそも、不倫をしていたにもかかわらず、払うことに納得していないのかもしれません。
 
慰謝料を払うことに納得していなくて「なんで払わなくちゃいけないんだ」と思っていたら、慰謝料はいつまでも払われないでしょう。
 
慰謝料を支払わなければならない理由をより説得的に説明する必要があるかもしれません

不倫相手が慰謝料払わない時の対処法 〜相手が払えない時の対処法〜

 
不倫相手が慰謝料を払わない時の対処法をご紹介します。
 
相手が払えないという時には、一体どうすればいいのでしょうか。

減額して交渉してみる

不倫相手が慰謝料を支払わない場合、支払い自体が困難なのかもしれません。
 
金額が高額な場合もあるので、まずは慰謝料の金額を減額して交渉してみましょう
 
少し減額をすることで、不倫相手も慰謝料請求に応じてくれる可能性が出てきます
 
全くとれないよりマシという場合はあります。
 
本当はしたくなくても、応じてもらうために減額してみるのもひとつの手段です。

分割での支払いを提案してみる

慰謝料の金額が高額で、一括で支払えないと悩んでいる可能性もあります。
 
そのため、分割での支払いを提案してみるのも良いでしょう。
 
慰謝料は一括で払わなければいけないという威圧感がありますが、分割でもよいという提案があれば、不倫相手も応じやすくなるのではないでしょうか。

慰謝料の相場とは?

不倫の慰謝料の相場は、およそ50万円~300万円と言われています。不倫によって別居や離婚に繋がった場合は、200万円~300万円とより高額な慰謝料が相場となります。
 
反対に、別居や離婚には至らなかった場合の慰謝料は50万円~100万円が相場と言えます。
 
もちろん、場合によってはそれよりも高額なケースも多々あります。ただし、明確な基準があるわけではありません。

不倫相手が慰謝料払わない時の対処法 〜納得していない時の対処法〜

 
 
不倫相手が慰謝料を払わず、納得していない時はどのようにすれば良いのでしょうか。対処法を見てみましょう。

不倫の証拠を突きつける

不倫相手が慰謝料を払わない場合、改めて不倫の証拠を突きつけましょう
 
もうすでに証拠は提示している、という場合でも、もう一度証拠を突きつけます。
 
新たな証拠があるのならそれを示しても良いですし、より詳しく証拠を出してみるのも良いです。
 
逃げ場はないのだということを、相手に理解させることが大切です。

不倫の証拠とは|不貞行為の証拠 

不倫の証拠とは、不貞行為があったことが分かるものを言います。
 
実際に会っていただけ・電話をしていただけでは、十分な証拠とは言えません
 
例えばホテルから出てくる写真であったり、それを思わせる音声、ホテルのレシートや領収書、目撃証言などが有効と言えます。
 
不貞行為のあった日時も提示できるとより証拠として有効になります。

確実な証拠を手に入れるのであれば探偵事務所に相談

不貞行為をしていたことが分かる証拠を確実に手に入れるのであれば、探偵事務所に相談しましょう。
 
不倫の証拠は自分だけではなかなか入手しにくいのが現実です。
 
細かい調査や尾行、張り込みなどはプロである探偵に任せるのが一番
 
不倫相手に慰謝料を請求する際にも、確実な証拠があるだけで有利になれます

不倫相手が慰謝料払わない時の対処法 〜相手が弁護士をつけてきた場合〜

 
 
不倫相手が慰謝料を払わない時、相手が弁護士をつけてくる可能性もあります。そういった場合にはどう対処するのが良いのでしょうか。

恐れる必要はありません

元々は不倫をした相手が悪いのは明確です。
 
弁護士がついたというだけで恐れず、正々堂々と正当な権利を主張しましょう。

こちらも弁護士に相談を

いくらこちらが被害者だからと言って、付け焼き刀の知識では不十分です。
 
相手が弁護士をつけてくるようであれば、こちらも弁護士に相談をするのがベストでしょう。
 
根本的には不倫をした側に非があるのは明確なので、冷静に対応すれば慰謝料は支払ってもらえます
 
焦らず弁護士の指示に従い行動しましょう

不倫相手が慰謝料を払わない時の対処法! ケース別に考える慰謝料を払ってもらうためのポイントのまとめ

 
 
不倫相手が慰謝料を払わない時はついつい焦ってしまいますが、落ち着いて冷静に行動をするのが一番でしょう。
 
民法上、あなたには不倫の被害を訴える必要性があります。
 
慰謝料の金額を妥協するなどしても一向に相手が応じないようであれば、弁護士に相談することをおすすめします。
 
不倫の償いは慰謝料として、必ず支払ってもらいましょう
 
もし、証拠探しでお困りの場合は証拠探しの専門家である探偵に相談しましょう。

簡単な質問に答えれば、最適な弁護士にマッチング!

証拠探しでお困りなら探偵にご相談を!

この記事の作成者

カケコム編集部