男女問題 離婚

離婚したい夫が発するサインとは?離婚の前兆とその対処法について徹底解説

あなたは離婚したい夫のサインに気付いてますか?もしかしたらあなたの気付かないところで、夫が離婚したいと考えているのかも知れません。この記事では、離婚したい夫がよく発している9つのサインをご紹介しています。その他にも、離婚手続きについてや離婚に関する諸問題についてもご紹介していますので、離婚問題に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

夫が離婚したいと思う理由とは

よほど注意深い人でない限り、特に家事や育児で忙しい妻は、夫の離婚したいと思う理由になかなか気づいてあげられない事も多いものです。

平成29年度 婚姻関係事件数 申立ての動機別申立人別  全家庭裁判所によると、離婚理由で最も多いのは「性格の不一致」であることがわかっています。これは相手の気持ちを察してあげられない事が原因であると言えます。自分の辛い気持ちを理解してもらえないのは、寂しいことですよね。

離婚理由

実は世の男性には、離婚したいと思っているときに決まって現れる「サイン」があります。離婚したいと感じている夫のサインを知れば、離婚の確率もグンと減るのではないでしょうか。「夫とうまくいっていない」「最近夫婦間ですれ違いが多い」「離婚のリスクを減らしたい」と思っている方は是非参考にしてみてください。

 

 

離婚を考え始めたかも?そんな夫が出すサイン9選

実際に離婚したい夫は、どのようなサインを出しているのでしょうか?ここでは離婚したい夫が出す、よくあるサイン9選をご紹介していきます。

離婚を考え始める きっかけは単なる「寂しさ」などの場合も多いのですが、長い間放置してしまうとこじれてしまう事もあるのです。夫の離婚したいと思い始めた気持ちに早く気づいてあげられるよう、夫が発するサインを知りましょう。

 

家にいる時間が短くなる

人は誰でも辛いことを避けようとします。

家にいると色々と考えてしまうのか、離婚したいと考え始めると、夫は家にいることを避けようとします。付き合いと称してお酒を飲んで帰ることが多くなったり、妻が寝た頃を見計らって帰ってくるようになったら、理由はさておきかなり離婚したい気持ちが固まっていると見て間違い無いでしょう。

これは離婚したい夫によく見られる「帰宅恐怖症」と呼ばれる症状でもあるのです。普段は心優しい男性であればあるほど、このサインが出ることが多いようですよ。

帰宅恐怖症に関して詳細を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

夫の帰宅恐怖症は離婚の前兆かも?|帰宅恐怖症の夫の気持ちとは?

 

明らかに浮気をしているのに隠す努力をしない

遅く帰ってきた日のことを聞いてもごまかし、体からは女物の香水の匂い…。

このように明らかに浮気をしていることがわかるような場合は、離婚を切り出される前のサインかもしれません。

「私捨てられちゃうの?」と思った方、ご安心を。日本の法律では基本的に有責配偶者(つまり浮気をしている人)からの離婚は認められません。

詳しくは離婚事由を知ろう!民法が定める正当な離婚事由とは?をご覧ください。

 

また、浮気を頑なに隠そうとする夫でも、やはり離婚が近いサインであることに変わりはありません。「浮気してるのかな…」という妻の勘は意外と鋭いもの。しかし、そう決めつけて取り返しのつかないことになってしまっては元も子もありませんよね。

実際に浮気調査は妻一人だけで行えるものではありませんから、一度探偵事務所に相談してみることをおすすめします。

 

暴力を振るうようになる

ここまできたらあなたの方から離婚を切り出すべきかもしれません。

暴力とは殴る蹴るの肉体的暴力だけではなく、いわゆる精神的な攻撃も含まれます。誰が聞いてもひどいと思うような言葉の暴力を受けたら、夫婦でいられるはずがありません。

暴力や浮気が原因で離婚する場合は、慰謝料を請求することができます。

詳しくは旦那の不貞で離婚したい!〜不貞が原因で離婚する際の慰謝料の相場や証拠について〜をご覧ください。

 

離婚したい夫のサインに気づき、早め早めに対処することが今後の生活の鍵となるでしょう。

 

性交渉の頻度が減る

元々それなりの頻度で夜の営みをしていたのに、最近めっきりしなくなった…。そんなときは要注意かもしれません。

民法や裁判でもセックスは夫婦間の重要なものとしていますし、実際に夫婦が最も愛を感じることのできる部分ではないでしょうか。

その頻度が減ったとすれば、理由は何でしょうか?もしかしたら外に性欲を発散できる何かがあるのかもしれません…。

不貞行為による離婚についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

不貞行為が原因で離婚をするために必要な証拠とは?

 

食事を一緒に食べたがらない

これは「妻の作る料理が口に合わないから一緒に食べたくない」ということが問題なのではありません。

一緒に食事をするとき、基本的には向かい合って數十分から1時間程度、時間を費やしますよね。そんな食事時は、ある意味最も会話が弾む夫婦のシーンであると言っても過言ではないでしょう。

一緒に食事をとることを拒否するということは夫婦二人、もしくは子供たちと一緒に過ごす日常のたった數十分の場面すら嫌になっている可能性が高いのです。

 

妻の実家に行きたがらない

これまで、お正月やお盆などには一緒に実家に帰ることがあった夫が、妻の実家に行くことを嫌そうにしたら離婚したいサインかもしれません。妻に対する自分の態度を取り繕うのが面倒か、妻の実家にいる親族に対する嫌悪感のどちらかが考えられますね。どちらにせよ、言葉にできないまま不満をため込んでいるのは危険です。

もし夫にこのようなサインが現れたら、実家に行くのは1回くらいパスして、夫婦間で話し合う時間を設けるなど、夫婦の関係改善をしてみてはいかがでしょうか。

 

ありがとうを言わなくなる

新婚当時なら、起きた時の「おはよう」や帰った時の「ただいま」、そして感謝の言葉「ありがとう」が日々の中で飛び交っていたことでしょう。それはお互いに夫婦として感謝の気持ちを感じていたからではないでしょうか。

ある程度夫婦生活も慣れてくれば、ありがとうの一つや二つ減るものだとは思いますが、何かしてあげた時にいつも不満そうに「こんなこと当たり前だろ」という表情をしていたら、注意が必要かもしれません。

 

コミュニケーションを拒否する

女性と比較して、男性は口下手な人が多いのですが、それを加味しても極端に会話が減ったときは要注意です。夫からの離婚したいサインかもしれません。妻からの話に対して無反応、無感情、目すら合わせないようだったら、それなりに気持ちをため込んでいる可能性があります。

しかし、この段階ならまだ夫は自分の感情に気づいてもらえず悩んでいるだけの可能性が高く、また円満な夫婦に戻れることも多いそうですよ。

妻を無視する夫との離婚について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

離婚と無視の関係性〜妻を無視し続ける夫と離婚できる?〜

 

SNSを秘密にする

単純にプライベートなことを隠したいだけならなんとも言えませんが、結婚当初はオープンにしていたのにある日突然SNSに鍵をつけ始めたら注意が必要です

男性は結構注意深い生き物ですので、浮気などに限らずやましいことがあった場合SNSから妻にバレることを極端に嫌います。その懸念からかSNSをシークレットにしてしまうのでしょう。

SNSがきっかけとなる不倫について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

SNSは不倫のきっかけナンバーワン!?〜思わぬところから不倫の泥沼にはまらないようにするためには〜

Q&Aで匿名無料相談する

 

 

離婚したい夫との関係改善する方法

夫に離婚したいサインが見えたら、あなたはどうしますか?

あなたが離婚は回避したいと思っているなら、二人の関係を修復するような努力をしなければいけませんね。どのようにして離婚の危機を脱したらいいのでしょうか?

 

方法(1) 子はかすがい

子供に対する感情移入は女性の方が強いと言いますが、男性でも父性が強い人は子供と離れるのが辛いと思う人も少なくはありません。何か不満があって離婚したいと思っていても、子供と離れることになるのかと実感すると、途端に「離婚は嫌だ」と思ってくれる事があるのです。

もし、関係がこじれそうだったら無理に説き伏せようとせずに子供を連れて実家に帰ってみてはいかがでしょうか?なりたかった1人がそれほど魅力的ではなく、妻や子供がいなくなった方が寂しくて耐えられないと思う人も少なくありません。離婚したいと思っていたことすらバカバカしくなってくるので、しばらく1人を満喫してリフレッシュしたら迎えに来てくれることが多いのです。

 

方法(2) カウンセリングに行ってみる

片方だけが離婚したいと訴えているときは、2人だけで話し合いをするよりも、第三者が間に入った方が相手の気持ちが見えてくることがあります。それと共に、他人に話をすることで自分の気持ちを再認識してスッキリすることもあるようです。

話を聞いてもらうのに最適なのは、カウンセリングのプロです。聞き上手ですし、親身になって話を聞いてくれます。カウンセリングに通うなら、離婚したいと考えている夫だけではなく妻も一緒に話を聞いてもらうといいでしょう。夫にストレスが溜まっているということは、妻側もストレスを溜め込んでしまっている可能性があります。

いい機会と思って2人で一度プロに話を聞いてもらってスッキリしてみてはいかがですか。

 

方法(3) 腹を割って話してみる

カウンセリングに行くほどではないと判断するなら、その前に2人でとことん話し合ってみるのもいいかもしれません。夫の離婚したい原因がなんなのか、言ってもらわないと気づけないこともあるのではないでしょうか。

腹を割って話をすると言っても、ダメージを受けている夫のことを気遣ってあげましょう。夫を刺激しない程度に、妻側の話も聞いてもらえれば理想的ですね。

Q&Aで匿名無料相談する

 

 

それでも離婚への道へ進みそうな場合は離婚前にどのような準備をすればいいの?

離婚を切り出されそうになり、関係の改善をしたいけれども、それも見込めず離婚となる場合もあるでしょう。離婚することになった場合、離婚に向けてどのような準備をすればいいのでしょうか?

離婚をするとなると、今までの生活とはガラリと変わった生活になると思われます。そのため離婚後の生活をしっかりとしたものにするためにも、離婚前にどのような準備をするべきか知ることは大切なことです。

 

離婚前の準備(1) 経済的に自立できるか

離婚をした後、経済的にしっかりと自立できるかはとても大事なことです。

最近では共働きの夫婦も増えていますが、夫が働きに出ていて、妻は専業主婦という家庭はいまだに多いと思います。そのような場合で夫に離婚したいと言われたら、まず経済的に自立できるのかしっかり考えましょう。職場のあてがあるかや、日々の収支をしっかりと計算し、経済的に自立できるのかを踏まえた上で離婚することをおすすめします

その場の流れで離婚を決めるのではなく、しっかりと離婚後の生活を見据えた計画を立てることが重要です。

 

離婚前の準備(2) 離婚に際してもらえるお金の知識をもつ

前述で経済的に自立することの大切さについて述べましたが、とはいえ今まで専業主婦であったために、就職のあてもなく、アルバイトだけで生活するのには不安があるという方もいらっしゃると思います。その場合は、離婚に際してもらえるお金の知識をしっかりと知りましょう。本当はもらえていたはずなのに、もらっていなかったなどの場合は、その後の生活に大きく関わってきます。

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 養育費(子供がいる場合)

上記のものが一般的に離婚の際に発生するお金になります。

 

離婚前の準備(3) 離婚後の住まいは確保できているか

離婚した場合は、今までと同じように夫と暮らすわけではないため、離婚後の住まいは重要な問題になります。

もし、夫が今住んでいるところを出て行くというのでしたら大丈夫なのですが、夫は今のところに住みたい、または離婚後の資力では今のところに住み続けることができないなどの場合は、改めて住む場所を探さないといけません

Q&Aで匿名無料相談する

 

 

知っておくべき離婚の方法

離婚をしたいと思っている夫のサインをご紹介しましたが、もし本当に夫から離婚を切り出されてしまった場合は離婚をしなければいけないのでしょうか?

いざ本当に切り出されてからでは冷静に対応することができないため、夫の離婚したいというサインを感じ取ったら、離婚方法に関する知識を学んでいくことが重要になります。離婚方法について知っておくことで、夫から離婚を切り出されたとしても離婚の方法に関して全く知らない場合とは違う対応ができると思います。

 

離婚の方法(1) 協議離婚

離婚の方法としてまずは協議離婚があります。協議離婚の場合は、お互いの合意がある場合に離婚が可能です。そのため離婚する理由がどのようなものかということは問題にはなりません。

また、夫から離婚を切り出された場合、離婚が成立してしまうのではないかと心配する方がいると思いますが、夫から離婚を切り出されたとしてもあなたが合意しない限り離婚することはできないため安心してください。

しかし、協議離婚の他に、離婚に合意していなかったとしても離婚できる手続き方法もあります。合意が無くても離婚できる方法は下記にて解説します。

 

離婚の方法(2) 調停離婚・裁判離婚

離婚をする最終的な手段として、調停・裁判があります。

両者が合意に至らずに調停または裁判にて争う場合は、第三者を介して判断することとなります。法的なトラブルで争うのだから裁判と思う方も多いと思いますが、裁判の前にはまず調停を挟むことになります。日本では離婚問題などの家事事件において、訴訟の前に調停を行わなければならないという調停前置主義がとられているのです。

調停としては、調停委員という方が第三者として当事者の間に入り判断をします。その調停でも折り合いがつかない場合、裁判へと発展することとなります。

 

裁判で離婚を認めてもらうには

裁判にて離婚を認めてもらうためには、法定離婚事由が必要になります。法定離婚事由とは、民法770条1項に記載されている、裁判で離婚する際に必要とされる5つの離婚理由のことです。

民法770条1項

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。

二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。

三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。

四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。

五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

離婚理由で上記に該当するものがあった場合、両者の合意がなかったとしても夫からの離婚請求で離婚が可能になります。

不倫などもなく、家事をしないなど特別問題のない場合の多くは、「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」で争うことが多いようです。

Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

Q&Aで匿名無料相談する

 

 

離婚に関して発生する諸問題

離婚に際しては、様々な法律問題が付随して発生します。離婚したい夫から離婚を切り出されたときにどのようなことが問題となるかあらかじめ知っているか、知らないかではその後の対応や結果に大きく差が出ることになるでしょう。

この離婚に付随して起こる問題は、総じて法的な問題となっており、法律の専門家である弁護士などに依頼をして、対応することによってより自分に有利な結果へとなる可能性を挙げてくれます。

 

慰謝料について

離婚のときに一緒に発生しやすい問題として、慰謝料請求があります。

もし、夫が離婚したい理由というものが、不倫をしていて、その不倫相手と一緒になりたいからということであれば、夫に対して慰謝料請求をすることが可能です。この慰謝料請求は精神的な損害に対する損害賠償請求のため、不倫に限定されることはありませんが、離婚と絡んでの原因で多いものは不倫による慰謝料請求となっております。

この慰謝料請求は離婚をしなくても、可能であるため、関係改善を考えている方でも請求することが可能です。また、離婚を考えている方には、離婚後の生活費の足しになるため、夫が不倫をしていて離婚したい場合はしっかりと慰謝料請求を行いましょう。

 

財産分与について

財産分与は夫婦生活において、共同で築き上げた財産である共有財産に対して、その貢献度に応じて分配することをいい、これは民法768条に規定されています。

民法768条

  1. 協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。
  2. 前項の規定による財産の分与について、当事者間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、当事者は、家庭裁判所に対して協議に代わる処分を請求することができる。ただし、離婚の時から二年を経過したときは、この限りでない。

この共有財産は、名義が共同かどうかということではなく、実質的に判断されます。例えば、夫婦の共同名義で購入した不動産、夫婦生活に必要な家具などや、夫婦のどちらか一方の名義ののものであっても預金や車なども財産分与の対象となります。

また、実務的には分与財産の範囲は特段の事情がない限り2分の1とするのが、主流となっております。

 

親権について

もし子供がいた場合、離婚に際して問題となるのが親権問題です。親権とは、子を適切に養育するための親の権利かつ義務であると考えられております。

離婚の際しては、協議離婚をする場合には、父母の一方を親権者として定めなけれならないとされており、その親権者にどちらがなるのかということが往々にして問題になります。

もし協議離婚の際に、夫婦間で折り合いがつかない場合は、調停や裁判によってどちらが親権者としてふさわしいか判断することになります。その際に親権者として認められる基準は、離婚後の父母の経済状態や居住環境などの養育環境や通学場所が変化、それに伴う友人関係の変化などの子供の状態を総合的に考慮することになります。

近年では、子供にとって、離婚による変化の負担がかからないように継続的に安定した養育環境でいることが望ましいという「継続性の原則」というものが重要視されるようになっており、親権を勝ちといたい方は、離婚後の子供の養育環境が離婚前と変化が少ないということを主張することが重要です。

 

養育費について

養育費は、非監護権者が自己の子供の扶助義務に基づいて、子供の養育を行っている監護権者に対して、子供の養育にかかる費用を負担するというものです。

この養育費の金額としては特に決まっているということはなく、個別具体的に判断されます。養育費の金額については、子供の従来の生活水準の維持が重要となるため、この基準に沿って決められることとなります。

また、期間に関しては、子供の養育にかかる費用であるため原則として成人するまでとなっていますが、今のご時世大学に行くことがほとんどのため、経済的に自立する大学卒業までが多いそうです。

Q&Aで匿名無料相談する

 

 

離婚したい夫のサインについて知りたい人はあわせてこちらもご覧ください

 

 

離婚したい夫が発するサインとは?離婚の前兆とその対処法についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

離婚したいと思っている夫のサインがどのようなものか紹介していきましたが、自分の夫に離婚したいようなサインがあった場合、離婚に対する知識、離婚の方法や離婚に関する問題などの知識を有しているか、いないかではその後の対応に雲泥の差がでると思います。離婚したい夫のサインを見逃さず、早めに対策する事で深い傷になるのを防ぐこともできるでしょう。

しかし、夫にいきなり離婚を切り出されたら、精神的にショックなことには変わりないと思います。このような離婚の法的な問題は、専門家である弁護士に相談することをおすすめいたします。どのように対応するべきなのかなど豊富な知識と経験を基にあなたの心強い見方となってくれること間違いなしでしょう。

Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

 Q&Aで匿名無料相談する

 

 

(参考)

司法統計からみた離婚

https://www.mhlw.go.jp/www1/toukei/rikon_8/repo12.html

厚生労働省 平成21年度「離婚に関する統計」の概況 

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/rikon10/01.html

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/rikon10/02.html

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費