カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
遺産相続

兄弟姉妹の遺産を相続放棄したい!その方法と手続きを紹介

兄弟が亡くなった場合に、財産よりも負債が多ければ「相続放棄」を検討しましょう。相続放棄を適切に行えば負債を引き継ぐ義務を免れます。また、相続手続きの煩雑さから相続放棄を選択する場合もあるでしょう。

こちらでは、兄弟姉妹が亡くなった時の相続放棄について紹介します。自分が相続人か判断に迷うときや遺産の処理で困ったときはすぐに弁護士へご相談ください。

Point

そもそも、兄弟姉妹が相続人になるケースは少ない
負債がなくても相続放棄が有効な場合はある
相続放棄の手続きは、相続開始を知った日より3ヶ月以内に行いましょう

そもそも、兄弟が相続人になる場合は?

まずは、兄弟が相続人になる場合について見ていきましょう。兄弟が相続人になる場合は2パターンありますので、それぞれのパターン別に解説します。

配偶者と兄弟姉妹以外に相続人がいない

被相続人(亡くなった人)の遺産を相続する人を「法定相続人」と呼びますが、被相続人が亡くなり配偶者と兄弟姉妹だけがいる場合、まず配偶者は法定相続人になります。

法定相続人は次のように範囲、順位が決められています。

  • 配偶者は順位と関係なく相続人となる
  • 第1順位:子(亡くなっている場合はその直系卑属)
  • 第2順位:直系尊属(父母や祖父母)
  • 第3順位:兄弟姉妹(亡くなっている場合は甥・姪)

兄弟姉妹は第3順位である傍系血族にあたるため、直系卑属、直系尊属ともに亡くなっている場合のみ相続人となります。

自分より順位の高い推定相続人が全て相続放棄した

相続順位が高い人間がいれば、兄弟姉妹が相続人となることがないはずですが被相続人の子や親が相続放棄をした場合には、その人たちは初めから相続がなかったことになります。

このケースにおいては最後に相続放棄をした人から相続放棄についての通知を受けることになるでしょう。

兄弟姉妹からの相続を放棄した方が良いケースを紹介

兄弟姉妹の遺産相続を放棄した方が良い3つのケースを解説します。先にお伝えしますが、相続放棄すべきかどうかは遺産の状況や資産価値を把握してから決めることがすすめられます。理由は、相続放棄後に相続したいと申し出ても基本的には認められないからです。

負債の相続が見込まれる

兄弟姉妹の相続を放棄した方が良い理由としてあげられるのが、被相続人の持っていた負債の肩代わりを避けたいというものです。負債とは借金、住宅ローンなどの債務です。さらに捉え方によっては売れない土地や家屋なども「負」のものといえるでしょうか。

負債を避けるだけなら限定承認という手段もある

遺産相続のやり方には3つの種類があることに触れましたが、遺産の中でも負債だけを避けたいのであれば限定承認という手段があります。限定承認だと負債を元々自分が持っていた資産で肩代わりをする心配もいりません。

遺産を相続するメリットが少ない

兄弟姉妹の遺産を相続するメリットが少ないと感じて相続放棄を選ぶケースも珍しくありません。そもそも遺産相続の手続きは遺産の把握、法定相続人同士の話し合い、相続分の決定と労力がかかるものです。そのため、遺産の内容を知る知らないに関わらず相続放棄を選ぶ人もいます。

遺産分割協議に参加したくない

兄弟姉妹の遺産を法廷相続人同士で分けたい人の中には、遺産分割協議で起こる相続人同士の争いを避けたい人もいます。

これまでもめたことが無かった親族でも、遺産となると個々の希望を主張したり他の人の遺産内容に納得がいかないと言い出す人が出る可能性があります。このような親族間トラブルを抱えたくないために遺産放棄をする人は珍しくありません。

相続放棄の手続きはどのように行うのか?

さまざまな理由から兄弟姉妹の遺産相続を放棄したいと考える人もいるでしょう。そこで相続放棄の具体的な流れについて解説します。兄弟姉妹の遺産相続放棄を検討している人はぜひ参考にしてください。

相続放棄の申述方法

遺産の相続放棄の申述方法を前後にすべきことも含めてお伝えします。以下が一連の流れです。

  • 相続放棄をすべきか検討
  • 被相続人の「相続財産」を調査
  • 相続放棄のためのスケジュールを組む
  • 相続放棄の手続きに必要な書類(戸籍謄本など)を市区町村役場から取り寄せる
  • 「相続放棄申述書」の作成
  • 家庭裁判所へ「相続放棄申述書」を郵送または直接提出
  • 家庭裁判所から「照会書」が届くので、「回答書」に記入して返送
  • 家庭裁判所から「相続放棄申述受理通知書」が届く(相続放棄が許可された)

以上の手順を踏むことで相続放棄が完了します。初めて相続放棄をする人は、書類を準備したり家庭裁判所に出向いたりすべきことが多くて驚くかもしれません。それぞれの手順で必要な書類は異なりますので、1つ1つ確実に準備をおこなう必要があります。

相続放棄の期限は3ヶ月!

相続の放棄ができる期限は3ヵ月間と決まっています。相続人は、相続開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所へ「相続放棄申述書」を郵送するか直接提出しなければなりません。

この3ヶ月間の計算方法は、初日を算入しないことを覚えておきましょう。被相続人が亡くなったことを10月1日に知ったと仮定します。この場合、翌日の10月2日から数えて3ヶ月後の1月1日)までが相続放棄期限です。

相続放棄の期限を過ぎてしまった場合は、自動的に単純承認したとみなされてしまうので注意が必要です。ただし、故人の遺した負の資産調査などで時間を要する場合、家庭裁判所に相続放棄するかどうかの期限の延長請求ができます。相続放棄期限を過ぎてしまった人は、法律のプロである弁護士に相談する方が安心です。煩雑な手続きをミスなく任せられます。

相続放棄の申述に必要な書類と費用

相続放棄の新術に必要な書類、費用についてもお伝えします。

続いて、相続放棄に必要な費用について解説します。

自分で相続放棄する場合は以下の通りです

【手続き費用の内訳】

・相続放棄の申述書にかかる印紙代:申込み人1人につき800円

・郵便切手:約500円、被相続人の住民票除票又は戸籍附票:約300円

・被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本:約750円)

それぞれの書類は家庭裁判所や市区町村などで異なります。追加の資料が必要な場合もあるので、この点も覚えておきましょう。

弁護士に相続放棄を依頼する場合の費用の一例は、以下の通りです。

【料金の内訳】

・相談料:約0円〜1万円(相談時間60分)

・申述書作成代理費用:約5,000円〜1万円(戸籍謄本取得・実費を含む)

・代理手数料:約5万円~10万円

・成功報酬:契約による

書類作成と申請代行自体は司法書士や行政書士でも可能ですが、相続放棄の是非を相談したい、その後予想される法律問題に対処したいときは業務領域に制限のない弁護士への相談が推奨されます。

まとめて相続放棄すると料金が安くなる

全員が相続放棄の意思を固めている場合、まとめて相続放棄することが可能です。相続放棄に必要な書類は自分が相続人であることの証明に使えれば良いため、それぞれの必要書類が重複する場合は1通だけの取り寄せで認められます。

したがって相続放棄をまとめて行うと戸籍謄本の取り寄せ費用と切手代の節約が可能です。

兄弟姉妹ならではの注意点と知っておきたいポイント

最後に、兄弟姉妹の遺産相続放棄をする際の注意点、知っておきたい4つのポイントをお伝えします。知っておくと安心できますので、ぜひ知識として持っておいてください。

兄弟姉妹の子供には代襲相続しない

相続放棄があった場合は代襲相続されません。

代襲相続(だいしゅうそうぞく)とは、故人の子ども、兄弟姉妹などの法定相続人が死亡、した際に相続権が承継されることですが、相続放棄は相続がなかったことになるので代襲相続の根拠を失います。

相続財産の調査が難しい場合がある

兄弟姉妹は被相続人と生計を同一にしているケースが少ないため財産調査の難易度やコストが高くなりやすいです。

親族といっても双方がどのような財産を持っているかをすべて把握しているわけではありません。財産といってもゴルフ会員権、土地、家屋、預貯金など様々あり、どこにいくらあるかを調査するのは時間がかかります。そのため、相続人は協力して故人の財産を把握する必要があります。

相続財産の管理義務について

兄弟姉妹のすべての法定相続人が相続放棄の手続きをした場合、すぐに故人の財産管理から解放されないことも覚えておいてください。

理由は、相続放棄によって故人の相続を管理する人がいなくなってしまうと債務整理ができないなど大きな不都合があるからです。

民法では以下のように定められています。

相続を放棄した者は相続放棄により相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己財産と同一の注意をもって財産の管理を継続しなければならない。(民法第940条)

すべての法定相続人が財産放棄を望む場合は、このようなリスクがあることも知っておくと安心です。

相続放棄は一人で可能だが、限定承認は全員の合意が必要

兄弟姉妹などの相続には単純承認と限定承認がありますが、手続きをする人が異なります。

単純承認は一定期間が経過、もしくは相続財産を処分した時点で成立するものですが、相続放棄については単独での手続きが可能です。

対照的に、限定承認にはすべての相続人の同意が要ります。家庭裁判所の手続きもすべての相続人で行わなければなりません.。相続人のうち1人でも相続内容に反対していれば限定承認は不可能です。また、1人でも単純承認が認められると限定承認はできません。相続人で協議して財産を処分しないよう伝えることも必要です。

反対に3人以上の相続人がいたり相続人同士の仲が深くない場合は、すべの相続人の同意を得ることが難しいケースも考えられます。

まとめ

本記事では兄弟姉妹の遺産を放棄したい人に向けて相続放棄の方法、手続きに必要な書類、費用などをお伝えしました。相続放棄した方が良いケース、相続放棄できる期間なども含めて兄弟姉妹の相続放棄をする際にお役立てください。

兄弟姉妹の相続放棄には大変な労力や時間を要します。その点、法律のプロである弁護士に手続きを依頼すれば安心です。相続人同士のトラブルや書類ミスなども防げるので、ぜひ弁護士に相談することをおすすめします。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ セックスレス トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産 不動産・建築 交通事故 企業法務 企業法務 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費