どこからが浮気?浮気のボーダーラインとパートナーの浮気の対処法

どこからが浮気になるのか、そのボーダーラインを知りたい人は多くいるのではないでしょうか。もちろん浮気していた時点で許せるものではありませんが、ときにはボーダーラインが分からずに浮気していると勘違いしてしまうケースも多々あります。単に一緒にいただけかもしれませんし、既婚者にとっては迷惑になりかねません。

浮気(303)男女の事故・トラブル(1315)
目次

どこからが浮気になる?

浮気は到底許されるものではないとはいえ、どこからが浮気なのかボーダーラインも理解せずに何でもかんでも浮気していると疑うのはよくありません。
 
既婚者にとってもいい迷惑になりますし、そんな事実は一切ないのに浮気を疑われるのは非常に心外です。
 
下手をすれば浮気していた事実はないにもかかわらず、パートナーと別れる事態になってしまうかもしれません。

どこから浮気だとみんなは思っているの?

浮気のボーダーラインは人によって実に曖昧です。
 
一般的にはどこからが浮気だと思われているのでしょうか。

浮気のボーダーラインの例(1) 二人でご飯に行ったら浮気

二人で食事をするのは相手に気がなければできない行動だと思うのか、単なる食事をしただけでも浮気だと思うようです
 
しかし、二人で食事をしただけなら不貞行為などがあったわけではありませんし、単に付き合いの場で食事をしただけに過ぎない可能性も大いにあります。

浮気のボーダーラインの例(2) 二人で遊びに行ったら浮気

パートナーではなく別の異性と二人でどこかに遊びに行くのは、よほど相手と一緒に楽しみたい気持ちがなければできないと判断するのかもしれません。
 
ただ、パートナーも別の友達と一緒に遊びたい気持ちもあるでしょうし、誤解されたとしてもやましい気持ちがない可能性も十分考えられます。

浮気のボーダーラインの例(3) 隠したら浮気

別の誰かと何をしていたのかをパートナーに隠した時点で、浮気していることを隠しているという考えが浮かぶようです。
 
とはいえ、パートナーも全てを話さなければならない義務はありませんし、隠したことで浮気しているということにはなり得ないでしょう。

浮気のボーダーラインの例(4) パートナーより優先したら浮気

もしも自分より別の異性を優先するようなことがあれば、それは自分を蔑ろにしていることになるので浮気になるようです。
 
しかし、どんな場合でもパートナーを優先しなければならないというのは無理がありますし、別の異性を優先したところで到底浮気には繋がらないでしょう。

浮気のボーダーラインの例(5) 肉体関係を持ったら浮気

別の異性と肉体関係を持った時点でパートナーへの裏切り行為となり、確実に浮気をしたと判断するようです。
 

肉体関係を持ったという証拠が必要になりますが、関係を持ったことが発覚した時点で逃れられない証拠となるでしょう。

民法では浮気は性交渉から?

浮気をしたボーダーラインは、民法で規定されています。
 
詳細はどのようになっているのでしょうか。

民法では「不貞行為」が禁止されている

どこからが浮気なのかについては民法第770条1項1号に規定されています
 
つまり、不貞行為の事実がなければ浮気していたと認められないことになります。

【民法第770条】

  1. 夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    1. 配偶者に不貞な行為があったとき。

不貞行為=性交渉等があったかがボーダーライン

上記の民法第770条に当てはまっているかどうかが重要になるので、そのような行為があったか調べる必要性が出てきます。
 
性交渉又は性交類似行為などをしていたかがボーダーラインとなるため、それらがあったかどうかの証拠を集めることが重要です。

性交渉等があれば離婚・慰謝料請求の対象となる

もしも証拠を集める際にパートナーが別の異性との性交渉や性交類似行為があったなら離婚できる可能性が高まります。
 
それに応じて不貞行為を行ったということで慰謝料の請求を行うこともできます

もしパートナーの浮気が怪しいと思ったら…

もしもパートナーが浮気をしていると疑わしくなったら、その証拠を集める必要があります。
 
証拠を集める際には慎重になるべきでしょう。

証拠を集める

相手が認めない限り、パートナーが浮気していたという事実は証拠がなければ証明できません。
 
民法上のボーダーラインを超えないレベルの行動の証拠は不貞行為の証拠にはなり得ません。
 
離婚が認められるようになるには、性交渉等を証明する証拠である必要があるので確実な証拠を集めましょう。

素人の証拠収集は危険

浮気を決定づけるためには確たる証拠が必要になるとはいえ、素人が独断で証拠を集めようとすると犯罪行為になる危険性があります
 
また、せっかく収集した証拠が証拠として使えない場合があるのでむやみな行動は避けるべきでしょう。

浮気や不倫に強い探偵に相談してみよう!

素人が独断で証拠を集めると犯罪行為にあたる可能性があるので、証拠を集める際には探偵に依頼するのがおすすめです。
 
探偵なら独自の方法で安全かつ確実に証拠を集めてくれるので、自分では集められないような決定的な証拠を集めることも可能です。 

浮気についてさらに詳しく知りたい人はこちらも合わせてご覧ください!

どこからが浮気?浮気のボーダーラインとパートナーの浮気の対処法のまとめ

どこからが浮気に相当するのか民法上のボーダーラインがあります。
 
つまり、別の異性と性交渉等を行った時点で浮気になるのです。
 
性交渉等を疑ったら探偵に依頼して浮気の証拠を集めるのが得策です。

探偵に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部