カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
遺産相続

寡婦年金について解説。誰が資格者なのか?遺族年金ももらえるのか?

寡婦年金とは?

寡婦年金とは、夫が年金を支給される前に死亡した場合、それまでに支払った保険料が掛け捨てにならないように妻に対して支給される年金のことをいいます。寡婦年金を受給できるのは妻だけであり、妻が先に死亡しても夫は寡婦年金を受給できないのでご注意ください。

例えばサラリーマンの夫が亡くなった場合、残された妻には遺族年金が支給されますが、自営業の場合は18歳未満の子又は20歳未満で障害等級1級または2級の障がいの状態にある未婚の子がいなければ、妻に遺族年金は支給されません。このように子の年齢により年金を受け取れない妻を救済するために寡婦年金の制度が設けられました。

寡婦年金を受け取るためには、死亡した夫と残された妻の双方が要件を満たすことが必要になります。以下、それぞれについて見て行きましょう。

支給要件

1)死亡した夫側の要件

  • 国民年金の第1号被保険者で保険料の納付期間が10年以上である
  • 老齢基礎年金もしくは障害年金を受け取ったことがない

上記2つの要件を満たすことが必要です。
この保険料の納付期間には免除期間も含まれます。

2)残された妻の要件

  • 年齢が60歳以上である
  • 夫の収入で生活していた
  • 婚姻期間が10年以上ある
  • 老齢基礎年金を繰り上げ支給していない

上記4つの要件を満たさなければなりません。

なお、寡婦年金は妻が60歳から65歳までの期間に支給されます。妻が60歳になる前に夫が亡くなった場合は、60歳になるまでは寡婦年金は支給されません。

また、60歳を過ぎてから夫が亡くなった場合は、そこから65歳になるまで寡婦年金が支給されます。夫が亡くなってからいつでも寡婦年金が支給されるわけではないので注意が必要です。

支給額

寡婦年金の支給額は、夫の第1号被保険者期間だけで計算した老齢基礎年金の4分の3(75%)です。すなわち、夫が本来もらうはずだった老齢基礎年金の4分の3が寡婦年金として支給されます。

しかし、他の年金の要件を満たしているような場合はどうなるのでしょうか?例えば、遺族基礎年金、死亡一時金などの受給要件を満たしているときに寡婦年金も同時に受給できるのでしょうか?

まず、遺族基礎年金は、寡婦年金と同時に受給することはできません。基本的には、遺族年金と寡婦年金の同時受給はできないのですが、受給のタイミングが重ならなければ遺族年金を受給した後に寡婦年金を受給することは可能です。

例えば、夫が亡くなり遺族年金を受給していた妻が59歳のときに子が18歳になり遺族基礎年金の受給資格がなくなったような場合、寡婦年金の要件を満たしていれば60歳から受給が可能です。

次に、死亡一時金については寡婦年金かどちらか片方しか受け取ることができません。
そのため、金額の多いほうを選択して受給するケースが多く見られます。死亡一時金は最大で32万円であるため、通常は寡婦年金の支給額のほうが多くなるケースがほとんどです。

寡婦年金を受給するための手続き

寡婦年金を受給するためには、必要書類を準備して請求者本人が住所地の市町村役場、年金事務所、街角の年金相談センターにこれらの書類を提出することが必要です。

年金事務所や街角の年金相談センターは、日本年金機構のウェブサイトに掲載されている「全国の相談・手続き窓口」から検索できます。

受給までの流れ

すべての年金は、受給の権利がそれぞれに異なるため、受給できる権利があっても本人からの請求がないと支給されません。

必要書類

寡婦年金を受給するために必要な書類は、以下のとおりです。

必要書類

 

年金請求書

・住所地の市町村役場もしくは年金事務所・年金相談センター、日本年金機構公式サイトからダウンロード可能

年金手帳

・基礎年金番号を明らかにすることができる書類
・提出できない時は、その理由書も必要

戸籍謄本

・死亡者との続柄、請求者の氏名、生年月日の確認
・受給権発生日以降で提出日から6ヶ月以内に発行されたもの

世帯全員の住民票の写し

・死亡者との生計維持関係確認のため
・受給権発生日以降で提出日から6ヶ月以内に発行されたもの

死亡者の住民票の排票

・世帯全員の住民票の写しに含まれている場合は不要

請求者の収入が確認できる書類

・生計維持確認のため
・所得証明書、課税証明書、源泉徴収票、など

受取先金融機関の通帳等

・カナ氏名、金融機関名、支店番号、口座番号が記載された部分を含む預金通帳やキャッシュカード
・請求書に金融機関の証明を受けた場合は添付不要

年金証書

・公的年金から年金を受給しているときのもの

死亡の原因が第三者行為の場合に必要となる書類

・第三者行為事故状況届
・交通事故証明または事故が確認できる書類
・確認書
・扶養していたことがわかる書類
・損害賠償金の算定書
・損害保険会社等への照会にかかる同意書

寡婦年金を請求する上での注意点

寡婦年金の請求は、上述のように様々な制限があります。

以下に注意点をまとめましたので、寡婦年金を請求する際に参考にしてください。

  • 寡婦年金を受け取る場合は、遺族年金と死亡一時金は受け取れない
  • 老齢基礎年金を繰り上げ支給していると、寡婦年金は受け取れない
  • 夫の死亡から5年以内に請求しないと寡婦年金は受け取れない
  • 妻が60歳以上でないと受け取れない
  • 妻が再婚、養子になった場合は寡婦年金は受け取れない

まとめ

寡婦年金は、夫が死亡した場合に妻に対して60歳から65歳の間に支給される年金ですが、上述してきたようにその受給するには、様々な要件を満たすことが必要になります。

年金は、その他の給付金や金額の計算が非常に複雑です。少しでも不安に思う場合は、相続を専門とする弁護士に相談することをおすすめします。

 

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ セックスレス トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産 不動産・建築 交通事故 企業法務 企業法務 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費