カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 男女問題

不倫と浮気の違いって何?どう違うの?

不倫と浮気の意味には、どのような違いがあるのでしょうか?不倫と浮気、どちらも定まった相手がいるにも関わらず、他の異性に性的興味の対象が移ってしまうことをいいます。しかし、不倫と浮気には微妙に違いがあるようです。

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

不倫と浮気の違いとは?本気かそうじゃないかって関係あるの?

不倫と浮気の違いというと、不倫は泥沼化することがありますが、浮気の場合は未練なくあっさり別れられる場合が多い、なんてイメージをお持ちではないですか?
 
また、「浮気は本気じゃない」「不倫は本気だ」なんてことも言われたりします。 
 

でも意外と浮気と不倫の違いって考えたことないですよね。一般的に用いられる不倫と浮気の意味には、どのような違いがあるのでしょうか。見ていきましょう。

不倫と浮気の違い(1) 一般的に用いられているな不倫の意味

不倫というと、泥沼化しやすい背徳的な行為という重いイメージがあります。
 
一般的に、不倫とはどのような異性関係を指すのでしょうか?

一方もしくは両者が既婚者であること

不倫と浮気の決定的な違いは、結婚しているかどうかの違いです。

不倫は、一方もしくは両者が既婚者であることが条件になります。

結婚という法律で決められた相手がいながら、他の異性に性的興味が移る行為は、浮気と比べて背負うリスクが重いです。

不倫が発覚してしまうと、既婚者の場合、会社の減給や免職などの社会的立場の喪失、妻からの慰謝料請求といった経済的制裁などのリスクが伴います。

不倫の場合、結婚という法的立場に守られた配偶者がいるので、その配偶者を裏切って他の異性に走る行為は、法律により厳しく追及されます。

不倫は、発覚後に問われる責任の重さが浮気とは違うのです。 

不貞行為があること

不貞行為とは、配偶者以外の異性との肉体関係があることを言います。

キスをする、手をつなぐ、抱きしめ合う、SNSで頻繁に連絡を取り合うなどの行為は、法律上、不貞行為にはあたりません。

浮気についても同様に不貞行為がある場合がありますが、不貞行為がない場合もあります。

それに比べ、不倫の場合は不貞行為という一線を超えないと不倫とは呼ばない傾向にあります。

浮気と比べて、不倫は相手に性的交渉を求める、大人の関係だと言えます。

本人または相手が本気になる可能性が高い

不倫とは、一般的に恋愛感情が伴う不貞行為のため、人間的な結びつきが深くなりがちです。

不倫は、不貞行為がきっかけで、異性なら誰でも良いという遊びではなく、「この人しかいない」という相手に替えがきかない本気の恋愛に発展する場合があります。

不倫の場合、相手もしくは本人が本気になりやすい分、不倫を清算する際は泥沼になりやすい傾向があります。 

不倫と浮気の違い(2) 一般的に用いられている浮気の意味

infidelity-379565_640

浮気は比較的、異性への軽いアプローチも含まれます。

また、不倫と違い、軽い関係なので、浮気の方が気軽に入り込めるという傾向があります。

不貞行為がなくても浮気と呼べる

不貞行為がなくても、他の異性とキスをする、手をつなぐという、異性を意識させるような行動だけでなく、素敵な異性がいて、一瞬、心奪われるという気まぐれでさえも、人によっては浮気と感じる場合があります。

浮気は、不倫と違い、チラ見するなど、異性への軽い行為についても使用できます。

また、浮気の場合は、不倫と違い、一方的な片思いであっても浮気と呼ぶことがあります。

浮気は本気の恋愛というより、単に素敵な異性に一時的に魅かれている状態です。

アイドルに夢中になって疑似恋愛を楽しむ行為も、広い意味で言えば、浮気の概念に入ります。 

短い付き合い

浮気と呼ぶ場合も、不貞行為が伴う場合がありますが、多くの場合は一晩だけの体の関係で終わることがほとんどです。

不倫と違い、一晩過ごせば、あと腐れなく、何事もなかったように日常に戻ることができます。

その分、浮気相手とは、短い付き合いになりがちです。 本気になりにくいというのもあながち間違いではないかもしれませんね。

最終的には本命の彼女や配偶者の元に戻る

浮気は、不倫と違い、本気になる可能性は低いです。

浮気をしても、それは一時的に性的欲求を満たすためのものであり、最終的には配偶者や本命の彼女の元に戻ります。

とはいえ、自由な恋愛が認められている独身者の浮気と違い、既婚者の浮気はやはり責任が問われるので、人として未熟で軽率な行為と言えるでしょう。

不倫や浮気で離婚の訴訟する際に必要な証拠とは?

breakup-908714_640

配偶者の不倫や浮気が発覚し、離婚の訴訟をする場合、どのような証拠があれば離婚することができるのでしょうか。 

原則、訴訟で離婚できるのは不貞行為があるとき

原則、訴訟で離婚が認められるには、不倫相手や浮気相手と不貞行為(性交渉)があるときのみです。

訴訟においては、不倫と浮気に明確な違いはありません。

不倫の本気の恋愛であろうが、ちょっとした気まぐれによる浮気だろうが、不貞行為をしたという客観的事実があり、それによって夫婦関係が破綻していれば離婚事由になります。

そこには、本気の恋愛かどうかという心の問題は考慮されません。

一晩だけの遊びはもちろん、たとえ、金銭の絡む風俗での不貞行為であっても、相手と不貞行為をしたという客観的事実があれば離婚事由になりえます。

不倫と浮気には微妙な意味の違いがありますが、訴訟においては不倫と浮気の違いは重要ではありません。 

不倫や浮気の現場を押さえた証拠を集める

一番、訴訟で離婚が認められやすいのは、不倫や浮気している現場を押さえた証拠を集めることです。具体的に言えば、ラブホテルから二人で出てきた写真などが挙げられます。

不倫相手や浮気相手と不貞行為があったという決定的な証拠が、何よりの離婚事由となり、離婚や慰謝料請求が認められやすくなります。

訴訟を起こす前に、不倫や浮気の動かぬ証拠を集めておきましょう。 

浮気調査はプロである探偵事務所に依頼することをおすすめします。


個人的に浮気調査ができないわけではありませんが、尾行などには専門的な技術が求められますし、最悪の場合相手に調査をしていることがバレてしまう可能性もあります。

もしそうなったら関係が最悪になるだけでなく、相手に警戒されその後の調査が困難になってしまいます。

そのようなリスクを避けるためにも浮気調査を探偵に相談しましょう。

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

弁護士に相談しよう

 離婚したいと思ったら、一人で悩まずに弁護士などのプロの方に話を聞いてもらいましょう。
 
離婚の訴訟には、不貞行為という証拠が必要ですが、証拠によって、訴訟で使える証拠と使えない証拠があります。
 
また、どのようにその証拠を使ったら良いのかを始め、離婚を有利に進めるための慰謝料の増額や親権の獲得など、様々なことに力を貸してくれます。

離婚問題でお困りなら、一度ご自身の状況を男女問題に強い弁護士に相談してみてはいかがでしょうか?

不倫と浮気の違いって何?どう違うの?まとめ

 couple-168191_640
不倫と浮気の違いについて紹介してきましたが、結局のところ、他の異性に対する行為に大した違いはありません。

実際に行動に移すかどうかは別として、結婚をしても、他の異性に目移りすることもあるでしょうし、不貞行為がなくても、本気に愛しすぎるがゆえに体の関係をもたない場合もあります。

不倫や浮気の違いは、本気なのか遊びなのかという、個人の相手に対する気持ちの問題なのかもしれません。

もし相手の浮気を疑ったら探偵事務所に相談されることをおすすめします

気軽に話だけでも聞いてもらうのも良いかもしれませんね。

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費