カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
不倫 男女問題

不倫の範囲はどこからどこまで?|法律上の不倫の範囲

不倫の範囲はどこからなのでしょうか?個人の考える不倫の範囲と、法律的に認められる不倫の範囲には少し違いあるようです。場合によっては慰謝料を取れないケースもあります。こちらでは、どんな行為が法律的に不倫の範囲と認められ、慰謝料を請求することができるのかをご紹介していきます。

無料の電話相談で探偵を見つけてもらう

簡単な質問に答えて弁護士に相談する

不倫の範囲ってどこからどこまで?

そもそもあなたは、パートナーがどんな行為をしたら不倫していると考えますか?
 
不倫の範囲に対する見解は人それぞれです。
 
異性と二人きりで食事に行くことやキスをしたら不倫ととらえる人もいれば、セックスさえしなければ不倫にはならないと考える人もいます。
 
法律的には、婚姻関係にある夫婦が貞操義務を破る行為を不貞行為と呼び、その不貞行為が繰り返し行われていれば不倫していたことが証明され、慰謝料や離婚が請求できるのです。

不倫の範囲

では一般的に慰謝料請求ができる不倫の不貞行為の範囲とはどんな行為なのでしょうか。
 
裁判で不貞行為に対する慰謝料請求が認められた例を交えながら解説していきましょう。

不倫の範囲(1) 簡単に言えばセックスから

不貞行為の範囲はどこから?の第一の答えになるのが「セックス」です。
 
夫婦は婚姻関係を結んだ時点から互いに貞操義務を負っていますので、夫あるいは妻以外の異性と性交渉を行うと不貞行為として、慰謝料を請求することができます。
 
パートナー以外の異性とセックスをしていたと証明できれば、慰謝料を請求できるのです。
 
証拠の一例として、二人でラブホテルに入る瞬間の写真や、不倫を認めた音声などが有効な証拠となります。

不倫の範囲(2) それに準ずる行為も

セックスをしていなくても、それに準ずる行為をしていたのなら不貞行為にあたり、慰謝料を請求することができます。
 
裁判において不貞行為は、「男女間の性交渉とそれに類似する行為」のことをいいます。
 
類似する行為とは、体を触る、体中にキスをする、オーラルセックスなどが挙げられます。
 
キスや手をつなぐといった行為は、裁判において不貞行為に範囲と認められるケースが少ないため、不貞行為の基準としては性交渉に準ずる行為とは下半身が絡んでいるかどうかということが慰謝料請求のポイントになるようです。

不倫の範囲(3) 風俗は不貞行為に当たる?

風俗店の利用が不貞行為にあたるかどうかは、利用したサービスによると考えられます。
 
性交渉が認められている風俗や、オーラルセックスなどサービスを目的としたお店の場合は、不貞行為に当たり、慰謝料請求の対象になる場合があります。
 
風俗嬢と一般女性は違う、気持ちが入っていないから不倫にはならないと主張する方もいらっしゃるようですが、法律的には性交渉をしたかどうかが焦点になりますので、風俗は不倫の範囲ではないという言い訳は通用しないでしょう。
 
詳しくは、風俗を理由に離婚はできる?慰謝料は?を参考にしてください。

不倫の範囲(4) 一度きりの不貞行為は?

 では、一度きりの性交渉はどうでしょうか。
 
もちろん1度きりの性交渉でも不貞行為の範囲内にあたりますが、それを理由に離婚することは難しいようです。
 
なぜなら、一度きりということで証拠が少ないですし、離婚裁判における不貞行為とは、継続して不貞行為が行われたかどうかも考慮されるからです。
 
ですが、一度だけなら離婚されないというわけではありません。
 
それを理由に婚姻関係が破綻したとなれば、離婚事由になり得るでしょうし、慰謝料の発生もあり得るでしょう。
 
詳しくは、一度だけの不貞行為では離婚事由にならないの?一度だけの不貞行為で慰謝料請求できる?で解説しています。

不倫が不貞行為の範囲外でも問題となるケース

食事やキスのみといった不貞行為の範囲外でも問題となるケースもあります。

慰謝料請求が認められることがある

裁判で不倫と認められるには、不貞行為が継続して行われていることが重要になりますが、キスしかしていない場合やたった一度の性交渉でも慰謝料を請求することができることがあります。
 
食事やキスしかしていない関係でも、つまり、不貞行為の範囲外でも慰謝料が認められる場合があるのです。
 
具体的には、夫や妻がいるにもかかわらず別の異性を好きになってしまい、何度もアプローチをし続けたケースで、慰謝料請求が認められた例があります。
 

平穏な夫婦生活が害されているかがポイント

不貞行為の範囲外なのに慰謝料が請求できるポイントとしては、平穏な夫婦関係が害されたかどうかが問題になってくるようです。
 
手をつないだだけ、キスだけなら不倫にならない、と思っていても、パートナーからすれば、自分以外の異性と親密な関係にあることがわかっただけで精神的に辛いものです。
  
また、慰謝料はパートナーと不倫相手の双方に請求することができます。 
 

不倫が不貞行為の範囲内でも問題にならないケース

不倫が不貞行為の範囲内でも、問題にならないケースもあります。
 
どういう場合が慰謝料請求の対象にならないのか、いくつかご紹介していきましょう。

不貞行為前に夫婦関係が既に破綻している場合

まず、不貞行為が行われる前から夫婦関係が既に破綻している場合は慰謝料の請求は認められません。
 
長年別居の状態にあったり、セックスレスであったり、離婚はしていないがまともに会話も交わさないような状況では、不貞行為の範囲内であっても裁判では慰謝料請求が認められないケースがあります。
 
相手が不貞行為をしようがしまいが、離婚という結末にたどり着いていたであろうと認められれば、不貞行為の範囲内を理由に慰謝料を請求することは難しいかもしれません。

こちらにも責任がある場合

相手だけでなく、自分も不貞行為をしている、いわゆるW不倫という状況でも、相手の不貞行為を理由に離婚、慰謝料を請求することは難しいと考えられます。
 
仮に請求をしても、あなたも相手から慰謝料を請求されてしまうかもしれません。
  
また、自分がセックスをしたくないから外で欲求を解消してきてと頼んだ場合も、不貞行為に当たりますが、慰謝料は認められないケースが多いようです。
 

参考:不倫・浮気を公認している夫婦の実態|この場合慰謝料は取れる?

不貞行為の慰謝料請求は弁護士へ相談することをおすすめします

パートナーの不貞行為を理由に慰謝料を請求するには、確実な証拠が必要になってきます。
 
ここで言う証拠とは、裁判で有効と認められるものかどうかということです。
 
具体的に言えば、キスをしている写真や、ラブホテルに入る瞬間の写真、生々しい二人の音声などです。
 
ですが素人にはどのような証拠が裁判で有効になるのかわかりません。
 
パートナーの不倫が明確で、慰謝料を請求すると決めたなら、まずは弁護士に相談するとよいでしょう。
 
相談だけなら料金も高くありませんし、今後必要な証拠集めについてもアドバイスをくれます。

不倫の範囲はどこからどこまで?|法律上の不倫の範囲のまとめ

ここまで不倫の範囲についてご紹介してきましたが、個人の見解と法律上の不倫の範囲には少しずれがある場合があります。
個人の気持ちとしては他の異性とキスしただけでも腹立たしいものですが、法律上では不倫と認めてくれず、慰謝料の請求は難しいことが多いようです。
 
なので、まずは不倫相手との関係は不貞行為の範囲内なのか?といった事実確認と不倫を立証できる確たる証拠を集めておくことをおすすめします。
 
しかし、個人では不倫や浮気の調査はむずかしく、どんな証拠をあつめればいいか分かりにくいので浮気や不倫に詳しい探偵に相談をしてみるといいと思います。

無料の電話相談で探偵を見つけてもらう

 
 
不倫や浮気の事実が発覚して、法律的に有効な証拠を集めることができたならば、しっかりと慰謝料をもらってから離婚できるように離婚に強い弁護士に相談するようにしてください。

簡単な質問に答えて弁護士に相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費