不倫 男女問題

不倫生活から抜け出すには?|不倫を続ける人の未来は真っ暗?

人には相談できず、不倫生活から抜け出せなくなって困っている人も多いのではないでしょうか。このままズルズルと不倫生活を続けていても、最後に後悔するのは自分です。不倫の解消方法をまとめましたのでご紹介します。

簡単質問に答えて弁護士からの連絡を待つ

不倫生活…そんな関係を解消し抜け出すには

幸せな未来はないと分かっていても、簡単に解消できないのが不倫です。
 
いけないことだと分かっていても、気持ちの整理が付けられずに曖昧な関係のまま不倫生活を続けてしまいがちです。
 
そんな不倫関係を解消したいと悩むのは正しい行為です。
 
不倫で大変な思いをする前に、本気でこの不倫生活を解消する決意をすることが一番大切です。
 
不倫をすることでどんな未来が待っているのか、もう一度しっかり考えてみて下さい。

不倫が長引くとやばい?不倫生活の期間と夫婦生活の関係とは

不倫は長引けば長引くほど、どんどん泥沼にはまっていってしまいます。
 
「不倫にはいつか終わりがくる」と思っている人は多いと思いますが、不倫生活はどれくらいの期間続くものなのでしょうか。
 
不倫生活の解消方法と夫婦生活の関係をお話ししたいと思います。

もっとも多い不倫生活の期間

いくつかのアンケートサイトの結果をみるに、不倫生活で一番多い期間は半年程度といわれています。
 
不倫といえばダラダラと関係を続けていくイメージがあるかと思いますが、意外にも半年以内に関係が終わっているということになります。
 
初めはドキドキした不倫生活も、期間が長くなると罪悪感に変わります。
 
また不倫はバレたときのリスクがとても高いため、徹底的に二人の関係を隠し通さなければいけない大変さから関係を解消する人もいます。

不倫に真面目すぎると期間は短い

不倫はパートナーとセックスレスだったり、マンネリ化した日々がつまらないという些細な理由から始まります。
 
しかし、不倫期間を過ごしていくうちに、不倫のリスクに気づきます。
 
不倫に対して真面目だからこそ、「自分のせいで相手の家庭を壊すことはできない」と、修羅場になる前に不倫を解消するために期間が短くなるのです。

不倫期間が長引くのはこんなとき

不倫期間が長引くほどバレる確率は高くなります。
 
それなのに不倫期間が長期化する理由の一つはパートナーにバレていないからです。
 
もう一つは不倫相手に依存をしてしまっているからです。
 
自分の満たされない欲求を埋めてくれる相手から中々自ら解消することができなくなります。

不倫生活を解消するには

不倫は一生続くものではありません。いつか必ず終わりがきます。だからこそ短い期間で終止符を打つべきです。
 
 一度ハマると中々抜け出すことができない不倫の解消方法を3つお伝えします。

友人やカウンセラーに相談をする

不倫をしていると人の多くが、誰にも打ち明けられずに一人で悶々と悩んでしまっています。
 
そんな時はやはり信頼できる友人に相談して客観的に意見を聞くことがいいと思います。
 
もし友人に相談することで不倫相手のパートナーにバレてしまう危険性があればカウンセラーに話を聞いてもらうのも手です。
 
悩むということは不倫はいけないことだと自分でも分かっているのですから、最後は第三者に一押しされることで関係が解消できるかもしれません。

不倫相手との連絡を断つ

基本的に不倫相手との繋がりは電話やメールがほとんどなので、簡単にいえばそこを断ち切ってしまえば不倫を解消することができます。
 
連絡先が残っているとついつい連絡を取りたくなってしまい、なかなか解消することができませんよね。
 
そのため不倫を本気で終わらせたいと思うなら相手の連絡先を全て削除しましょう。
 
さらに写真なども全て削除して、不倫相手を思い出すものを手元からなくしてしまいましょう。

不倫を続けた時のリスクを考える

不倫は違法行為のためパートナーにバレるとそれなりのリスクが発生します。
 
不倫相手とは遊びのつもりだったとしても、配偶者からは離婚を切り出される可能性は十分にあります。
 
そうなると慰謝料を請求される立場になり、金銭的にも大きなダメージです。
 
不倫相手との一時的な火遊びのつもりが、今後の自分の人生を大きく変えてしまう可能性があるということを今一度思い出して下さい。

不倫生活を続けることのデメリット

してはいけない行為ほど人は魅力的に感じるものですが、不倫は違法行為です。
 
そんな不倫生活を続けるとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

離婚を言い渡される

不倫はパートナーの信頼を裏切る行為ですから、離婚を言い渡されても仕方がありません。
 
不倫(不貞行為)は法定離婚事由にも定められているため、もしパートナーが不倫の証拠を持っている場合は、いくらこちらが再構築を望んでも離婚が認められてしまう可能性は十分にあります。

慰謝料を請求される

不倫が認められた場合は離婚に至らなくても慰謝料を請求される場合があります。
 
相場は50万円~数百万円と大きく幅があり、不倫の期間や不倫前の夫婦の関係性など様々な要因を総合的にみて判断されます。
 
慰謝料が請求されれば認められる可能性はかなり高いので、期間ができるだけ短いうちに不倫を解消しておくべきです。

社会的信用を失う

不倫の事実が会社などに知れ渡ってしまうと、社会的信用を失うことになります。
 
今は不倫や離婚が直接昇進などに関わってくる時代ではありませんが、会社の社風や業務内容によっては関係してくるところもあります。
 
また社内だけではなく取引先や関係者にも広まってしまうと、信頼を失ってしまうことは明らかです。
 
たった一度の不倫が自分の仕事に大きく影響するかもしれないと考えると、不倫というのは本当に恐ろしいですね。

不倫生活から抜け出すには?|不倫を続ける人の未来は真っ暗?のまとめ

今この記事を読んでくれている方は、「不倫にハマっていたけど、なんどか解消したい」と思っている方が多いと思います。
 
それはとても正しいことで、不倫生活はダラダラと長期間続けていてもなんのメリットもありません。
 
むしろ百害あって一利なしと言ってもいいくらいです。
 
頭では解消したいと思っていても、なかなか行動に移すことが出来なければ、不倫のリスクをもう一度確認してみて下さいね。
 
不倫は大きなトラブルの元になりますから、万が一自分では手に負えないようなトラブルになってしまった時には弁護士に相談するのが一番でしょう。
 
具体的には慰謝料の減額や、対処法に対して全般的に協力してくれるでしょう。
 
それ以外にもどうしたらいいのかわからない人は弁護士に相談することをおすすめします。
 
弊社では簡単な質問に答えるだけで自分に合った弁護士からの連絡が届きます。またお繋ぎするサポートセンターもお客様のお悩みを全力で受け止めます
ぜひご自身の抱える悩みをお書きになってみてください。

簡単質問に答えて弁護士からの連絡を待つ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費