カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

離婚の手続きチェックリストと手続きの順番について解説

離婚をしたいと思っていても、どのような手続きをどのような順番で行っていけばいいのか分からないということも多いと思います。今回は、離婚手続きの順番や、手続きをする前に必ずやっておくべきことを詳しくご紹介します。子供がいる場合の手順も解説していますので、お子さんを連れて離婚しようと思っている方も必見です。

離婚をしたいと思っているけど、何から手をつければ良いのか分からない
できるだけ自分の希望条件を通して離婚したい

というお悩みを抱えている人は、弁護士へ相談することで下記のようなことを実現できる可能性があります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・あなたの場合、まずどんな離婚の手続きや準備を行うと良いかアドバイスしてくれる。
・あなたに代わって離婚条件の交渉を行ってくれ、できるだけあなたに有利な条件を獲得できるよう尽力してくれる。
・些細なお悩みでも丁寧にヒアリングをした上で、適切な対処法をアドバイスしてくれる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

離婚に必要な手続きの順番とは?

離婚するに当たって必要な手続きを順番にご紹介します。ひとつずつしっかりチェックしておいてください。

離婚に必要な手続き(1) 離婚届の提出 

離婚をするためには、もちろん離婚届の提出が必要ですよ。

離婚届は役所でいつでも貰うことができます。

記入ミスがあったときのために、数枚持っておくと安心です。

そのとき、提出する窓口も確認しておくのがおすすめです。

離婚届の記入ミスがあった場合は、下記の記事をお読みください。

離婚届の提出で離婚は成立します。離婚届の提出の前に特に親権・財産分与・養育費などについて入念に協議し、可能な限り公正証書を作成しましょう。

離婚に必要な手続き(2) 住民票の異動手続き

離婚をして住居が変更になった場合には、住民票の異動手続きを行わなければなりません。

同じ市区町村に引越しする場合には転居届、別の市区町村に引越しする場合には転出届と転入届がそれぞれ必要になります。

転出届は役所で前もって貰うことができるので、離婚届と同時に貰っておくと安心です。

離婚に必要な手続き(3) 印鑑登録の変更手続き

書類に捺印されている印鑑が本人のものであるかの証明になる印鑑登録も、離婚の際、変更手続きをする必要があります。

姓が変わる場合はもちろんですが、住居が変わる場合にも変更の手続きを行っておきましょう。

離婚に必要な手続き(4) 公的身分証の変更手続き

身分証明書になるマイナンバーカードやパスポートなどの書き換えもしなければいけません。

姓や名前が違うと身分証明をすることができないので、忘れずに変更を行ってください。

離婚に必要な手続き(5) 国民健康保険の加入手続き

結婚時に配偶者の扶養に入っていたのなら、離婚を機に抜けることになるため、国民健康保険に加入しなければいけません。

国民健康への加入は窓口での手続きが必要なので、こちらも必ず行っておきましょう。

離婚に必要な手続き(6) 国民年金の変更手続き

離婚の際に、夫の職場の厚生年金に扶養家族として入っていた場合には 、今後、国民年金に入る必要があります。

ただし、現在働いていて、厚生年金に入っている方は手続きは必要ありません。

将来年金をしっかりと受け取るためにも、離婚後は早めに手続きをしてください。

離婚に必要な手続き(7) 運転免許証の書き換え

運転免許証の書き換えは、最寄りの警察署か、運転免許センターで行うことができます。

新しい姓や住所が分かる書類等も必要なので、前もって問い合わせて確認しておくと安心です。

離婚に必要な手続き(8) 電気や水道等の変更手続き 

もし今住んでいる家に今後誰も住まないのであれば、電気や水道、ガス等の変更手続きを行うことも重要です。

誰の名義で契約しているのかを確認した上で、変更手続きを行いましょう。

離婚に必要な手続き(9) 年金分割制度を利用 

年金分割の手続きも行いましょう。

年金分割とは、婚姻中に収めた年金を夫婦の共有財産とし、二人で分け合うというものです。例えば専業主婦の方で夫が年金を納めていた場合でも、年金分割の手続きを行えば、婚姻期間中に夫が収めていた年金の最大2分の1を受給することができます。

年金分割についてより詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

関連記事はこちら

子供がいる場合に必要となる離婚手続きの順番は?

離婚をする際に子供がいる場合には、どのような順番で手続きをすれば良いのでしょうか。

子供がいる場合に必要となる手続きの順序(1) 旧姓を使う場合:子の氏の変更許可の申し立て

未成年の子供がいる場合、子供の姓に関する申し立てをする必要がある場合があります。

自分が旧姓に戻り、かつ親権を獲得した場合には、通常、子の氏変更可の申し立てを家庭裁判所に行います

自分の新しい戸籍謄本や収入印紙などの準備も必要です。

さらに入籍届を提出することで、子を自分の戸籍に入れることができます。

子供がいる場合に必要となる手続きの順序(2) 婚姻時の姓を使う場合:子の氏の変更許可の申立て

子供が婚姻時の姓を使う場合でも、自分が元配偶者の戸籍を抜け、かつ親権を得ている場合であれば旧姓を使う場合と同じく子の氏の変更許可の申立てが必要です

離婚しても子供は婚姻中の戸籍に残ったままなので、離婚したからといって子供の姓は変わりませんが、親権者と子供の戸籍は別々になってしまうからです。

子供がいる場合に必要となる手続きの順序(3) 児童手当の手続き

児童手当を離婚後も継続して受け取るためには、変更手続きを行わなければいけません。

住所や名前はもちろんですが、子の世帯主の口座に振り込まれるシステムなので、入金口座の変更も必要です。

子供がいる場合に必要となる手続きの順序(4) ひとり親家庭の医療費助成

離婚してひとり親になると、子供の医療費助成を受けることが可能です。

子供だけでなく、子の親も医療費の助成を受けられることもあります

ひとり親家庭の医療費助成は各市町村によって申請書類が異なるようなので、確認しておきましょう。

子供がいる場合に必要となる手続きの順序(5) 母子家庭のための住宅手当手続き

母子家庭向けの住宅手当があれば、受けることもできます。

市町村によって異なりますが、家賃補助という名目で行っていることも多いようです。

まずは役所で問い合わせてみましょう。

子供がいる場合に必要となる手続きの順序(6) 児童扶養手当の手続き

児童扶養手当は、離婚や死別などでひとり親となった養育者に支払われるものです。

離婚したら自動的に受け取れるものではなく、必ず申請が必要です。

また、受け取る額は養育者の状況によって支給額から減額されることもあります。

離婚後にもらえる可能性のある手当についてより具体的に知りたい方は、下記の記事をご一読ください。

関連記事はこちら

離婚手続きに関する不明点や代行は弁護士へ相談するのがベスト

上記に挙げたように、離婚をする際に必要となる手続きは多岐にわたります。特に親権を獲得する場合はお子さんの手続きも追加で必要となるため、手続きに慣れていない方やお時間があまり取れない方にとっては、ご自身ですべての手続を行うのは難しい場合があるでしょう。

そのような場合は、ぜひ弁護士にお頼りください。

弁護士に相談することで、あなたに代わって手続きを行ってくれたり、離婚の手続きに過不足がないか等を確認してくれます。

初回の相談を無料で受け付けている弁護士もおりますので、下記ボタンよりお気軽にご相談ください。

離婚の手続きに入る前に改めてやっておくべきこととは?

離婚をするなら、やらなければならないことがたくさんあります。順番に見ていきましょう。 

離婚の順番(1) 離婚するか否かを再度よく考える

離婚をすると決めていても、もう一度離婚するべきなのかどうか、しっかり考えてみましょう。

もし離婚しなくても良い方法があるのなら、もう少し踏みとどまるべきかもしれません。

勢いで離婚をしてしまわないためにも、再度考えることは大切です。

離婚の順番(2) 夫婦のどちらが親権を持つのか考える

未成年の子供がいる場合、離婚をするまでに必ず夫婦のどちらが親権を持つのか決めておかなければなりません。

そのため、離婚の話し合いの中でも親権の話し合いを早めに行い、決定しておきましょう。

もしお互いに親権を獲得したいと思っており、話し合いが平行線になる場合は、家庭裁判所の調停委員を交えて話し合いを行う「調停」を申し立てるか、弁護士に相談して間に入ってもらうのがおすすめです。

弁護士に間に入って話を進めてもらえば、お互いの主張を客観的な視点を交えて整理することができ、建設的な話し合いができるかもしれません。

下記ボタンからお気軽にご相談ください。

離婚の順番(3) 相手との今後の関わり方を考える

「離婚しかない」と思うのなら、離婚が成立するまでの期間、相手とどのように関わっていくのかを考えておきましょう。

離婚をするまで一緒に生活をするのか、それとも今から別居を始めるのか

また、離婚後には全く会わないのかや、子供がいるなら面会交流の頻度はどうするのかも考えておきましょう。

離婚の順番(4) 離婚後にどの程度生活費がかかりそうなのか把握しておく

離婚後の生活では、当然ですが相手の収入を頼りにするわけにはいきません。使えるお金が減るケースも多いでしょう。

そのため、離婚をする前に離婚後の生活にどの程度の生活費がかかりそうなのかを把握しておくことが重要です。

離婚後の生活費の計算方法が分からない方は、ぜひ下記の記事を参考にしてみてください。

また、弁護士に相談し、アドバイスをもらいながら一緒に生活設計を立てていくのも良いでしょう。

離婚の順番(5) 住居を確保する

離婚後の住居を確保する必要もあります。

実家に戻る場合にも、きちんと戻ることのできる場所があるのかどうか、確認しておきましょう。

離婚後の生活の拠点をどこにするのかも考えた上で、離婚を検討してください。

離婚の順番(6) 収入源を確保する

離婚後の住居を確保できたら、次は収入源を確保しなければいけません。

一人でも生活できるよう、仕事のことはきちんと決めておきましょう

安定した生活を始めるためにも重要なことです。

離婚の順番(7) 離婚後の姓を決める

離婚をするのなら、自分の姓をどうするのかも考えておきましょう。

女性の場合、離婚を機に以前の姓に戻ることもできますし、結婚時の姓を名乗り続けることも可能です。

仕事の都合なども考慮し、離婚後の姓を決めてください。

旧姓に戻すべきか悩んでいる人は、下記の記事で紹介している旧姓に戻すメリットやデメリットを一度見てみてください。

離婚の順番(8) 離婚届を書き、提出する

収入源や住居、姓なども決まれば、次は離婚届を書いて役所に提出します。

離婚届は、自分だけでなく相手にも書いてもらう必要がありますし、成人の証人も必要です。

提出までには意外と時間がかかりますので、前もって準備しておきましょう。

離婚届の提出で離婚は成立します。離婚届の提出の前に特に親権・財産分与・養育費などについて入念に協議し、可能な限り公正証書を作成しましょう。

公正証書について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

離婚の順番(9) 新しい生活の準備をする 

離婚届を書き役所に提出したなら、やっと新しい生活の準備を始めることができます。

新生活をスムーズに始めるためには、これまで述べてきた離婚の手続きを順番を正しくこなしていく必要があります

心身共に、少し落ち着けるのはこの頃かもしれません。

離婚手続きだけでなく離婚関連でうまく行かないことがあるなら…

離婚手続きだけでなく、「離婚時に慰謝料をどのくらい請求するのか?」や「養育費の相場はどのくらいになるのか?」等、離婚関連で分からないことがあれば、離婚に強い弁護士に相談することをおすすめします。

自分では分からないことや、離婚に関する疑問や不安を、スムーズに解消してくれるはずですよ。

早めに弁護士に相談しておくことで、もし「埒が明かないので弁護士に配偶者との交渉をすべてお任せしたい」と思った場合でも、大方の経緯を説明せずにスムーズに交渉してもらうことが可能になります。

なにかうまく行かないことがあれば、お気軽に弁護士にご相談ください。

離婚手続きの順番~知っておくべき離婚の順序~のまとめ

離婚の手続きには順番があり、その順番通りに進めることで、離婚後の生活をスムーズに進めることができるでしょう

また、手続きを順番通りに行うためには、弁護士に相談するのがベストです。

トラブルを避けるためにも、専門家を味方に付けましょう。

 

離婚の順番についてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください

関連記事はこちら

>>【関連記事】面倒なことは嫌だ!離婚をスムーズに進めるための手順と準備

>>【関連記事】離婚したいときの行動を教えて!あなたがまず【やるべきこと】と【やってはいけないこと】

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費