カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
男女問題 離婚

離婚後の専業主婦やシングルマザーが仕事を見つけるためには?

専業主婦の方は離婚後、仕事を見つけられるのか不安になりますよね。子供がいる場合には、できる仕事も限られてしまうこともあります。今回は、専業主婦の離婚後の仕事の探し方と探す時のポイントをご紹介します。

離婚後の女性の仕事の見つけ方とは?

離婚後、女性一人で子供を育てていくためには仕事をして生活費を稼いでいく必要があります。
 
しかし仕事を見つける際にしっかりと優先順位をつけないと、家事と育児の両立が上手くいかず、苦しい思いをすることになってしまいます。
 
シングルマザーとして働く女性に重要なことは、やりたいことよりもやらなければならないことに着目して仕事選びをすることが大切です。
 
子供と生活するのが少し難しいと思うような仕事は、最初から除外していきましょう。
 
数年後も同じ仕事を続けられるのか、先のことを考えるのも大切なことです。

離婚した専業主婦の仕事の探し方とは?

専業主婦を長年していた女性が離婚をする際に一番不安なのが離婚後の生活です。
安心して暮らすためにも、まずは安定した仕事探しから始めましょう。

仕事の探し方(1) インターネット

仕事を探すのに一番手っ取り早い方法がインターネットを活用することです。
ネットなら自宅にいながら仕事を探すことができます。
今や転職サイトには数多くの企業が掲載されており、住所や年齢など基本的な情報や希望する職種を入力するだけで、自分におすすめの企業がピックアップされます。
また応募も全てネット上で行えるため、時間のない主婦にはぴったりの方法です。

仕事の探し方(2) ハローワーク

仕事を探す人を支援する公的機関であるハローワークを活用する人も多数います。
ネットとは違って実際にスタッフの方と相談しながら仕事を探すことができることが強みです。
また最近では、子育て中の女性の就職活動を支援してくれる「マザーズハローワーク」も広く利用されています。
仕事と子育てをどう両立させていくか、母親としての目線でアドバイスをくれるのも嬉しいサービスの一つです。

仕事の探し方(3) フリーペーパー

最寄駅などにあるフリーペーパーに掲載されている求人は、自分が住んでいる地域周辺で募集していることが多いため地域密着型の媒体といえます。
またネットには掲載されていない仕事も見つかる可能性もあります。

仕事の探し方(4) 友人・知り合いの紹介

友人に仕事を紹介してもらうパターンもあります。
また、以前自分が働いていた職場に戻ることができるのであれば、それも視野に入れて考えてみましょう。
どちらの場合も今後仕事をする上で、全く新しい職場で働くよりも不安は少ないはずですが、デメリットとしては何かあっても辞めにくくなることです。

どんな仕事に就くのか|そのメリット・デメリットとは?

仕事を探す時にまず考えたいのが雇用形態をどうするかです。
それによって働く時間や収入がガラッと変わるため、それぞれのメリットとデメリットを併せて紹介します。

(1) 正社員

メリット
・バイトや派遣に比べて給与が高く、ボーナスがあることが多い
・有給や保険など福利厚生がしっかりしている
・昇給制度が整っていることが多い
デメリット
・職種によって残業や転勤があることが多い
・経験や資格がないと採用されるのが難しいことが多い
正社員として働くことができれば安定した生活を送ることができます。 
しかし時間の縛りがあるため、子供との時間を満足に作れないかもしれません。

(2) バイト・パート

メリット
・採用されやすい
・時間の融通が利きやすい
デメリット
・社会保険に加入できない場合もある
・給与が安定していない
正社員や派遣社員と比べると収入面での不安は大きくなります。
しかし大抵の仕事がシフト制で、自分の都合で出勤することが可能なため子供に合わせた生活を送ることが可能です。

(3) 派遣社員

メリット
・時給が高く、場合によっては時給アップも望める
・期間契約なので正社員より気持ち的に楽
・派遣会社が自分に合った仕事先を探してくれる
デメリット
・派遣切りをされる可能性がある
・ボーナスや退職金が出ないことが多い
・雇用が安定してないため、契約終了後の収入に不安が出る
正社員と同じ会社で働いていても責任の重さは違うためストレスは少ないかもしれません。
しかし派遣社員は契約終了後にまたすぐに新しい仕事に就いて、また一から仕事を覚えなければいけない大変さもあります。

(4) 内職・ネットビジネス 

メリット
・自宅で仕事を出来るため、子供と一緒にいられる
・男性女性関係なく募集していることが多い
・自分の都合で仕事ができる
デメリット
・給与が安定しない
・子供がいながら仕事をすると、思うようにはかどらないことが多い
・仕事のペース配分などは全て自己責任

仕事を探す際に気をつけるポイント

いざ仕事を探すことになった時に闇雲に探しては中々見つかりません。
どんなことを考えて探すべきか、ポイントをしっかり押さえておきましょう。

最低限どのくらい必要なのか計算する

子供との生活でどれくらい収入が必要なのかを事前に計算しておきましょう。
必要な金額を把握していないとどの仕事に就けば生活をしていけるのか分からなくなってしまいます。
そのため普段から家計簿をつけて、毎月の支出金額がどれくらいかを出しておくといいですね。

あまり高望みをしない

今まで専業主婦だったことと、子育て中の女性ということで、希望する職種に就くのは難しいかもしれません。
最低限譲れない条件だけ決めておいて、他の点は妥協することも重要です。
もしどうしてもやりたい仕事があるのであれば、その仕事に役立つ資格を持っていると有利になります。
もしくは別の仕事をしながら資格を取得するという手もあります。 

必ず熱意は伝えましょう

どんな企業でも明るくて素直な人を採用したいと考えているため、面接での第一印象は大切です。
また「この会社で働きたい」という熱意が伝わるよう、挨拶や話を聞く姿勢などにも気を付けましょう。
また提出する履歴書や職務経歴書には、過去の経験や取得したスキルなどを漏らさず記入して自己アピールを忘れないで下さい。

離婚後に仕事を探すのはもちろんですが…もらえるべきお金もらってる?

女性一人でこれから子供を育てていくのですから、今まで以上に大変な毎日になるかと思います。
そのため仕事を探す以外にも、もらえるべきお金はきちんともらっていますか?

母子家庭・シングルマザー向けの手当てを活用していますか?

母子家庭・シングルマザーには数々の手当が用意されています。

これらを活用しなければ、かなり損をしてしまうこともあるでしょう。

母子家庭向け手当まとめ|シングルマザー必見!を参考にしてみてください。

もらえるべき財産分与や養育費や慰謝料、きちんともらえてますか?

もし慰謝料や養育費や財産分与をもらっていないのであれば、元夫からこれらを請求できる可能性があります。
 
養育費や財産分与は離婚事由は関係なく、専業主婦だったとしても受け取ることは可能です。
 
慰謝料の相場は10万円~400万円と離婚の理由によって金額に大きく差はありますが、相手に非がある場合や相手の都合で離婚を切り出された場合などに受け取ることができます。
 
慰謝料ばかりが有名ですが、実際に問題となり、請求できていない場合が多いのは財産分与や養育費です。
 
離婚後でも請求は可能なので、受け取っていない場合はしっかり相手と話しましょう。

弁護士に相談をすることをおすすめします

法的にもらえるべきお金があるとしても、相手に請求してもきちんと支払われるとは限りません。
 
うまく交渉し、支払いを受けるためには、専門家である弁護士に相談をすべきでしょう。
 
費用は多少必要ですが、最終的に得する場合も多くあります。 

 離婚後の仕事でお悩みの方はこちらも参考にしてください

離婚後の専業主婦やシングルマザーが仕事を見つけるためには?のまとめ

離婚後シングルマザーとして生活していくためには、仕事をして収入を得ていかなければなりませんよね。
 
しかし、専業主婦や子育て中の女性の仕事探しは、家事・育児と両立していかなくてはならないため、苦労をすることも多いでしょう。
 
 
また、専業主婦が離婚してすぐに働くのは難しいため、慰謝料や養育費などもらえるお金はしっかりもらっておく必要があるでしょう。
 
一人で悩まずに、弁護士に相談することも検討してみましょう。

弁護士に相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費