カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

夫婦カウンセリングの利用を考えている人に伝えたいこと

夫婦カウンセリングとはどんなことをする所なのか、料金はどのくらいかかるのかご紹介します。二人では話し合いにはならない。それでも離婚をしたくないなど、あなたの抱えている問題は本当に夫婦カウンセリングで解決するのか考えてみましょう。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

夫婦カウンセリングを利用するなら効率的な使い方をしよう!

夫婦関係があまり良好とはいえず、離婚を避けるため何とかしたいけれど「話し合いなんて必要ない」と、相手が乗り気ではない場合もあります。

そんな夫婦は、ずっとモヤモヤとした気持ちのまま生活を続けていったり離婚することになってしまいますね。

せっかく夫婦でいるのですから、少しでもお互いの言いたいことを言い合ってスッキリとした気分で良い関係で暮らしていきたいと思うのは当たり前のことです。

二人だけではうまく話せず離婚回避できそうにない場合は、夫婦カウンセリングという話を聞いて整理してくれる場所を利用しましょう。

夫婦カウンセリングとはどんなところなのか、夫婦カウンセリングの料金相場やどこにあるのかなどをご紹介していきます。

夫婦カウンセリングがどんなものかを知ることによって、夫婦仲の修復に大いに役に立つでしょう。

夫婦カウンセリングって何?

夫婦カウンセリングという仕事について、まだあまり知らない人もいるのではないでしょうか。
 
ここでは、夫婦カウンセリングとは?料金はどのくらいかかるの?という基本的なことをお話します。

夫婦カウンセリングとは

夫婦カウンセリングは、夫婦問題について話を聞いてくれるカウンセラーがいて、夫婦の話を第三者目線で整理してくれます。

離婚はしたくないけれど、夫婦関係を修復したい、二人だけでは離婚回避できそうにないという人が利用します。

特に離婚問題を自覚していなくても半年に1度や1年に1度など、定期的に夫婦カウンセラリングを受ける人もいます。

夫婦カウンセリングはどんなところにある?

夫婦カウンセリングは、探せば日本中あちこちにあります。

もし、住んでいる近くに夫婦カウンセリングがなくても、電話やスカイプなどを利用して話を聞いてくれる夫婦カウンセリングもあります。

それらを利用すれば日本全国どこでも、離婚回避のために夫婦カウンセリングが受けられます。

夫婦カウンセリングの相場はどれくらい?

夫婦カウンセリングの料金は、その夫婦ごとに離婚問題が解決まで何回でカウンセリングが終了するのか変わってきますので、かかる料金もまちまちです。

少なければ2、3回で終わる夫婦もいれば、数十回かかる場合もあります。

基本的なカウンセリング料金は1時間単位で決められており、相場は5,000円から10,000円程度となっています。

夫婦カウンセリングを使ったほうがいいのはどんな人?

夫婦カウンセリングも回数が重なれば、決して安い料金で受けられるものではありません。
 
ここであげるような人は、離婚回避のために夫婦カウンセリングを使った方がいいでしょう。

夫婦カウンセリングがおすすめな人(1) 話し合いが喧嘩になってしまう人

夫婦で話し合いをしようとしても、どちらか片方、または双方がヒートアップしてしまい喧嘩になりがちな人は二人だけで話し合うのは難しいものです。

逆に話そうとすることで二人の距離が広がり、離婚へ近づいてしまう場合も考えられます。

このような人は、二人だけで話すよりも夫婦カウンセリングで第三者を入れた方がうまく離婚回避できるでしょう。

離婚を避けるために冷静な話し合いを持ちたいなら、夫婦カウンセリングが役に立つことが考えられますので、多少料金を支払っても利用する価値は十分あるでしょう。

夫婦カウンセリングがおすすめな人(2) 話し合いが続かない人

喧嘩になってしまう夫婦と対照的に、配偶者と話すことが「無駄だ」と諦めてしまう人もいます。

こんな人たちも二人での話し合いは難しいですね。

配偶者と話すことはできなくても、第三者には話すことができる場合が多いので、離婚回避のために料金を支払っても夫婦カウンセリングを利用する価値があるといえるでしょう。

配偶者が一緒だとうまく話せない人は、夫婦カウンセリングを別々に利用することで、離婚に対する思わぬ相手の考えが聞き出せることもあるのです。

夫婦カウンセリングがおすすめな人(3) 離婚するかどうか悩んでいる人

夫婦カウンセリングを利用する人のほとんどが離婚を回避したいと考える人たちです。

でも、その中でも「離婚した方が良いのか悩んでいる」という人もいます。

自分たちの今の状況を夫婦カウンセリングに話すことで、今の夫婦関係がどのくらいピンチに瀕しているのか客観的に判断してもらえます。

夫婦カウンセリングは基本的に離婚を回避するためのものなので、離婚を回避する方法を提示してもらえることもあります。

夫婦カウンセリングを利用する前に考えておくこと

夫婦カウンセリングを効果的に利用して離婚を避けるためには、無駄なカウンセリング時間を避けることが必要です。
 
できるだけ少ない回数で不要な料金を支払わずに問題解決していくために、あらかじめ考えておきたいことをご紹介します。

夫婦カウンセリングを利用する前に考えておくこと(1) ゴールを決めておく

自分がどうしたいのか、何を改善したら離婚を避けられるのか考えがハッキリしていないと、それを知るところから夫婦カウンセリングが始まり、当然回数もかかり料金もかさんできます。

それを避けるために、自分がこの話し合いでどうしたいのかゴールを決めておきましよう。

「育児を手伝って欲しい」「優しくして欲しい」など相手に何を求めているのかをハッキリさせておくことで、無駄な話し合いを避け、夫婦カウンセリングの料金の節約にもなります。

夫婦カウンセリングを利用する前に考えておくこと(2) 自分1人の考えを押し付けない

たとえば「育児を手伝ってくれない」という不満があっても、仕事が忙しく寝る時間すら削っている配偶者に対して、その希望を押し付けるのは無理強いです。

あなたが辛いように、相手もつらいこともあるということを理解しないと何回もカウンセリングが必要になり、不要な料金もかかります。

お互いの辛さを客観的に聞くことができるのも、第三者の夫婦カウンセリングが離婚回避のために良いといわれる利点です。

カウンセラーが言うことを冷静に受け止め、自分だけの一方的な考えを押し付けないようにすることが、少ない回数で料金をかけず離婚回避できる大切なポイントです。

夫婦カウンセリングを考えている人はこんな悩みを抱えていませんか?

配偶者を説得し夫婦カウンセリング連れ出し、決して安くはない料金を支払ってでも離婚を避けたい。
 
そう言っている人の悩みも、実はこんなこともあるのではないですか?

離婚したいけど背中を押してもらう人を探しているのでは?

表向きは「配偶者の浮気をやめさせたい」「もっと家庭を省みて欲しい」などと言っていても、実は「離婚したいけど踏ん切りが付かない」「誰かに離婚してもいいんじゃないか」と離婚に対して背中を押して欲しいと思っているのではありませんか?

このような離婚に対する考えで夫婦カウンセリングを受けているのであれば、いくら料金を支払っても何度カウンセリングに通っても問題が解決しません。

弁護士に相談してみる

もし、あなたのゴールが離婚に向いているのであれば夫婦カウンセリングではなく弁護士に相談することをおすすめします。

配偶者の問題点が暴力や不倫であれば、離婚時に慰謝料がとれますし、夫婦に子供がいる場合も養育費や法的に効果のある取り決めをしてくれます。

弁護士に離婚相談すると料金が高いと思っている人もいるでしょうが、無料相談を受け付けている弁護士もいます。

無料で自分に合った弁護士を探してみましょう!

夫婦カウンセリングを考えている人はこちらの記事もおすすめです

夫婦カウンセリングの利用を考えている人に伝えたいことのまとめ

夫婦カウンセリングの料金や利用方法など基本的なことから、少しでも夫婦カウンセリングにかかる料金を節約するためにあらかいじめ考えておいた方が良いことをご紹介してきました。

しかし、中には離婚へのと気持ちが向いているのに気付かず、何度も夫婦カウンセリングを利用し不要な料金を支払っている人もいます。

そんな人が相談するべき相手は、夫婦関係を修復し離婚を回避するために行く夫婦カウンセリングではありません。

あなたが本当に望むゴールをしっかりと考え、離婚したいという気持ちが強いなら、弁護士に相談してみましょう。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費