カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 男女問題

なぜやめられない?女性にとっての不倫の魅力10個

不倫の魅力って何でしょうか?妻が不倫をしているかもしれない、不倫がバレてもまた不倫をしてしまう、そんなことでお悩みの男性も少なくはないでしょう。近年、既婚女性の不倫は増えてきています。なぜ最愛の夫がいるにも関わらず妻は不倫に走ってしまうのでしょうか。今回は妻が不倫に走ってしまう心理についてご紹介していきます。

自分に合った探偵へ相談する

なぜ不倫にハマる人が続出してしまうのか?

最愛の夫がいるにも関わらず、なぜ不倫に走ってしまう妻が増えているのでしょうか。
 
不倫はリスクばかりなのに、それを冒してまで不倫をしてしまう魅力とはどんなものなのでしょう。
 
ここからは既婚女性にとっての不倫の魅力についてご紹介していきます。
 
あなたの妻にも当てはまるものがあるかもしれません。
 
また、妻が不倫に走らないようにするにはどうすればよいかも合わせてご紹介していきます。

不倫の魅力10個を紹介

女性にとっての不倫の魅力とはどんなものがあるのでしょう。
 
ここからは不倫の10個の魅力を解説していきます。

不倫の魅力(1) 普段の生活では味わえない刺激がある

不倫の魅力として、普段の生活では味わえない刺激があることが考えられます。

毎日家事に育児に大忙しの妻ですが、いつの間にか家族から「妻は家事をやって当たり前」と思われるようになると、普段の生活がつまらなくなってしまいます。

そんな時に優しくしてくれる男性が現れると、一度だけという気持ちからその男性と関係を持つようになってしまいます。

その時間がとても刺激的で、不倫関係から抜け出せなくなってしまうのです。

不倫の魅力(2) 女性ホルモンが活発になり、綺麗になる

女性は恋愛をすると女性ホルモンが活発になり、肌が綺麗になったり、体調がよくなったりします。

夫との関係が良好であっても、他の男性から女性として見られると妻としては嬉しいものです。

そんな他の男性へのときめきが女性ホルモンを活発にさせるのです。

好きな人ができると綺麗でいようという意識が働き、肌の調子もよくなっていくのです。その変化がうれしい女性もいるようです。

不倫の魅力(3) 理想のイケメンと付き合えた

夫がいる身であっても、理想の男性像というものは常に持っているのが女性です。

ドラマの主人公のような素敵な男性に憧れる女性は年齢を問わずいるものです。

そんな魅力的なイケメン男性とふとしたことがきっかけに出会ってしまうかもしれません。偶然にも相手の男性も行為を寄せてくれているとなれば、付き合わずにはいられないでしょう。

ただし、イケメンの場合、妻は遊ばれているだけかもしれません。

顔が良い男性なら、わざわざ既婚女性を選ばなくても言い寄ってくる女性はたくさんいるはずです。もしかしたら、お金が目当てで付き合っているだけかもしれません。

不倫の魅力(4) 他の女性に対しての優越感

女性というのは他の女性と自分を比べてしまいがちです。

夫がいるのに彼氏もいるという状況に酔ってしまっているのかもしれません。そんな女性はたいてい周りに不倫していることを自慢したがります。

「若い男の子に言い寄られちゃってー」と自慢し、他の女性より充実した毎日を送っていることをアピールしたいのです。

他の女性に対しての優越感こそが不倫の魅力かもしれません。そんな人ほど、自分は遊んであげている立場だと思い込んでいて、実際は女性の方がのめり込んでいるケースがあります。

不倫の魅力(5) 好きなところに連れて行ってもらえる

夫との関係がマンネリ化してくると、デートに誘っても付き合ってくれなかったり、買い物すら一緒にいってくれないなんてことがあります。

ですが不倫相手なら好きなところに連れていってもらえるところが不倫の魅力です。

夫以外の男性とおしゃれなレストランで食事したり、夜景を見に行ったりと、今の夫なら絶対に一緒に行ってくれないようなところへ連れて行ってくれる不倫相手に、妻はどんどんのめり込んでしまうのです。

不倫の魅力(6) 大切にされている感じがたまらない

不倫の魅力は非日常を味わえることにありますが、夫から常に大切にされている妻は不倫に走ることは少ないようです。

長年同じ屋根の下で暮らしていると、妻のことを家政婦のように扱ってしまっている旦那さまも少なくありません。

そんな状況の妻が他の男性から女性として丁寧に扱われ、プレゼントをもらったり、愛してるなどと言われたりすると、普段の生活では味わえないような幸福感に包まれてしまいます。

異性に大切にされている感じがたまらない、それが不倫の魅力です。

不倫の魅力(7) 割り切った関係で付き合える

妻の不倫相手が既婚男性だった場合、お互い割り切った関係で付き合えることも不倫の魅力です。

お互いに家庭がある者同士、理解しあってお付き合いができるので、必要以上に相手を束縛することがありません。

日常生活は大切にしつつ、不倫という非日常も味わうことができてのめり込んでいく人もいるようです。

不倫の魅力(8) 相手の余裕や包容力

不倫をよくする男性には、女性を虜にする魅力があるようです。

容姿や金銭面での余裕ももちろんありますが、気持ちに余裕があり、女性をせかしたり、つなぎとめるような行為はしません、

また、既婚女性の不満やわがままを受け入れるだけの包容力も持ち合わせている人が多く、そんな器の大きな男性に既婚女性はハマっていってしまうのです。

不倫の魅力(9) 相手の妻に勝っている嬉しさ

W不倫の場合、女性は不倫相手の妻を意識します。

相手の妻よりも自分の方が魅力的だから、この人は私と付き合っているんだと思っています。

ですが実際は勘違いであることが多いようです。

不倫相手の男性から見れば、一番大事なのは本妻で、不倫相手の女性のことは遊びだと思っているケースがほとんどです。

隣の芝生は青く見える、そんな心理でちょっと遊ばれていることに、本人は気付いていないのです。

不倫の魅力(10) 人生をやり直しているという思い込み

結婚をするということは、この人以外の異性と二度と恋をしないということです。
 
ですが結婚後に素敵な男性に出会ってしまい、結婚したことが間違いで、本当に結婚するべきはこの人だったんだと思い込んでしまう女性がいます。
 
久しぶりに恋愛をすることで、今の旦那様と出会っていなかったら…という仮説を立て、人生をやり直しているという思い込みに浸ってしまうのです。
 
いずれはこの人と新しい人生の第一歩を…と考えている女性もいますが、男性からすれば遊びの可能性もありますので、そう思い通りにはいかないようです。
 

不倫の魅力から抜け出せない妻に不倫をやめさせるためにはどうしたらいいの?

不倫の魅力に取りつかれて、やめさせても再発したり、普段の生活に戻れない可能性もあります。
 
そんな妻に不倫をやめさせるにはどうすればよいのでしょうか。

不倫の魅力から抜け出す方法(1) ストレスを溜めさせないように気遣いをする

まずは妻にストレスを溜めさせないようにすることが必要です。
 
いつも仕事の事ばかり考え家庭を気遣っていない場合も多く、妻にだけ家庭の問題を押し付けている男性も多いと思います。
 
私は家政婦じゃない!という妻の不満が不倫に走らせてしまっているのかもしれません。
 
まずは日ごろの感謝をちゃんと口にするようにしましょう。

不倫の魅力から抜け出す方法(2) 慰謝料を請求する

自分の妻を相手に少し酷ですが、妻に対し慰謝料を請求するのも一つの手です。
 
慰謝料を請求するには法的に有効な証拠を揃えることが必要になってきますが、妻や不倫相手の男性から慰謝料を取ることができます。
 
ただし、妻との離婚を考えていない場合にはおすすめしません。
 
慰謝料を請求してきた夫と今まで通りの関係を築くのは難しいでしょう。
 
妻から慰謝料を取るなら離婚を視野に入れ、離婚は避けたいのであれば相手の男性から慰謝料を取るようにしましょう。

不倫の魅力から抜け出す方法(3) 探偵に依頼して証拠を得ておく

妻が本当に不倫しているのかわからない、離婚はしたくないけど相手の男から慰謝料がほしい、裏切った妻とは離婚をしたい、どの道を選ぶにしても、不倫の証拠を押さえる必要があります。
 
ご自身で証拠を掴むのはなかなか難しいですし、バレてしまうリスクがあります。
 
そこで役立つのが探偵です。多少の費用はかかりますが、不倫をやめさせるにしても、離婚するにしても、決定的な証拠が必要になってきますので、プロの探偵に依頼し、法的に有効な証拠を手に入れておきましょう。
 

不倫の魅力から抜け出せなかった女性の顛末

不倫の魅力から抜け出せなくなった女性には、どのような顛末が待っているのでしょうか。こちらでは、不倫の魅力から抜け出せなくなった女性の事例を紹介します。

会社の上司とW不倫をした結果、職も相手も失うことに

共働きの夫婦の奥さんが、会社の上司とW不倫をしたケースです。

1年ほど関係が続いていた中で不倫が発覚し、旦那とは離婚。慰謝料の代わりに財産分与を放棄するということで話がまとまりました。

もちろん職場にはおれず、近いうちに退職。財産分与をしなかったため貯金が無く、古いアパートでパートをしながらその日の生活費を稼ぐような生活を続けています。

会社での不倫は、職を失うことも考えられる、非常に危険な行為と言えるでしょう。

不倫での妊娠より、犯罪行為に走る

不倫相手との子供を妊娠した結果、犯罪行為に走ったケースです。

女性は、結婚している男性と不倫行為を行いまいた。男性の夫婦関係が終わっていない中、女性が妊娠してしまいます。男性は「今は無理だ」という事で堕胎を要求。彼女は泣く泣く受け入れました。

ところが、しばらくして男性側の本妻に妊娠が発覚。堕胎した女性は怒りに駆られ、本妻のお腹を刺してしまいます。不倫による関係性のもつれから、犯罪行為に走ってまったのです。

不倫により社会的評価が悪くなり、再婚できなくなる

不倫により社会的な評価が悪くなり、再婚できなくなるケースです。

男性Aと女性Bは、付き合っている関係でした。ところが男性Aが好きだった女性Cがフリーになったことにより、AはCと付き合い、結婚してしまいます。

その後AとCは結婚生活が上手くいかず、Bと不倫。不倫であるにもかかわらずBが周囲に関係性を見せつけるような行動をとり、AとCは別れてしまいます。

そのままBと結婚するかと思いきや、Bは結婚を拒否。お互いに別れることとなりました。

結果残ったのは、バツの着いたフリーの男性Aと、独身女性B。Aは不倫男として女性から相手にされなくなり、Bも魔性の女という烙印を押されてしまいます。

結果新しい相手を見つけられなくなり、そのまま独身として過ごしているようです。

不倫の魅力についてはこちらの記事もおすすめです!

なぜやめられない?女性にとって不倫の魅力10個のまとめ

いかがでしたでしょうか?既婚女性にとってどれだけ不倫が魅力的かをご紹介してきましたが、あなたの奥様に当てはまりそうなものはありましたか?
 
相手がどんな人であれ、妻は自分を必要としてくれる、愛してくれる人を求めているのです。
 
奥様への愛情表現を疎かにしていたなぁと自負のある人は、まずは妻への感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。
 
夫婦生活や家庭環境が円満な女性は、不倫などしません。妻を責める前に、まずはご自分の家庭環境の改善を目指してください。
離婚や慰謝料の請求は、それが無理だと分かってからでも遅くはありません。
 
愛し合って結婚した女性です。妻ではなく、たまには一人の女性として扱ってあげてください。

自分に合った探偵へ相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費