男女問題 離婚

旦那にイライラする!離婚したいと妻が考え始める原因7つ

旦那にイライラして、離婚したいと考えている方は必見です! 一度は好きで結婚したはずの旦那。それなのに、ふとしたことでイライラが募ってしまい、それが解消されないままの毎日を送っていたら、ふと「離婚」の2文字が頭をよぎった…という経験はありませんか?結婚は生活ですから、お互いの価値観や行動パターンの違い、浮気など、数々のトラブルがつきものです。なんだかわからないけどイライラする!離婚したい!そんなとき、原因がわかれば対処法もわかるかもしれません。

旦那にイライラする!離婚したいと思う原因ってなに?

妻は旦那のどんなことにイライラしてしまい、離婚したいと思うようになってしまうのでしょうか?

旦那へのイライラで離婚を考える原因(1) お金の問題によるすれ違い

結婚生活は、恋愛と違って、「生活」です。
生活するためには、お金は欠かせません。
 
そこで、金銭感覚の違いや、お小遣いの金額、家に入れる生活費の金額、浪費などの問題ですれ違いが生じやすいのです。
 
お金の問題は個人の価値観がぶつかり合う問題のため、夫婦関係にダイレクトに影響を与えます。
 
旦那はスポーツジムや動画サービスに課金したり、飲み会に行きまくっているくせに、妻のご褒美のランチやアクセサリーの購入に口を出してくるなど、お金の問題はイライラの巣窟です

旦那へのイライラで離婚を考える原因(2) 子育ての問題によるすれ違い

子育てへの考え方、価値観ですれ違ってイライラすることもあるでしょう
 
妻にとって子育ては初めて、多くてもせいぜい数回目。子供の発達や教育について、不安なことばかりでしょう。
 
2人の子供なのに、旦那はまったく当事者意識を持たず、妻に子供のことを押し付けてばかり…。
 
そのような旦那となんのために一緒にいるんだろう?と思ってしまうのは当然です。

旦那へのイライラで離婚を考える原因(3) 家のことに協力的じゃない

専業主婦であろうが共働きであろうが、夫がまったく家事に協力しなければ、イライラするのも当然です。
 
専業主婦であったとしても、24時間家のことや子供のことに気を張っているのは想像以上にしんどいものです。共働きの場合には、そもそも家にいる時間は同じくらいなのに、どうして妻だけが家事をしなければならないのか、イライラが募りますよね。
 
家のことを気にせずに、旦那だけがごろごろしたり、自由に過ごしているのを見れば、誰でもイライラしてしまうでしょう。

旦那へのイライラで離婚を考える原因(4) 自分だけ大変アピールにうんざりする

これは専業主婦の家庭に多いのですが、働いて帰宅した旦那が発する「いいよな、お前は1日中家にいられて…俺なんか今日も…」の後に延々と続く会社の愚痴。
 
これにイライラする方が非常に多くいらっしゃいます。
 
専業主婦は専業主婦で、家事(子どもがいる場合は育児も)をひとりでこなし、見えないところでも頑張っているのです。
 
それなのに、大変なのは自分だけという旦那のアピールは、当然イライラの原因となります

旦那へのイライラで離婚を考える原因(5) 浮気の疑い

妻として自分はしっかり家事や育児、仕事をこなしているのに、旦那が浮気をしているかもしれない場合もイライラしてしまうでしょう。
 
旦那に対して少しでも浮気をしているかもという疑いがあると、旦那の一挙一動が気になってしまい日常生活を送るのもストレスになります。

旦那へのイライラで離婚を考える原因(6) 好きじゃなくなった

一度は好きになった旦那でも、生活をともにしている間に、好きという感情がなくなった…ということもよくあるでしょう。
 
好きじゃない、もしくは嫌いな人と一緒に暮らすこと自体がストレスですから、自然と旦那にイライラすることも増えてしまうでしょう。

旦那へのイライラで離婚を考える原因(7) わがままに振り回される

旦那が子どもすぎて、わがままな場合もイライラするでしょう。

たとえば既に夕飯を作ったのに、「今日はカレーの気分じゃない。外食しよう!」と言ったり、車や電車などの趣味があって休みの日はつき合わされたり…。

結婚は夫婦が基盤となるはずなのに、旦那のわがままだけが横行すれば、意思を尊重されない妻側のイライラは募る一方でしょう。

旦那へのイライラの対処法

では、このような旦那に対するイライラや離婚したいという気持ちが出てきた場合、対処法はあるのでしょうか。

旦那へのイライラの対処法(1) 直接話し合う

最も単純な対処法ですが、意外と効果があるのが、直接話し合うという方法です。
 
普段生活の中で、言いたくても言えないこと、話し合うことを放棄してしまう人もいるでしょう。
 
でも、話し合うことを放棄してしまえば、その後は変わらずにイライラする生活が待っているだけです。
 
勇気を出して、本題を切り出し、話し合うことは重要かつ有効な方法です。
 
離婚したいとまで考えていることを伝えれば、より真剣さが伝わるでしょう。

旦那へのイライラの対処法(2) 自分の中で処理をする

もしも旦那と話し合えないなら、自分の中で処理するという対処法もあります。
 
たとえば、わがままな旦那にイライラしているなら、「子どもの部分を残して大人になったんだ」「自分に心を許してくれている証拠だ」などのように、問題のとらえ方を変えてみるのです。
 
もしくは、イライラで募ったストレスを、一人カラオケや買い物、おいしいものを食べるなどの方法で解消するという方法もあります。

旦那へのイライラの対処法(3) 改善するために夫婦間でルールを決める

これは夫婦間の話し合いが必要になりますが、問題を改善するために、夫婦間のルールを決めるという対処法があります。
 
日本で行っている夫婦はあまり見かけませんが、欧米では婚前に契約書を作成する夫婦が非常に多くいます。
 
たとえば月のお小遣い、納める生活費、実家に帰る日数などについて、夫婦間で取り決めを行っておけば、それを守るように旦那も努めてくれるかもしれません。

旦那へのイライラで「離婚したい」と本気で思ったら…

対処法を駆使してもイライラを解消できず、「離婚したい」という結論にたどりついたなら、注意しなければならないことがあります。

旦那へのイライラで離婚したいときは(1) 離婚したいということをパートナーにしっかりと話しましょう

離婚は、協議離婚→調停離婚→裁判離婚の順に進んでいくものです。
 
最初に通過する協議離婚は、夫婦間の話し合いによるものですから、離婚したいと思った時点で配偶者に話をする必要があります。
 
また、もしかしたら「離婚を決意するくらい悩んでいたんだ」と、相談を機に旦那が行動を改めてくれるかもしれません。

旦那へのイライラで離婚したいときは(2) 離婚に強い弁護士に相談を

離婚について、意志を固めたなら、まずは離婚問題に強い弁護士に相談しましょう。
 
慰謝料や養育費などの問題について、あなたに優位になるように、手続きを進めてくれるでしょう。

離婚についてもっと知りたい方はこちらの記事もご覧ください

旦那にイライラ!!これって離婚するべき?!まとめ

一つ屋根の下に住んでいて、気になる言動、すれ違う価値観があれば、イライラしてしまうのは当然のことです。
 
むしろ旦那にイライラしたことがない!という人はごく少数派でしょう。
 
でも、もしもあなたの抱えているイライラが非常に大きなもので、夫婦間では何ともならない場合、弁護士に相談して離婚の手続きをするという選択肢もあります。
 
離婚は弁護士が持つ多くの法的な知識・経験があれば、あなたに優位にすすめることができます。
 
離婚したいと考え始めたら、まずは弁護士に相談してみましょう。

弁護士に相談する

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費