カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

離婚解決金は離婚の「手切れ金」?|離婚解決金の役割・相場・慰謝料との違い

離婚解決金という言葉を聞いたことがあるでしょうか?離婚解決金は手切れ金・和解金などとも呼ばれ、離婚を円満に解決させるために必要なお金です。離婚解決金は個々の事情を配慮し、支払われる理由や金額も臨機応変に対応できるので、協議離婚や調停離婚の際に使われます。そんな離婚解決金について詳しく見ていきましょう。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

離婚時に手切れ金として支払われる解決金って何?

 離婚時に発生する支払いには、
  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 養育費
  • 未払いの婚姻費用
  • 年金分割

などがありますが、この他に手切れ金として、離婚解決金と呼ばれる支払いも存在します。

解決金の性質について離婚の「手切れ金」や「和解金」といえばわかりやすく感じますが、その内容が法的に定まっているわけではありません。

もっとも、支払うべき金額の理由を曖昧にできるからこそ、離婚する際の問題を解決し、スムーズに離婚へと導くことができます。

なぜ、離婚に生じる問題をスムーズに解決する手切れ金・和解金として、金額の名目が曖昧な解決金が都合が良いのでしょうか?

その理由や解決金の相場、他の手切れ金である慰謝料との違いなどをみていきましょう!

離婚の「手切れ金」?そもそも離婚の解決金とは?

そもそも、離婚の解決金は手切れ金・和解金ともいわれますが具体的には何のお金をさすのでしょうか。

解決金があることで、なぜ、離婚する際に生じる問題を解決し、相手に離婚に応じてもらえるようになるのでしょうか。

離婚の「手切れ金」、解決金とは(1) 解決金は通常、離婚に伴うお金を指す

離婚するにあたり、

  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 養育費
  • 未払いの婚姻費用
  • 年金分割

といったお金の支払いが生じますが、この離婚に伴うお金すべてを一括して解決金と呼ぶ場合があります。

例えば、何らかの形で離婚したい側が相手にお金を支払う場合、手切れ金・和解金を慰謝料という名目で支払ってしまうと、支払った方が一方的に悪いという印象を受けます。

しかし、これを慰謝料ではなく、解決金という名目にすることで、支払う方も悪い立場になることはありませんし、支払いを受ける相手もお金をもらうことができるので文句はなく、問題を解決することができます。

よって、財産分与・慰謝料・養育費・未払いの婚姻費用・年金分割というお金の支払いをあえてはっきりとさせない方が離婚する際に生じる問題を解決し、スムーズに離婚に応じてもらえる場合、解決金という名目でお金を支払うことがあります。

これが解決金が手切れ金ともいわれるゆえんです。

離婚の「手切れ金」、解決金とは(2) 解決金は離婚に伴うお金以外の名目にも使われる

離婚に伴う、財産分与・慰謝料・養育費・未払いの婚姻費用・年金分割以外の費用についても、解決金という名目で支払いをする場合があります。

例えば、

  • 不貞行為はないが妻と離婚をする場合
  • 妻にお金を支払って離婚したいが自分に不貞行為がないため、慰謝料としての支払いができない場合

などは解決金という手切れ金の名目で妻に支払いをすることができます。

妻も解決金を受け取ることで離婚に納得して、受け取ったお金で新しい人生を歩むことができます。

法律上の離婚事由にあてはまることがないのに、慰謝料の発生しない、性格の不一致などの理由で離婚をしたい場合は、こういった解決金を用いることで慰謝料の問題を解決することができます。

離婚の「手切れ金」、解決金とは(3) 解決金は円満に離婚するために重要

解決金は離婚に伴うお金の総称であったり、財産分与・慰謝料・養育費・未払いの婚姻費用・年金分割以外の全くどれにもあてはまらない別の意味のお金であったりと、解決金の意味合いは広く、まさにこれが離婚に伴い派生するお金の問題を解決し、便利にお金を扱うことができる所以です。
 

解決金は、離婚条件をうまくまとめて解決する、便利な言葉です。

不法行為がなく慰謝料を支払う必要がなくても、この解決金を持ち出せばお金で離婚を促すことができ、慰謝料の問題を解決することができます。

解決金は、曖昧な意味であるからこそ、手切れ金として、離婚に伴ういろんなお金の名目として使用されています。

 

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

 

離婚解決金と慰謝料は何が違うの?

離婚の手切れ金としては、慰謝料も有名です。

同じように「手切れ金」としての働きを持つ離婚する時の解決金は、慰謝料とはどう違うのでしょうか。

解決金と慰謝料の違いについて、みていきましょう。 

離婚解決金と慰謝料の違い(1) 解決金は明確な法的根拠がない

まず慰謝料とは、不貞行為などで相手に精神的な苦痛を与えたことへの損害賠償のことを指します。

これに対し、解決金は、相手に精神的な苦痛を与えているかどうかに関わらず、相手に離婚に応じてもらえるよう、離婚に必要なお金を渡すものです。

解決金のほうが、手切れ金としての性格が強いということもできそうです。

慰謝料は損害賠償としてのお金ですが、解決金はあくまで離婚を円満に解決するために必要なお金であり、損害賠償の意味は含みません。

慰謝料とは違い、不貞行為などの離婚原因がなくても、解決金の支払いを行うことができます。離婚する際に生じる問題をうまく解決してくれるのが、この解決金です。

また慰謝料の場合、民法により請求する根拠が法律で明確に記されていますが、解決金の場合、法律上の請求する根拠が明確ではありません。

従って、基本的には解決金は離婚裁判で請求することはできないと考えられています。

しかし、解決金は曖昧さを持つ性質のお金がゆえに、離婚時のお金にまつわる問題を幅広く解決できるため協議離婚や調停離婚で利用されることがしばしばあります。 

離婚解決金と慰謝料の違い(2) 解決金でお互いの立場を守れる

解決金は不貞行為などの離婚原因がなくても支払いが可能であるため、慰謝料と違い、支払う側が悪い立場という見方がありません。

よって、解決金は、離婚原因がなくても支払えるので、どちらの名誉も傷つけることなく、相手にお金を支払うことができ、問題なく離婚に応じるように解決できます。

また、離婚後の生活費の支払い義務はないため、相手が当面の生活費も工面してほしい場合、支払う相手側からすれば、当面の生活費まで面倒を見るのは億劫で支払いに躊躇します。

しかし、この費用を解決金の費用として請求すると、離婚に必要な支払うべきお金という認識ができて、うまく当面の世活費も工面してもらうことができ、お金の交渉がまとまりやすく解決しやすいです。

このように解決金は、お互いの立場を守りながら、うまく離婚のお金を解決してくれます。

解決は万能な名目のお金といえます。 

離婚解決金と慰謝料の違い(3) 離婚解決金は曖昧なものだからこそデメリットも

解決金は、曖昧な性質を持つからこそ、本来ならば、慰謝料の発生しない離婚でも、お金で解決することができます。
 
解決金の支払いを受ける相手としても、離婚後に必要なお金を受け取れるので、離婚に応じやすくなります。


例えば、浮気相手のことを好きになり、一方的に妻に離婚を突きつけた場合、離婚に応じない妻をなんとか離婚に同意してもらうには解決金を支払うことで離婚に同意してもらえるよう働きかけることができます。

このように解決金は曖昧なものだからこそ、相手に離婚に応じてもらえるように様々な名目でお金を支払うことができます。

ただ、解決金で離婚を成立させる場合気を付けるべきデメリットがあります。

解決金はその内容が曖昧であるため、離婚後に新たに慰謝料などのお金を請求される場合があります。

そういったことのないように、解決金を払う際には、離婚協議書に「払うべきお金は全て払いましたよ」という記載をしておく必要があります。(清算条項と言います)

そうすれば解決金支払い後に新たに財産分与や慰謝料といった金銭の請求ができないようになります。

離婚協議書を作成する際は内容に不備がないことに注意しなければなりません。

ですから、離婚解決金の支払いを離婚協議書に記載する際は離婚問題に強い専門家に相談することをおすすめします。離婚協議書の作成サポートを行なっている弁護士事務所もたくさんあるので一度相談してみてはいかがでしょうか?

書面の証明力を高めるためにも、公正証書を作成することもお勧めします。

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

離婚解決金の相場はいくら?解決金の相場はどうやって決まるの? 

法的根拠のない、曖昧な性質を持つ解決金ですが、一体、どのくらいの金額をもらうことができるのでしょうか。解決金の相場はいくらなのか、解決金の相場はどのように決まるのかについて見ていきます。

離婚解決金の相場(1) 実は相場なし!|自分にとって妥当な解決金の金額を知りましょう

慰謝料と違って離婚の解決金には具体的な相場はありません。

よって、双方でそれぞれの事情を考慮して当事者同士が納得できる金額、つまり妥当な解決金の金額を決定します。

文字通り、解決金は離婚を円満に解決するためのお金ですが、相手が離婚に応じたくない場合、解決金の金額に不満があるとして離婚に応じないこともありえます。

解決金はそれぞれの事情にもよって支払うべき金額が違いますが、場合によっては1000万円以上の支払いがされることがあれば100万円程度で離婚に納得することもあります。

ただ、どんなケースであれ離婚される相手のことを考えると専業主婦ならなおさら、少しでも多くの誠意を解決金の金額として見せるべきでしょう。

離婚解決金の相場(2) 離婚の解決金は専門家のアドバイスを

このように、離婚問題を解決するためのポイントは人それぞれ異なります。

また、解決金の相場も決まっているわけではありません。

慰謝料や財産分与として払うべき場合もあれば、離婚解決金として支払った方が後々トラブルにならないケースもあります。

つまり離婚解決金を払うかどうかも、その額もケースバイケースです。誠意を見せるべきだと言っても当然、離婚解決金が妥当な金額を大幅に超えていたら払う側が不利益を被ることになってしまいます。

離婚解決金ももらう側も、本来慰謝料や財産分与として請求したらもっと多くの額をもらえたのに、知識がないため少ない額しかもらえなかった…ということもあります。

だからこそ、離婚解決金を支払うことになったら離婚問題に強い弁護士に相談して、正しいアドバイスを受けることをおすすめします。

弁護士に相談することによって離婚解決金の適正な額を決めることができ、離婚後のトラブルを防ぐための包括的なアドバイスを受けることが可能です。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

解決金・離婚解決金についてもっと知りたい人はこちらも読んでみてください!

離婚解決金ってなに?どうやって金額は決まるの?のまとめ

突然離婚を切り出されたら、離婚される側としては天から地へと叩きつけられたような気分になります。

離婚される側に何の非もないのなら、なおさらなぜ自分が離婚されてしまうのか訳が分からず、「離婚はしたくない」と頑なに拒否することでしょう。

離婚される側が専業主婦やパートの仕事をしている場合は、離婚後の生活費がどうなるのかも不安ですから、手切れ金がほしいという方も多いでしょう。

こういった問題を解決するためには、解決金の金額の取り決めは重要です。自分の場合は果たしてどれくらいの解決金を支払うことが妥当なのか、一度離婚問題に強い弁護士に相談してみましょう。

妻と離婚したいと考えているならば、身勝手な離婚を許してもらう代償として相手への解決金を少しでも与えるのが、相手へのけじめではないでしょうか。

 

カケコムなら相談を入力するだけで無料で弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費