カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

離婚調停の服装・持ち物は?有利に進めるためにはどうすればいい?

離婚調停の服装や持ち物はどのようなもので臨めばいいのでしょうか?服装や持ち物は調停での話し合いに影響を与えるのでしょうか?離婚調停に行くときには、服装や持ち物に注意しないと思わぬ損をしてしまうかもしれません。離婚調停で有利になるような服装や持ち物についてまとめてみました。

「離婚調停のサポートを弁護士にお願いしたい」
「できるだけ有利な離婚条件で離婚したい

そんなお悩みをお持ちの方は、弁護士に相談することで下記のようなさまざまなメリットを得られる可能性があります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・あなたのお話を丁寧に伺った後、調停の際にどのように主張すべきか等についてアドバイスをしてくれる。
・実際に調停へ同行し、話し合いの中でサポートを行ってくれる。
・離婚や慰謝料等に関する些細なお悩みについても、丁寧に回答してくれる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

離婚調停、服装は何を着て行けばいいの?|ここに気をつけよう!

離婚調停に出かける時に向いている服装は、どんなものなのでしょうか。

調停委員に好印象を与えることができる身なりについて考えてみましょう。

離婚調停の服装(1) 調停委員は中立の立場とはいっても”人”

たとえば、街中で背広をきっちり着こなしたサラリーマン風の紳士から声を掛けられた時と、清潔感が欠けた身なりの人から声を掛けられた時、信用できると感じるのはどちらですか?

前者と答える人が多いのではないでしょうか。

調停委員といえども人ですので、無意識的に服装からその人の印象を受けることがあるでしょう。

好みの服装だからといって調停委員がひいきするようなことはありませんが、最低限の清潔感があるに越したことはありません。

離婚調停の服装(2) スーツ、もしくは清潔感のある服装 

離婚調停に出かける時の服装は、スーツを選ぶのが無難です。

スーツでなくても、アイロンがかけられた白いシャツや、華美になりすぎないスカートやズボンなど、清潔感のある服装が良いでしょう。

ヨレヨレのTシャツにサンダル履きなど、あまりにもラフな服装は避けたいものですね。

ネクタイもしっかりつけているとより良い印象を与えられるかもしれません。

離婚調停の服装(3) 高級ブランド品は控える

服装はスーツが良いといっても高級ブランド品ばかりで身を固めている人は、金銭問題の話し合いの時に誤解を生みやすくなる可能性があります。

高級ブランド品は派手な生活を連想させてしまう服装であるという危険があるからです。

しっかりとした誠実な人という印象を調停委員に与えることができる服装が好ましいでしょう。

離婚調停の服装(4) 落ち着いた髪型

服装と共に、身なりでは髪色や髪型も重要なポイントとなることもあります。

金髪などの派手な髪色は、調停委員に対して軽薄な印象を与えてしまうかもしれません。

髪色だけでなく、あまりにも服装や身なりに気を使わないのも生活に余裕がない、だらしない性格と誤解されそうです。

このような生活面を表すような服装や身なりについては、特に子供の親権問題では不利になることもあるかもしれません。

離婚調停の服装(5) 化粧は薄め

女性であれば服装だけでなく、化粧についても気をつける必要があります。

派手なメイクは服装・髪色や髪型と同じく、しっかりとした生活をしていない人かもと印象づけてしまう危険があります。

調停委員が全て服装や髪型でそんな判断をするといっているのではなく、そういう可能性があるということです。

離婚調停に行く時の身なりや服装には気をつけるに越したことはありません。

離婚調停の服装以外で気をつけることとは?

離婚調停は服装や身なりに気をつければ良いというものではありません。それ以外にも気をつけたいこともご紹介します。

離婚調停の服装以外で気をつけること(1) 何を伝えたいのかはっきりさせる

離婚調停で話をするというだけで緊張してしまいうまく自分の言いたいことが言えない人もいます。

そのために、自分がこれだけは譲れないという点や、浮気や暴力があった日付、期間など具体的な数字などをメモや陳述書にして持参していくと話しやすくなります。

詳しくは下記の記事で解説していますので、ご一読ください。

関連記事はこちら

離婚調停の服装以外で気をつけること(2) 遅刻・欠席はしないようにする

離婚調停だけでなく家庭裁判所では1日に何組も調停が行われます。

1組の調停時間スケジュールが決まっており、遅刻・欠席することは他の人に迷惑をかける行為として調停委員の印象も悪くなってしまいます。

やむを得ず遅刻・欠席してしまいそうな場合にも、しっかりと余裕をもって事前連絡をすることを忘れないでください。

離婚調停の服装以外で気をつけること(3) 証拠等があるなら事前にそろえておく

もし相手の不倫やDV等の証拠があるなら、話を有利に進めるためにも証拠等を事前にそろえておき、調停でその話になった際に提出できるようにしておきましょう。

有効な証拠の有無等で慰謝料が請求できるかや、いくら請求できるのかが変わってきますので、証拠は非常に重要です。

どのような証拠があると話し合いが有利に進みやすいのかや、証拠の作り方等が分からない場合は、専門家である弁護士に相談するのがおすすめです。

弁護士に相談・依頼することで、証拠をそろえるためのサポートを行ってくれたり、場合によっては直接相手と交渉してくれたりするので、あなたが希望している離婚条件が通りやすくなるかもしれません。

初回の相談を無料で受け付けている弁護士もいますので、お気軽にご相談ください。

離婚調停の服装以外で気をつけること(4) 付添人が入れるのは待合室まで

調停室に入れるのは、原則当事者と代理人弁護士のみです。

付添人がいる場合、その付添人が入れるのは控室までとなります。

例えば母親に付き添いに来てもらい、子供も連れて行った場合、控室で子供の面倒を母親に見ていてもらうということは可能です。

離婚調停の持ち物とは?

離婚調停の時の服装や身なり、気をつけることを見てきました。
 
その他、離婚調停の時の持ち物についても知っておくと離婚調停がスムーズに進むでしょう。

離婚調停の持ち物(1) 筆記用具、メモ帳

離婚調停であまりにも緊張して何を話したか忘れてしまうこともあります。

また、相手から言われた条件もしっかり覚えておきたいですね。

そんなことをメモしておくメモ帳や筆記用具を用意しておきましょう。

それ自体が後に証拠になることもあり得ます。

離婚調停の持ち物(2) 申立書など、裁判所に提出した書類の写し、陳述書

家庭裁判所に提出した申立書の写しなどの離婚裁判に提出した書類のコピー、陳述書などを毎回持参しましょう。

申立書には、話し合いたい内容をチェックして書く部分もあります。

いくつか用意されている中から選ぶので、どれを選んだのか忘れてしまうこともあります。

そんな時にコピーがあると確認できて便利です。

提出した書類を確認せずに話を進め、意見が二転三転すると印象が最悪です。一貫した主張を心がけましょう。

離婚調停の持ち物(3) 呼び出し状

その他、離婚調停の時の持ち物として家庭裁判所からの呼び出し状があります。

これには、調停を行う部屋や調停開始の時間など大切なことが書かれています。

何時に自分がどこに行ったらいいのか、確認するためにも呼出状を持参すると良いでしょう。

離婚調停の持ち物(4) 本人確認書類

離婚調停というのは、調停委員の判断により話がまとまったと思えば突然終わることもあります。

念のために、書類作成に使用する身分証明書を毎回持ち物として持参しましょう。

離婚調停の持ち物(5) 認め印

離婚調停の書類を作る時、本人の印鑑が必要になります。

いつ調停委員から印鑑を求められても対応できるよう、認め印も忘れてはいけない持ち物となります。

離婚調停の持ち物(6) 暇を潰せるもの

離婚調停は意外と待ち時間が多いという話をよく聞きます。

また、前の調停が長引いた時は待合室で長い時間待たされることもあります。

何もせずに長い時間待たされるとストレスがたまって後の離婚調停でうまく話せないこともあります。

精神的に余裕をもって調停に望めるよう、本やスマホなど暇つぶしができるものを持ち物として持参しましょう。

弁護士がいれば調停を有利に進めることができる?

調停には弁護士は必要ないと思われる人もいるかも知れませんが、本当に必要ないのでしょうか?

離婚調停と弁護士の関係について最後にお話したいと思います。

調停のとき、弁護士は何をしてくれるの?

離婚調停は、夫婦で一緒に話すのではなく1人で調停委員と話をすることになります。

話が得意ではない人は、他人と話すだけでも緊張してしまうでしょう。

緊張から言わなくてはいけないことを言い忘れてしまうかも知れませんが、弁護士がいてくれれば安心して話せるということもありますね。

離婚調停の上手な話の運び方をレクチャーしてもらうこともできます。

離婚調停に向かう時の服装についても、弁護士に「この服装はどうですか?」と第三者的な意見を聞くこともできます。

調停で弁護士に依頼するメリットとは? 

弁護士は離婚調停に同席することが認められています。

弁護士に依頼することで、真剣に離婚問題を考えているということを調停委員にアピールすることもできます。

自分がうまく主張できないときに、代理人として意見を主張してもらうこともできます。

同席してもらわな意場合でも、離婚調停について相談して、どういう話をしたらいいのかなどアドバイスをもらうこともできるでしょう。

また、後に離婚裁判に発展した場合に、引き続き依頼することで、スムーズに手続きを進めることができます。

弁護士に依頼することは、1人で離婚調停を進めるよりも、たくさんのメリットがあるのです。

離婚調停を有利に進めたい場合は弁護士に相談することに越したことはないでしょう。

離婚調停の服装・持ち物、有利に進めるためにはどうすればいい?のまとめ

離婚調停に向いている服装とは

  • 華美になりすぎない服装
  • 清潔感がある服装
  • 規則正い生活を送っているという印象を与えられる服装
  • 子供のお手本になれるような服装

離婚調停で話し合うことから考えて、このような服装が好ましいでしょう。

それ以外にも、遅刻をしない、持ち物もご紹介した6つの持ち物は最低でも持参して忘れ物が無いというのもその人が垣間見える部分ですので大切にしていきましょう。

もっと離婚調停を有利に進めたいなら弁護士を雇うこともプラスになります。

万が一、離婚調停で話し合いがつかず裁判になってしまった場合でも、調停から弁護士に相談していたことでスムーズに離婚をすすめることができるでしょう。

離婚調停が控えている方はこちらの記事もおすすめ

離婚調停の関連記事はこちら

>>【関連記事】離婚調停の流れ(一回目)と当日の様子を徹底解説

>>【関連記事】離婚調停の陳述書とは?役割や書き方についても解説!

>>【関連記事】離婚調停を弁護士に依頼するメリットとは?

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費