カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

好きな人ができたから離婚したい!これって認められる?離婚するリスクは?

「好きな人ができたから」という理由での離婚は認められるのでしょうか。好きな人と新しい人生を歩むことができれば…と、つい自分勝手な考えが頭をよぎってしまった場合に、離婚はできるのでしょうか?離婚するリスクや慰謝料を請求された場合の対処法も紹介します。

「好きな人ができたから離婚したい」
「離婚したいけれど、そもそも離婚ができるのかや離婚後の生活が不安」
という方は、一度弁護士に相談してみることをおすすめします。
弁護士に相談することで、下記のようなメリットを得られる可能性があります。

Point

・パートナーに支払う慰謝料や離婚条件について、パートナーと交渉してくれる。
離婚後の生活設計についてアドバイスしてくれる。
・離婚後の生活が苦しくならないよう、財産分与や養育費等の請求を適切にサポートしてくれる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

「好きな人ができた」という理由で離婚はできる?

配偶者以外の人のことを好きになったため、離婚してもらうことは可能なのでしょうか?

好きな人ができたからと離婚できる?(1) 相手が離婚に応じれば可能

あなたの他に好きな人ができ、離婚してほしいという要望に相手が納得してくれれば離婚することは可能です。

そもそも離婚の話をする場合は、下記の図のような流れで進んでいきます。

離婚の流れ

まずは夫婦間で話し合いをします。このとき協議での離婚が成立しなければ、家庭裁判所の調停委員を含めた話し合い「調停」へ移行し、それでも話がつかなければ裁判へと移っていきます。

裁判までいってしまうと、あなたの離婚したい理由が裁判で認められるものである必要が出てきますが、協議や調停の段階でもし相手を説得することができれば、どのような理由でも離婚することができます

そのため、パートナーに離婚を納得してもらえるような態度や条件を示すことが重要と言えます。

好きな人ができたからと離婚できる?(2) 裁判で認められる離婚事由があれば裁判でも離婚可能 

前述したように、協議や調停で相手が離婚に同意してくれず、裁判まで移行した場合は裁判で認められる正当な離婚事由が必要となります。

裁判で認められる離婚事由とは、民法770条で定められている下記の内容です。

民法770条

(1)夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

例えば、相手が肉体関係のある不倫を繰り返していたり、長い期間に亘る別居生活があり、すでに夫婦関係が破綻していると判断できる場合等です。

このような場合は、一方当事者の意思で離婚可能です。

好きな人ができたからと離婚できる?(3) 法定離婚事由に該当する理由がなく、相手の同意もない場合は難しい

相手の同意を得られず裁判まで進んだ場合、「他に好きな人ができたから離婚してほしい」という理由での離婚は認められない可能性が高いです。

というのも、「好きな人ができたから」という離婚事由は、民法770条で定められている離婚事由に該当しないからです。

もしあなたが好きな人と不貞行為をしていた場合は、あなたは有責配偶者となるため、より離婚の請求は認められづらくなってしまいます。

しかし、例外的に有責配偶者からの離婚請求でも認められる場合もあるため、その例をご紹介します。

例外的に有責配偶者からの離婚が認められるケース

不貞を犯した側(有責配偶者)から離婚が例外的に認められるケースは、例えば下記のような場合です。

  • 夫婦がかなり長期間の別居状態にあること
  • 夫婦間に未成熟の子供がいないこと
  • 離婚することによって、相手方配偶者が社会的、経済的、精神的に過酷な状況に置かれないなど、離婚によって相手方に大きなダメージを受けるような事情がないこと

以上の3つの要件をすべて満たした場合にのみ、有責配偶者からの離婚が認められます。

不倫中の離婚について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

関連記事はこちら

>>【関連記事】不倫中の人は離婚できないの?|有責配偶者からの離婚が認められる場合

「好きな人ができた」という理由で離婚するリスクは?

配偶者以外の好きな人ができたという理由で離婚してほしいと要求した場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。

「好きな人ができた」という理由で離婚するリスク(1) 慰謝料を取られる可能性がある

もしあなたがその配偶者以外の「好きな人」と肉体関係のある不倫状態にあった場合、配偶者から慰謝料を請求される可能性があります。

慰謝料を請求できるかや、請求できる金額がどの程度になるかは、不貞行為の内容によって左右されます。そのため、配偶者があなたの不倫に気付いているなら、慰謝料請求のために探偵を使って証拠を集めている可能性も考えられるでしょう。

もし証拠をつかめていない場合でも、あなたが不倫関係を告白したときに録音されていれば、それが証拠となることもあります。

 「好きな人ができた」という理由で離婚するリスク(2) 周りの評判

配偶者以外の人を好きになって離婚することになったということが周りの人に知られると、あなたの評判が下がってしまうことも考えられます。

職場の同僚や友人から、同意を得られることは少ないかもしれません。

また、結婚は家と家との繋がりでもありますから、家族からも非難されてしまう可能性も。

周りの評判が気になる場合は、「好きな人ができたから」という正直な理由ではなく、離婚理由は伏せるようにしたりするのが良いでしょう。

「好きな人ができた」という理由で離婚するリスク(3) 配偶者を裏切ったことに後悔する

「好きな人ができた」という理由で離婚すると、離婚後、配偶者を裏切ったことを後悔することになる可能性もあります。

離婚してはじめて、その人を好きだったというよりも、配偶者以外の人を好きになるという非日常が楽しかっただけだったことに気づくことがあるかもしれません。

今の配偶者の優しさや愛情を後から実感しても、離婚してからでは遅いのです。

そのため、離婚を切り出す前に、本当に今の配偶者と離婚して後悔しないのか、本当に今の好きな人のことを好きなのかを今一度考える時間を設けてみるのが良いでしょう。

「好きな人ができた」という理由で離婚するリスク(4) 子供の親権がもらえない可能性が高い

もしあなたとあなたの好きな人の間に不貞行為があった場合、子どもの親権獲得に関して不利になる可能性が高いです。

そのため、離婚をする前に、子どもと好きな人のどちらが自分にとって大切かを真剣に考えた上で、配偶者と離婚するのか決断した方が良いでしょう。

とはいえ、不貞行為があったとして親権を獲得できる可能性もありますので、もし何度考えてもやはり離婚したいという思いが強く、且つ親権がほしいと考えている場合は、弁護士等の専門家に相談して、親権を獲得できるよう弁護士に相手と交渉してもらうのがおすすめです。

無料相談を受け付けている弁護士もいますので、お気軽にご相談ください。

配偶者以外を好きになったから離婚したいときは誰に相談するべき?

離婚はとても難しい問題です。

自分の本当の気持ちや離婚についての正確な情報が知りたいときは誰に相談すればよいのでしょうか。

配偶者以外を好きになったから離婚したいときの対処法(1) カウンセラーに相談する

好きな人ができたから離婚するというのは、先にも述べましたがかなりリスクがあります。

前述したように、もしかすると恋愛にどっぷりハマりすぎて周りが見えなくなっているだけかもしれません。

離婚に対する自分の気持ちがわからないときは、離婚専門のカウンセラーに相談をしましょう。

第三者からの客観的な意見を聞くことができ、自分が本当の気持ちが見えてくるかもしれません。

配偶者以外を好きになったから離婚したいときの対処法(2) 弁護士に相談する

リスクを考慮した上でどうしても離婚をしたい場合は、なるべく早いうちに弁護士に相談することをお勧めします。

前述したように、一般的に有責配偶者からの離婚請求は認められ難いですが、弁護士があなたに有利になるように話を進めてくれるかもしれません。

離婚話がこじれると裁判になることもありますので、やはり早期に弁護士に相談するのがよいでしょう。

Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

好きな人ができたという理由で離婚して、慰謝料を請求された場合はどうする?

前述したように、あなたとあなたの好きな人が不貞行為をしていた場合、配偶者から慰謝料を請求されることが考えられます。

不貞行為で請求される慰謝料の相場は、100~300万円程度です。

どの程度の期間不倫関係にあったのかや、あなたや不倫相手が妊娠しているかどうか等により、請求される慰謝料の相場が大きく代わってきます。

もし配偶者に慰謝料を請求された場合は、その慰謝料が妥当な金額であるのかや、もう少し減額できないか等を検討することで、あなたの負担を減らすことができる可能性があります。

慰謝料が妥当な金額であるのか等については、法律の専門家である弁護士に相談して、アドバイスをもらうのが良いでしょう。

もし慰謝料を減額できそうなら、弁護士が代理で相手と減額交渉を行ってくれる場合もありますし、弁護士が介入することで的確な判断をすることができ、あなたが損をする可能性がぐっと減ることが考えられます。

少しでも慰謝料についてお悩みのことがあれば、一度相談してみてください。

好きな人ができたから離婚したい!これって認められる?のまとめ

配偶者以外に好きな人ができたという理由で離婚することは、配偶者の合意があれば可能です。また、合意がなくても例外的に認められるケースがあることもご紹介してきました。

ですが、自分本位な理由で離婚することには必ずリスクがあることを忘れないでください。安易に離婚を考える前に、まずはご自身の状況を正確に把握して本当に離婚すべきかどうかをじっくり考えてみてください。離婚したからといって確実に好きな相手との新しい人生が始まるとは限らないので、後になって失ったものの大きさに気付くこともあるでしょう。

もし離婚に踏み切る決断をしたのなら、ぜひ早めに弁護士に相談しておきましょう。

Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

離婚や離婚事由で悩んでいる方は以下の記事もおすすめです

下記の関連記事もご参照ください。

離婚や離婚事由に関する関連記事はこちら

>>【関連記事】離婚事由を知ろう!民法が定める正当な離婚事由とは?
>>【関連記事】
離婚に関する民法の条文をすべて解説!|離婚を考えている人はまず民法を勉強しよう
>>【関連記事】浮気で精神的苦痛を受けたら慰謝料は請求できる?その疑問にお答えします!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費