特有財産と共有財産|2種類の財産が離婚時の財産分与の額を決める!

特有財産という言葉を聞いたことがあるでしょうか。よく離婚で財産分与について話し合うときに使われる言葉です。今回は、そんな特有財産についてお話しします。離婚の際にはお金のことでよく揉め事になりますが、離婚についての財産分与できる範囲などについては、前もって理解しておくことをおすすめします。

男女の事故・トラブル(1376)離婚(698)
目次

特有財産と共有財産とは?財産分与で重要?

離婚するときに最も揉める可能性が高いものの一つに財産分与があります。
 
財産分与とは、離婚のときに、一方が他方に財産を分けることを要求できる制度です。
 
財産分与として要求できる内容は、「夫婦の共有財産の清算」「慰謝料」「離婚後の生活保障」です。
 
このうち、夫婦の共通財産の清算とは、夫婦で築き上げた財産を離婚時に分割して分け合うということです。
 
その際、重要となるのは、どの財産が分割対象で、どの財産が分割対象ではないかでしょう。
 
では、分割対象か分割対象ではないか、の基準となる特有財産と共有財産につい見ていきましょう。

特有財産とは?|特有財産なら財産分与の対象にならない

特有財産とは、夫婦の一方が単独で有する財産のことをさします。
 
そして、特有財産は、財産分与における清算の対象にはなりません
 
財産分与は、夫婦が共同して築き上げた財産(共有財産)を分割するものだからです。
民法第762条 夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産をいう。)とする。
2  夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。

これって特有財産? (1) 結婚前にためていた貯金は特有財産

結婚前から持っていた財産は、夫婦が共同して築きあげた財産ではありませんから、特有財産です。
 
そのため、結婚前にためていた貯金は当然、特有財産とされ、離婚したときにも、財産分与の対象にはなりません。
 
独身時代に購入した宝石、アクセサリー、車、洋服なども同じです。

これって特有財産?(2) 結婚前から飼っていたペットも特有財産

離婚するときに、ペットが取り合いになることはよくあります。
 
ペットも、法律上は、現金や貯金などと同じ「財産」です。
 
もしも、結婚後に買ったペットですと共有財産となります。
 
しかし、生き物を分けることはできませんから、話し合いのうえ、今後、どちらが飼い続けるのかを決めなくてはなりません
 
結婚前から飼っていた場合には、特有財産なので、財産分与で揉める心配はありません。

これって特有財産?(3) 相続して手にした土地・現金も特有財産

親から相続した不動産、貯金、現金などの遺産も特有財産です。

夫婦が共同して築きあげた財産ではないからです。

相続ではなく、親から贈与(生前贈与)を受けた財産も同じです。

特有財産はここに注意!

財産分与の対象にならない特有財産。しかし、特有財産には、こんな難点もあります。

特有財産の難点(1) 特有財産だという証明の難しさ

相続による場合は、遺産分割協議書など、それが相続によって取得した事実を証明することは、容易である場合が多いといえます。

不動産や有価証券も、登記や購入時の記録から、容易に取得時期が判明しますので、証明に問題はありません。

しかし、次のような場合はどうでしょう。

  • 例えば、あなたが結婚前にためた500万円の貯金があったとします。
  • 結婚後、その500万円の口座から、1人で海外旅行にゆくためなど自分自身のためにお金を使い、夫婦二人の生活や娯楽のためにもお金を使いました。
  • 他方で、配偶者から毎月もらったお金も、同じ口座に入金していたとしましょう。

仮に、離婚時に500万円が残っていたとしても、いったいいくらが特有財産なのでしょうか。

結婚生活が長くなれば、事実上、その計算は困難です。

そのため、貯金について、お金の出し入れがあった場合には、特有財産として認められないことが多いのが現状です。

また、家具などについても、財産分与でもめて、こちらの特有財産であることを相手が否定したときには、それが特有財産であることを証明しなくてはならず、かなり大変でしょう。 

特有財産の難点(2) 特有財産だということを証明する手段

特有財産の証明は難しい場合があると説明しました。

では、特有財産であることを証明するためにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、宝石、貴金属、アクセサリーなどの物については、結婚前に買ったことがわかる年月日が明記されているレシート、保証書などが有効でしょう。

ペットについても、結婚前にワクチンを打ったりしていたら、その際の領収書なども良いでしょう。

貯金については、結婚した時点での貯金額は通帳から容易にわかりますが、結婚後、長期にわたり多数回の出入金があると、その入金、出金を、ひとつひとつ明らかにする必要が生じますが、事実上困難です。

したがって、離婚する場合のことを考えると、結婚前に貯金していた口座は、結婚後の口座とは分けて管理しておく必要があります。

特有財産の難点(3) 特有財産でも使ってしまったら返還は求められない

特有財産の貯金(500万)を、結婚後に、住居を新築する建築費に使ってしまったら、その貯金の500万円は特有財産だから返還を求めることはできるのでしょうか?
 
残念ながら、特有財産か否かが問題となる財産分与とは、離婚時に現に存在する財産を清算する制度です。
 
消費してしまった財産の返還を求めることは、制度の目的からはずれますので、認められません。
 
しかし、その住居は共有財産として清算の対象となりますので、建築費のうち500万円は、もともと特有財産から支出されたものであることを主張すべきです。
 
財産分与の内容は、最終的には、裁判所が、「一切の事情を考慮して」定めるので(民法768条第3項)、500万円を支出した事実も、有利に考慮してもらうことができます。

特有財産の難点(4) 特有財産でも特別な貢献があると財産分与にあたり考慮される

また、注意すべき点として、特有財産だからといって、絶対的に財産分与の対象から外れるというわけではないという点です。

たとえば、相続した家でも、増築することになり、増築資金として共有財産である結婚後の貯金を使った場合、その家自体は特有財産ですが、共有財産による増築で価値が増加した事情を考慮できます。

共有財産とは?|財産分与の対象となる財産

共有財産とは、夫婦が結婚後に協力して作った財産のことです。

そして、夫婦が結婚後に協力して作った財産は離婚するときに財産分与の対象となります。

これって共有財産?(1) 結婚後に始めた貯金は名義に関係なく共有財産

ここで、夫名義で貯金したお金は財産分与として半分もらえるのか気になる方もいると思います。

名義は妻でも夫でも共有財産なので、財産分与の対象になります。

共有財産は、半分に分割されることが原則です。

しかし、例えば夫が医師であり、病院の経営によって非常な高収入を得ていたというような場合、妻の貢献が50%ということはできないとした例があります。

逆に、旅館を家族経営していた場合に、財産の形成には、旅館の女将である妻の貢献の方が50%を超えて寄与していると判断される場合もあります。 

これって共有財産?(2) 密かに結婚してからためたへそくり

では、へそくりはどうなるのでしょう。

隠して貯めたとしても、夫婦の協力があったから貯められたので、共有財産です。

そのため、へそくりも財産分与の対象となります。

これって共有財産?(3) 結婚後に購入した相手名義の車

結婚後に購入した車は相手名義でも共有財産となります。

実際に乗っていたのがどちらか一方であったとしても、結婚後に購入している車なのであれば、それは共有財産となり、財産分与の対処となります

共有財産はここが難しい!

離婚をする際、共有財産はどのようにして範囲を決めるのでしょうか。また、共有財産ならではの難しい面も多々あります。

共有財産の難点(1) 財産価値の計算が面倒

共有財産が金銭なら良いものの、物の場合にはいくらの価値があるのかを出しにくいのが特徴です。

その財産の価値を計算する必要があるので、平等に分けるのが難しくなりがちです。

共有財産の難点(2) 隠されてしまうと探すのがかなり大変

離婚における財産分与が嫌で、貯金などを隠す可能性も考えられます。

そうなると探すのが面倒ですし、見つけられない可能性もあるでしょう。

共有財産を隠されると、探し出すのは非常に大変なのです。

だからといって、へそくり等共有財産を隠してよいことにはなりません。

財産隠しは法的リスクもあるので、注意しましょう。

離婚で貯めてたへそくりも折半?妻が財産分与を多くもらう方法とは

離婚時に貯金などを隠すリスク|財産隠しは犯罪になる?

財産分与などでもめそうなときにすべきこと

離婚時の財産分与でもめそうなとき、範囲を決められないときには、できるだけ冷静に対応をしていきましょう。

財産分与などでもめそうなときにできること(1) 確実に相手の財産状況を把握する

財産分与でもめそうなときには、できるだけ正確に相手の財産を把握するようにしてください。

結婚生活を振り返り、相手がどんな財産が持っているのか思い出してみましょう。

相手は財産を隠すかもしれないので、監視することも大切です。

財産分与などでもめそうなときにできること(2) 仮差押も考える

仮差し押さえとはあらかじめ財産を差押さえることで、本差押にによって有効になります。

仮差し押さえは裁判所に行き申し立てましょう。

その際には「疎明」という手続きが必要であり、差し押さえの財産は特定するのが原則となります。

具体的にどんな財産があるのかを把握しておく必要があります。

財産分与などでもめそうなときにできること(3) 弁護士に相談する

離婚時の財産分与はもめることが多く、両者が納得できずに離婚話が長引いてしまうことも少なくありません
 
財産分与や特定財産、共有財産については法的な部分も大きく関係しますので、素人だけで考えるのではなく、弁護士に相談すると安心です。
 
相手が財産を隠しているなどの場合にも、一度弁護士に相談してみましょう。

財産分与などでお悩みの方は以下の記事もおすすめ

特有財産と共有財産|2種類の財産が離婚時の財産分与の額を決める!のまとめ

特有財産と共有財産については、自分達だけで決めることが難しいことが多いです。
 
実際に離婚をする際、財産分与でもめるケースが多いですが、特有財産や共有財産について予め知っておくことで、もめ事を避けることができるかもしれません。
 
また、離婚時の財産分与については法的な知識も必要になるため、専門家である弁護士にも相談をしながら話し合いを進めることをおすすめします。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部