男女問題 離婚

離婚したくないなら弁護士に相談を!弁護士に相談するべき理由とは?

離婚したくないときでも弁護士に相談するべきなのでしょうか?どのような理由であれ離婚する夫婦は多くいますが、中には離婚したくないと思う夫婦もいます。そんなときは弁護士に相談することで離婚を回避することができるかもしれません。

離婚したくないなら弁護士に相談するべき?

自分はまだ離婚したくないとはいっても、自分一人だけの力だけでは離婚の話がどんどん進められてしまうかもしれません。
 
そんなときには、弁護士に相談するのが得策でしょう。
 
弁護士は法律の専門家なので、離婚したくない意志がある場合にはいかにして離婚を回避できるかについて適切なアドバイスをくれるため、非常に頼りになります。

離婚したくない人のケース(1) 相手がまだ好きで離婚したくない人

離婚したくない理由の一つとして、相手がまだ好きだからということが挙げられます。
 
どのようにすれば離婚を回避できるのでしょうか。

基本的には自分が同意しなければ離婚は成立しない 

根本的に離婚というのは自分が離婚に同意さえしなければ、相手が何をいっても成立することはありません
 
逆に自分が離婚に同意して離婚届を提出してしまえば、その時点で離婚を覆すことはできないので注意が必要です。

離婚事由が自分にある場合には、同意しなくても離婚になることがある

自分が不貞行為(不倫)をしている場合や、別居が長年にわたっている場合などは、相手が離婚請求することができます

ただし、自分が離婚に同意しなくても相手の意思だけで離婚が成立し得るのは、以下の各号に当てはまる場合だけです

民法770条
①夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

離婚をしたくないなら弁護士に相談を!

もしも相手から離婚を切り出されたとしても、自分に何の原因もないなら必ずしも離婚に応じる必要はありません

この場合、カウンセリングや調停で夫婦生活を立て直せる場合もあります

このときに離婚に応じるべきか悩んだら弁護士に相談を行いましょう。

離婚したくない人のケース(2) 自分の不倫が原因で離婚を切り出された人

離婚したくない人のケースの中には、自分が不倫したことが原因というのが挙げられます。
 
この場合、弁護士に相談すれば離婚を回避できるのでしょうか。

離婚を避けることは難しい

もしも自分の不倫が原因で離婚を切り出された場合、民法770条1項1号の「不貞行為」に当たってしまいます

相手から離婚請求ができてしまうため、自分の意思に関係なく離婚が成立する可能性があるので離婚を避けることは難しくなるでしょう。

離婚を請求されたら弁護士に相談を!

いくら離婚したくないといっても離婚する可能性が十分にあるので、離婚請求された場合は弁護士に相談してみましょう
 
慰謝料・財産分与・親権・養育費などで代理人になってくれるので、今後の生活で後悔しないための対策ができます。

離婚したくない人のケース(3) 相手のことはもう好きではないけど、経済的な不安や子どもが心配で離婚したくない人

 相手よりも経済的な不安や子供のことを考えて離婚したくないという人もいます。
 
この場合、弁護士に相談するとどのようなアドバイスがもらえるのでしょうか。

離婚に伴いお金がもらえる場合がある

離婚に踏み切る場合は様々なお金がもらえる場合があります。
 
最初に財産分与、そして子どもがいれば養育費を支払ってくれる可能性が十分にあります
 
もしも相手が不貞行為やDVをしていれば慰謝料を請求できるので、まずは何が請求できるか弁護士に相談しましょう。

子どもは何を望んでいるのかを一番に考える

例えば、子供は親が自分のために我慢をしながら婚姻を継続することを望んでいるとは限りません
 
自分が親権をとった場合、養育費も請求でき、一人親が利用できる制度はたくさんあります
 
こちらの記事をご参考にしてください。
 
もしも親権を得ることができなかった場合でも面会交流権を得ることは可能です。
 
子供のことを第一に考え、夫婦で協議しましょう。
 
詳しくはこちらの記事をお読みください。

離婚するか悩んだら弁護士に相談を!

これまでにいくつもの離婚を解決してきた弁護士は、こういう事案では離婚にどれくらいかかる、相場としてお金はこれくらいもらえるということを実感として知っています
 
離婚したくないけど離婚に応じるかどうか少しでも迷っているなら、弁護士に相談するべきでしょう。
 
弁護士に相談することで自分一人では見えてこなかった道が見えるようになります
 

カケコムで弁護士相談するメリット5選

カケコムに在籍している弁護士なら、下記のようなことが可能です。

豊富な解決事例を元に最適なアドバイスをもらえる

カケコムには、不倫トラブルの解決事例が豊富にある弁護士が在籍しています。

解決事例が豊富な弁護士に相談をすれば、その豊富な経験に基づいた最適なアドバイスやサポートを受けることが可能です。

損をせず、自分に有利に交渉を進めていくためにも、不倫に関する解決事例が豊富な弁護士にご相談ください。

初回相談無料の弁護士が多数在籍

カケコムには、初回のご相談を無料で受け付けている弁護士が在籍しています。

そのため、初期費用を抑えつつ、自分と相性の良い弁護士かどうか等を予めご確認いただくことが可能です。

ぜひ無料相談を活用し、あなたに合った弁護士をお探しください。

女性弁護士へ相談することも可能

「配偶者に不倫されたという内容を男性弁護士に話すのには抵抗がある」という方もいらっしゃると思います。

カケコムなら女性弁護士も在籍しているので、例えば「夫の不倫が原因で離婚したいと思っているが、詳細な内容を男性弁護士に話すのには抵抗がある」という方にもお気軽にご相談いただけます。

夜間、土日祝日でも対応可能な場合がある

カケコムでは、夜間や土日祝日でもご相談を受け付けている弁護士も在籍していますので、仕事等が忙しく、平日の日中に弁護士事務所に出向くのが難しい方でもご相談いただくことが可能です。

一括相談と個別相談の両方が可能

カケコムでは、特定の弁護士を選ばず、ご相談内容をご記入、送信いただき、その内容を元に最適な弁護士からご連絡がいく「一括相談」と、各弁護士のプロフィールより相談したい弁護士を選んで頂き、メールやお電話にてご連絡していただく「個別相談」の両方が可能です。

「どの弁護士に依頼したら良いか分からない」「迷ってしまう」という方には、一括相談がおすすめです。入力も1分程度でできる簡単なものになるので、迷われている方は下記ボタンより一括相談をご送信ください。

カケコム内のプロフィールや記事をご覧いただき、特定の弁護士へ依頼されたい方は、個別相談がおすすめです。

弁護士プロフィールには弁護士の強みや弁護士が注力してご相談を受け付けている分野、今までの解決事例、料金表などが詳細に掲載されています。

ぜひ、記事の最後にある都道府県リストより、ご自身のお住みの地域に近い都道府県を選択いただき、ご希望に合う弁護士をお選びください。

離婚したくない人はこちらの記事も合わせて読んでみてください!

離婚したくないなら弁護士に相談を!弁護士に相談するべき理由とは?のまとめ

離婚したくないというのであれば弁護士に相談するのが得策ですが、どの弁護士に相談すれば分からない場合もあるでしょう。
 
ですが、カケコムの認定離婚弁護士見積もりなら、簡単な質問に答えるだけで、いくつもの離婚を解決してきた認定弁護士から無料で見積もりが届きます。
 
見積もりを見た上でその弁護士の先生に依頼するか判断することができるので、まずは気軽に相談をしてみてはいかがでしょうか。

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費