カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

離婚は簡単にできる?離婚を少しでも簡単にする方法5選

できることなら離婚は簡単にしたいものですよね。簡単に離婚するためにはどのようにすればよいのでしょうか。離婚の種類と離婚を少しでも簡単にする方法5つを紹介します。離婚しようか迷われている方、離婚に対してイメージの持てていない方は是非参考にしてみてください。

離婚は簡単にできる? 

どうしても離婚したいと思ったとき、簡単に離婚できたら良いなと思ったことはありませんか?

実は、離婚の仕方によっては簡単に離婚することができるのです。
 
簡単に離婚する方法とはどんな方法なのでしょうか。

離婚を簡単にするためには離婚協議を成立させられるかがポイント!

 

簡単に離婚する方法は3種類あります。

その中でも協議離婚が最も簡単に離婚ができるため、いかに離婚協議を成立させられるかがポイントになるでしょう。

協議離婚

最も簡単に離婚する方法として挙げられるのが、協議離婚です。

協議離婚であれば夫婦で話し合ってお互いに離婚に合意すれば、後は離婚届を提出するだけなので複雑な手続きなどを行う必要などもなく、非常に簡単に離婚することが可能です。

調停離婚

お互いが離婚に合意しなかった場合、調停を申し立てることになるので家庭裁判所で調停委員を介して話し合うことになります。

調停の場合、通常複数回の期日が開かれ、期間は半年に及ぶ場合があります。
 
協議離婚に比べて、時間や労力を必要とする離婚の方法です。

裁判離婚

調停も成立しなかった場合は裁判離婚に発展することになります。

裁判では法律の専門知識も必要になるので、弁護士でないと離婚を成立させるのは困難になるでしょう。

弁護士に依頼すると弁護士費用がかかりますし、調停と比べてもかなりの時間と費用がかかります

離婚を少しでも簡単にするためには

余計な時間や費用をかけないためには、簡単に離婚する方法を目指すことが大切です。

少しでも簡単に離婚するには、どのような離婚の仕方をするかが重要でしょう。

離婚を少しでも簡単にするために(1) 離婚協議を成立させるようしっかりと協議

調停や裁判にまで発展するとお互いに心身共に疲れてしまう可能性が高くなります
 
少しでも簡単に離婚を行いたいのであれば夫婦で協議をしっかりと行い、調停・裁判に発展しないようお互いに努力することが何よりも重要だといえます。

離婚を少しでも簡単にするために(2) 公正証書を作成する

公正証書を作成している場合だと取り決めた内容の証明力が高いため、後から蒸し返されにくく、トラブルを予防することが可能です

また、公正証書を作成することで調停調書や判決よりも簡単に強制執行をかけることが可能になります。

離婚を少しでも簡単にするために(3) 法定離婚事由の証拠を押さえる

簡単に離婚するためには、不貞行為などの法定離婚事由の証拠を押さえておくべきでしょう。

相手が不貞行為を行っていた場合であれば、探偵に依頼して確実な証拠を押さえることが重要になるでしょう。 

探偵に相談する

離婚を少しでも簡単にするために(4) 財産分与・養育費・慰謝料の額を欲張らない

協議離婚などの話し合いの際に金額で揉めることは多くあります
 
相手から多くを取ろうとすると話がこじれやすくなるため、金額を下げることも選択肢の一つです
 
ただし、必要以上に下げすぎないように注意しましょう。

離婚を少しでも簡単にするために(5) 早期に弁護士に依頼する

自分一人では難しくても、弁護士であれば代理人として示談をまとめてもらえるかもしれません

迷った際には、早期に弁護士に相談しましょう。

もし協議が成立しなくて調停・裁判に進んだとしても、自分で複雑な手続きをするよりもはるかに簡単で確実に離婚することができます

離婚で悩んでいる方は以下の記事もおすすめです

離婚は簡単にできる?離婚を少しでも簡単にする方法5選のまとめ

 
簡単に離婚する方法は多くありますが、それに至るまでの離婚の仕方も重要です。
 
離婚の仕方によっては予想以上に時間がかかるおそれがありますし、複雑な手続きなどが必要になって簡単に離婚できなくなる可能性があります。
 
できる限り協議離婚を目指しつつ、もしも話がこじれるようであれば早めに弁護士に相談することで可能な限り簡単に離婚できるでしょう。

タントくんに相談する

弁護士に相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費