カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

ヒステリー妻とは離婚できる?わがまま妻になる原因3つと対応策3つ

妻のヒステリーでお悩みではありませんか?本記事では、妻のヒステリーの原因と対策を解説しています。妻のヒステリーが原因で離婚を考えている方も、対策をご紹介していますので、参考にしてみてください。

離婚問題でお悩みではありませんか?
そんな方は、弁護士にご相談いただくことでさまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
そもそも離婚が認められるかや離婚の条件などのアドバイスをもらえる
・養育費や慰謝料など、自分にとって有利な条件で離婚できる
相手との交渉を代理で行ってくれる
離婚に必要な書類を不備なく作成できる

精神面のサポートもしてくれる

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

離婚を考えるほどのヒステリー妻になる原因とは?

離婚を考えるレベルのわがまま妻になってしまうのには多くの原因があります。

結婚後に妻がヒステリーになってしまったのは何が原因なのでしょうか?

原因(1) 家事・育児のストレス

妻がヒステリーになってしまう原因は、家事や育児などのストレスであることが考えられます。

毎日大変な家事や育児に追われて自分の時間が持てないと、ストレスが溜まってしまいます。

余裕が持てないのがヒステリー妻になる原因だといえるでしょう。

原因(2) 夫に対する不満感

妻がヒステリーになってしまう原因は、あなた自身にもあるかもしれません。

家事や育児を手伝ってほしいのに手伝ってくれないことをはじめ、夫に原因がある場合や、言いたいことがあるのに言えない状況下で思わず妻がヒステリーになってしまうようです。

原因(3) 結婚前はヒステリー癖を抑えていた

結婚前はヒステリーじゃなかったのに…という場合は、結婚前までヒステリーを抑えていた可能性があります。

元々ヒステリー癖があり、結婚して安心感などが生まれたことから我慢できなくなり、わがまま妻となってしまったのかもしれません。

ヒステリー妻への対応策は?

妻のヒステリーが日に日にひどくなっていく場合は何らかの対応策が必要になるでしょう。

どんな対応策があるのでしょうか。

対応策(1) 診察を受ける

もしも妻のヒステリーがひどくなる一方なら、対応策として一度病院で診察を受けさせるのが得策です。

日々のストレスなどが原因であることが考えられるため、薬などで抑えることができるのでヒステリーな妻を落ち着かせられるでしょう。

対応策(2) 夫婦カウンセリングを利用する 

ヒステリーな妻への対応策の一つとして、夫婦カウンセリングを利用するのもお勧めです。

妻がヒステリーになったのは夫に原因があるかもしれませんし、夫が協力しなければ妻のヒステリーが一向に改善しないかもしれません。

客観的な第三者を挟んで話し合いをしましょう。

対応策(3) 離婚を考える

様々な対応策を講じても最終的に妻のヒステリーが収まらなかった場合は、離婚を考えても致し方ありません。

やむなくヒステリーな妻と離婚するためには様々な準備が必要となります。

詳しくは次で解説していきます。

ヒステリー妻と離婚するためにはどうすればいい?

妻のヒステリーが改善できず、夫婦生活を続けることが難しいと考えた場合には離婚することになります。

離婚するためには何が必要なのでしょうか。

ヒステリー妻との離婚(1) 協議が成立しなければ調停へ

基本的に協議離婚を目指すことになりますが、妻がヒステリーだと話し合いに応じてくれない可能性があるので、一向に離婚できないという事態になりかねません。

しかし、調停離婚であれば家庭裁判所で調停委員を介して話し合うことができます

妻としても、第三者である調停委員を介せば、冷静な話合いができる可能性がありますので、調停を視野に入れておきましょう。

ヒステリー妻との離婚(2) 弁護士に相談を

離婚を決意したとしても、ヒステリー妻との交渉は難しいのが現状です。

何を話しても聞く耳を持ってくれない可能性がありますし、時間もかかってしまうでしょう。

そんなときに弁護士に交渉を代理してもらうことが重要になってきます。

親権、財産分与などについての話し合いも弁護士であれば有利に進められるので、是非とも弁護士に相談しましょう。

離婚に関する関連記事はこちら

まとめ

様々な原因があるとはいえ、妻のヒステリーは実に厄介なものです。

少しのことで騒ぎ立てたり、夫に精神的な苦痛を与えたりと生活に支障が出やすくなるでしょう。

妻のヒステリーには夫が関係している可能性があるので、すぐに離婚しようとせずに対応策を講じるのが得策です。

それでも妻のヒステリーが改善しなかったら、離婚できないか弁護士に相談してみましょう。

Point

カケコムが9,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

 

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費