「不倫でもいい」と考えることが危険な理由とは?

不倫でもいい、と考えてしまう女性の心理を解説します。もっとも、割り切った不倫だから大丈夫だと考えていても、思いもよらぬリスクがひそんでいることもあるのです。不倫でもいいと思っていたのに突然、高額な慰謝料を請求された場合の対処法も一緒にご紹介します。

不倫(292)男女の事故・トラブル(1201)
目次

「不倫でもいい」と考えていませんか?

不倫でもいい、と思って関係を続けることありますよね。

女性が「不倫でもいい」というときには、いったいどんな心理が隠されているのでしょうか?

また、一見割り切った不倫であっても、思いもよらないリスクが存在することもあります。

トラブルになった場合の対処法も一緒にご紹介します。

女性が「不倫でもいい」と考える心理

不倫でもいい、という言葉には、実はこんな心理が隠れているのです。

あなたには思い当たるものがありますか?

「不倫でもいい」と考える心理(1) 不倫相手のことが本当に好き

「不倫でもいいから一緒にいたい」、という場合があります。

これは、不倫相手のことが本当に好きだからこそ出る言葉です。

一番になれなくてもいいから一緒にいたいという気持ちの表れだといえるでしょう。

「不倫でもいい」と考える心理(2) 本当は不倫相手と結ばれたいが諦めている

不倫「でも」いいということは、実は不倫相手と結ばれたいという気持ちが隠れていることがあります。

本当は不倫ではなく結婚したいけれど、「仕方ないから不倫でもいいや…」という場合です。

「不倫でもいい」と考える心理(3) 不倫相手との関係を切りたくない

不倫相手との関係を切りたくない気持ちから「不倫でもいい」ということもあります。

今すぐ結婚したいというわけではないけれど、一緒にいられなくなるのは嫌だ、と考えるパターンです。

「不倫でもいい」と考えて不倫を続けるリスクとは?

不倫でもいいと考えて続けた関係。

でもそこにはこんな落とし穴が潜んでいたのです。

「不倫でもいい」のリスク(1) 割り切れなくなってくる可能性がある

割り切った不倫だから大丈夫、と思っていませんか?

不倫において、本気で好きになることはないから、と思っていても、「気づけば本気になっていた…」ということも少なくありません。

割りきれなくなった結果「不倫でもいい」が「不倫じゃ嫌」になることだってあるのです。

「不倫でもいい」のリスク(2) 不倫癖がついてしまう

不倫でもいいから一緒にいたい、と思っているうちに、不倫癖がついてしまうことがあります。

不倫を続けるうちに不倫への抵抗感が失われ、気づけば不倫から抜け出せなくなっていた…ということになってからは遅いのです。

「不倫でもいい」のリスク(3) 婚期を逃す

不倫でもいいからと好きな人と過ごし続けた結果、出会いがなくなり、婚期を逃すことは少なくありません。

将来的に結婚を考えている場合は早めに不倫から卒業した方がいいでしょう。

「不倫でもいい」のリスク(4) 信用を失う

不倫でも一緒にいられればいいからと愛を貫いた結果、不倫が周囲にバレて信用を失うことがあります。

家族に失望されたり、友人から距離を置かれるだけでなく、仕事で左遷されたり退職を勧められることも少なくありません。

「不倫でもいい」のリスク(5) 不倫相手の配偶者からの多額の慰謝料請求

不倫でも好きだからいいだろうと思って関係を続けていても、それはあくまでも不倫です。

不倫相手には配偶者がいる以上、怒った配偶者から多額の慰謝料請求をされることも少なくありません。

慰謝料の相場は100万円から200万円だといわれていますが、期間の長さや頻度、不倫相手の家庭を壊したかどうかなどでもっと高額になることもあるのです。

不倫相手の配偶者に慰謝料を請求されたら

不倫でもいいから一緒にいたい、と思っていただけなのに不倫相手の配偶者に慰謝料を請求されてしまった!

そんなときの対処法はこちらです。

弁護士へ相談を

慰謝料の請求をされた場合、どんなに理由のある不倫でもいいわけはできません。

しかし、不倫相手の配偶者の考えている事情が実際とは違っていたり、相場よりも高い慰謝料を請求されることは少なくありません。

そのため、慰謝料請求をされた場合はすみやかに弁護士へ相談することが大切です。

弁護士は法律やトラブル解決のプロなので、交渉を代行してもらうことであなたにとってベストな解決へと導いてくれるでしょう

「不倫でもいい」と考えることが危険な理由とは?のまとめ

「不倫でもいい」という言葉の裏には様々な心理が隠されていました。

はじめはただ好きだっただけでも、色んな気持ちが錯綜するうちにリスクを抱える危険は少なくありません。

こういったリスクの中には自分でしか解決できないものもあります。

しかし、慰謝料を請求された場合は弁護士に相談することで自分にとってベストの解決が可能です。

慰謝料請求をされた場合は、問題が大きくなる前に、できるだけ早く弁護士に相談することがおすすめです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部