離婚の兆候7選|離婚危機の回避方法とは?

最近なんだか配偶者としっくりいかない。そんな不安を抱えていませんか。それは離婚の危機の予兆かもしれません。離婚の兆候は生活の随所に隠れています。離婚の兆候を見逃さないことが夫婦の危機を回避する方法です。今日は離婚の兆候がでたときの回避方法と対策をご紹介します。

男女の事故・トラブル(1364)離婚(625)
目次

離婚する夫婦に共通する兆候とは?

離婚前の夫婦にあらわれる離婚の兆候にはいくつかのパターンがあります。
 
本人たちは気づかなくても、離婚の危機が静かに近づいているのです。
 
そんな離婚の兆候をいち早く見つけて対処できれば、離婚の危機は回避できる場合もあります。
 
どんな夫婦の場合でも離婚の前兆・予兆はあります。
 
離婚の危機とその兆候についてご紹介します。

離婚の兆候7選|これに当てはまったら要注意?

離婚の兆候は夫婦によって変わってきます。
 
ここでは代表的な離婚の兆候を7つ見ていきます。
 
この特徴にあてはまったら離婚の危機が近づいているのかも。

離婚の兆候(1) 生活リズムが一致しない

夫婦間のコミュニケーションは大事です。
 
いくら付き合いが長くても、生活のリズムが一致しなければ気持ちのすれ違いも多くなり離婚の兆候・喧嘩へとつながります。
 
  • 最近顔をしっかり見ていない。
  • しばらく口をきいていない。
そんなことが離婚の兆候になってしまいます。

離婚の兆候(2) 相手の行動に対して疑い深くなった

結婚してから、交際していたときは知らなかった相手の性格や人間性がわかってくることもあります。
 
どれだけ好きな人でも、ほんのささいな嘘や言い訳が原因で少しずつ相手に対する不信感が募っていくでしょう。
 
配偶者の行動を疑うようになったら離婚の兆候である場合が多いです。

離婚の兆候(3) コミュニケーションが減った

生活リズムが一致しないことが離婚の兆候だというお話をしましたが、その中にコミュニケーション不足もあります。
 
何気ない挨拶やねぎらいの言葉も、夫婦の関係性を維持するのに大切なコミュニケーションとなります。
  • 配偶者に相談せずに物事を決めてしまう
  • 相手の立場で物事を考えなくなった

夫婦のコミュニケーションが減ることにより、共同生活にはあってはならない自己中心的な行動をするようになり、離婚の危機を招くのが特徴です。

離婚の兆候(4) 帰りが遅くなった

個人でのスタンドプレイが多くなり、夫婦ではなく同居人のような関係になったとき、家に帰ることすら楽しく感じなくなってきます。
 
配偶者の帰りが遅くなるというのも離婚の兆候です。
 
仕事以外の用事、飲み会や付き合いと称して帰りが遅くなることが多くなったら離婚の兆候として考えてみましょう。

離婚の兆候(5) 一人での外出が増えた

浮気を疑うわけではありませんが、今まで休日も一緒に過ごしていた夫婦が一人で外出する機会が増えたら、それは離婚の兆候であるといえます。
  • 夫(妻)といても楽しくない
  • むしろ一緒に行動するのが疎ましく感じる

そんな気持ちが、一人での外出という行動となってあらわれるのが特徴です。

離婚の兆候(6) セックスレス

離婚の前兆・予兆としての代表的な行動といえるのがセックスレスです。
 
忙しくてクタクタである場合を除いて、セックスレスは配偶者に対して異性としての魅力を感じなくなった証拠といえるでしょう。
 
何だかんだと理由をつけて夫婦の夜の生活を避けるのは、浮気の可能性を秘めている場合もあり、深刻な離婚の兆候といえるでしょう。

離婚の兆候(7) 浮気をし始めた

確実な離婚の兆候の特徴として配偶者の浮気があります。
 
夫や妻への不信感や不満がつのり、いよいよ関心が外へ向けて動き出した前兆です。
 
配偶者が浮気をはじめたら、離婚の危機はすぐそこまで迫っていると思ってもよいでしょう。

離婚の予兆が見え始めたら?離婚を回避する方法

離婚の予兆は、夫婦の日常生活のあちこちに隠れています。
 
そんな離婚の兆候が見え始めたら、慌てず離婚を回避するために行動しましょう。

離婚の前兆に当てはまったら(1) 話し合いの時間を設け、不満をはっきりさせる

夫婦の離婚の兆候は、夫婦間の気持ちのすれ違いであることがほとんどです。

忙しさにかまけて話し合う機会がなかったのではありませんか。

離婚の兆候があらわれたら、夫婦二人だけの話し合いの時間を設けて、お互いの不満を相手に伝えそれを夫婦で解決していきましょう。

離婚の前兆に当てはまったら(2) 夫婦カウンセリングを利用する

夫婦で話し合おうとしても、すぐに喧嘩になってしまって冷静に話せないという人もいるでしょう。

だからといって自分の不満を伝えずに我慢していては離婚の危機は回避できません。

離婚の兆候があらわれたら、自分が我慢すればいいという考えは逆に離婚回避にはつながりません。

夫婦の不満を聞いてくれる夫婦カウンセリングというサービスがあります。

カウンセラーに話をするうちに、自分の気持ちを整理し相手の気持ちを理解できる場合もあります。 

離婚の前兆に当てはまったら(3) 離婚後の計画を立ててみる

離婚の前兆が見えてきたら、その先の離婚について考えてみるのも離婚回避の方法になることもあります。

特に金銭的なことを具体的に計算してみると、離婚したあとの苦しい生活が見えてきて、離婚の兆候が見えていてもとたんに「離婚は避けよう」という気持ちになり夫婦仲を回復させる努力を親権にはじめる人も多いものです。

実際に離婚するしないに関わらず離婚の兆候が見えたら「離婚したら自分はこの先どうするのか」ということを考えておくことは悪いことではありません。

離婚を考えたら

離婚の兆候が見えてきて、回避方法も試したけれどそれでも離婚したいと考えたとき、その場の流れで離婚を進めるとあとで後悔してしまうこともあります。

離婚したいと考えたら(1) しっかりと協議する

夫婦の合意があれば、離婚届を市町村役場に提出するだけで離婚することができます(協議離婚)。
 
しかし、安易に離婚してしまうと後から財産分与や親権・養育費などの問題が出てきます。
 
離婚の兆候があらわれ、夫婦で話し合った結果離婚ということになった場合でも、しっかりと夫婦間で協議をして、公正証書を作っておくとよいでしょう。

離婚したいとなったら(2) 調停を申し立てる

離婚の兆候が見えてきた夫婦が、具体的に離婚の話し合いをはじめたとき、二人の希望など折り合いがつかず協議が難航する場合も少なくありません。
 
そんなときには地方裁判所に離婚調停を申し立て、第三者である調停委員を間に入れてどのように離婚したらいいのか、本当に離婚するのが良いのか話し合い考え直してみることができます。
 
離婚調停を申し立てたら必ず離婚しなければいけないわけではありません。
 
途中で気が変わって申し立てを取り下げる人も少なくありませんので、気負わず利用を検討しましょう。

離婚したいとなったら(3) 弁護士に相談を!

離婚の兆候があらわれ、離婚を考えはじめたら早めに弁護士に相談しましょう。
 
離婚には財産分与や慰謝料、親権や養育費など法律問題もたくさんあります。
 
直接話し合うと口論になってしまう相手とも、弁護士に代理人になってもらうことでスムーズに離婚話をすすめることができます。

離婚の兆候7選|離婚危機の回避方法とは?のまとめ

離婚の兆候の特徴7つと、離婚の回避方法、実際に離婚を考えはじめたらしたいことをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
 
離婚の兆候はどんな夫婦でもありそうなことから、確実に夫婦関係が壊れかけていると判断できることまで程度も色々でした。
 
まずは夫婦間でお互いの不満や心配事を相手に伝えることからはじめましょう。
 
それでも離婚しかないと思えたら、まずは弁護士に相談しましょう。
 
離婚のときの財産分与・慰謝料などの取り決めの代理人となってくれるので自分に有利に離婚話をすすめることができるでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部