離婚の証人って何?~離婚の証人をわかりやすく解説~

離婚の証人を見つける困ったことはありませんか?離婚を決めて話し合いをした結果、離婚届を作成して役所に提出しようと考えている人の壁になることが多いのが離婚の証人です。離婚届を作成するには必ず離婚の証人が必要であり、自分たちだけでは離婚届を完全には作成できないのです。今回は、この離婚の証人についてお話します。

男女の事故・トラブル(1202)離婚(548)
目次

離婚の証人って何?~離婚の証人をわかりやすく解説~

2b2c8b94ad48921f2a1e254a62a37ee4_s


離婚における「証人」といわれても頼まれたことがない人や、離婚を経験したことがない人にはどのようなものなのかピンときませんよね。

むしろ証人といわれると、「連帯保証人」のような何かあった時に巻き込まれる非常に厄介なものという認識を持たれている方も多いでしょう。

ドラマや漫画といったものの借金まみれになっている人の理由としても「連帯保証人になってしまってお金が…」的なニュアンスが使われるので、良いイメージは少ないと思われます。

それでは、この離婚の証人とは何なのか、気軽に頼めるものなのか、ポイントは何なのかを探っていきます。

離婚の証人とは?~離婚の証人の役割と責任

36f643f4b284b257f41fe7e64c541000_s

それでは離婚の証人の役割や意味についてお伝えしていきます。

この部分を理解しないと頼まれにくいですし頼みにくいです。

離婚の証人とは?

離婚の証人は、協議離婚の際に、離婚を証明する者として離婚届上に署名する人のことをいいます。

したがって、調停離婚や裁判離婚の場合に離婚の証人は必要ありません。

ただ、ほとんどの離婚は離婚届の提出により行われる「協議離婚」ですので、離婚の証人が必要になる場合は多いでしょう。

離婚の証人としては、成年2名が必要になります。

民法764条の準用する同739条2項の内容

離婚の届出は、当事者双方及び成年の証人2人以上が署名した書面で、又はこれらの者から口頭で、しなければならない。

離婚の証人にリスクは無い!?

まず最初に明言したいことはリスクについてです。

離婚の証人になった場合でもリスクはほとんどありません。ほぼ0であると考えてください。

というのも、離婚の証人とは「この人たちの離婚を知っている」という意味が込められているので、「この人たちの離婚に何かあった時の責任を取りますよ」という意味ではないのです。

あくまで離婚手続きというのは法律的に重大な手続きという扱いを受けているので、本来なら気軽に進めていいものではないのです。

そのため第三者がこのように離婚を証明する必要性が出てきます。

離婚の証人がいらないケースもある

離婚届を提出する際には第三者の立場にいる証人が必要なのですが、条件次第ではこの証人が不要になることもあります。

実は、この証人が必要な状況というのは夫婦間の話し合いで決着がつく協議離婚において必要なものなので、話がこじれて調停離婚や裁判離婚にまで発展してしまっている人にとっては不要になるのです。

この場合は夫婦の離婚に対して裁判官や調停員が間に入っているため不要になるとのことです。

離婚の証人がいるケース・いらないケースもある

離婚届を提出する際には第三者の立場にいる証人が必要です。ただし、条件次第ではこの証人が不要になることもあります。証人は、夫婦間の話し合いで決着がつく協議離婚において必要です。

証人の目的は

  • 離婚が本当かどうかを確かめるため
  • 離婚に対する覚悟を持たせるため

であるため、夫婦間のみで話が進んでいるときにのみ求められます。

つまり、協議離婚中に話がこじれてしまい、調停離婚や裁判離婚にまで発展してしまっている人にとっては不要になるのです。調停離婚や裁判離婚の場合は、強制的に裁判官や調停員が間に入るため、証人を用意する必要がありません。

つまり協議離婚で離婚が成立する場合は証人が必要で、調停や裁判にまで話がもつれ込んだ場合は不要とお考え下さい。

離婚の証人になれる人~夫婦の子どもは証人になれる?

9297bf598d9ae7db89befa74f24538fc_s


それでは、誰なら証人として扱えるのかを確認していきましょう。この部分を理解しないと頼めないですよね。

民法を理解する!|未成年の子供ならNG、成年の子供ならOK

離婚の手続きといったものは、民法の中に色々と定義づけられているので、その部分を読み込めばある程度理解できる部分もあるのです。

今回の場合は民法第764条に該当していて「前項(離婚届)の届出は、当事者双方及び成年の証人二人以上から、口頭又は署名した書面で、これをしなければならない」という記載があるのです。

つまり、離婚の証人は成人している人であればだれでもOKだということになります。

20歳以上の人なら親兄弟や子供でも問題ないですし、他人でも全く問題ないということになるんです。

現実的には親兄弟と友人が多い

民法上他人でも可能とは言われていますが、他人に「離婚の証人になってください!」といきなり言えるわけないですし、言われた側も素直に頷けるわけありません。

そのため、実際にこの離婚の証人になっている人は離婚当事者の両親であったり、兄弟姉妹であったり、友人が担当してあげるケースが多いようです。

実際に、リスクはほとんどないということを説明できるのなら親兄弟、そして友人にも離婚の証人を頼みやすいのではないでしょうか。

一人では駄目

離婚の証人は2人以上が必要です。

したがって、証人1人では離婚届は受理されません。

離婚の証人を用意できないからといって当事者が成りすましてしまった場合、偽造罪が成立しますので、なりすましをしてはいけません。

離婚の証人がいない・見つからない場合

1349665e2fb831e0151963b7da65fcf8_s

この離婚の証人で問題となるのが、頼める人がいない場合です。

いくらリスクがないとしてもこのようなことを頼める人がそもそもそばにいないということはよくあります。

離婚の証人代行サービスがある!

離婚届を作成している時に面倒に感じてしまう離婚の証人を用意することですが、身近に頼れる親兄弟や友人がいる方ならそこまで問題は無いでしょう。

しかし、身近にそのような人が全くいないという方はここが最大の壁になることがあります。

そんな人たちの強い味方が、この「離婚の証人代行サービス」です。

この離婚届における離婚の証人は法的な責任がなくリスクがほとんど無いことからこのようなサービスがあるのでしょう。

これは離婚届を離婚の証人以外の欄を埋めて証人代行サービス業者へ郵送し、送り返してもらうといった簡単なもので、3営業日で終わるものとなっており、急いでいる時にも効果的なものとなっています。

行政書士会に所属している事務所に依頼する

行政書士会に所属している事務所に依頼すると、相談料を含めて2~3万円くらいの費用が掛かります。そのぶん守秘義務が徹底されているため漏洩の心配はありません。

個人で離婚証人代行(士会に入っていない)をやっている人に依頼する

個人で代行サービスを行っているサイトに依頼することも可能です。離婚に関する証人は、成人(成年年齢である20歳以上の男女)であれば誰でも良いとされているため、士会への加入の有無は関係ありません。

すべて郵送でやりとりを行う場所が多く、料金相場も2名分で1万円と比較的安価な場合が多いです。

詳しくは以下のページもご確認ください。

→離婚届証人代行サービスってなに?|メリット・デメリットを解説!

弁護士に依頼するのも可能

離婚問題はこのような証人を見つけるといったもの以外にもたくさんあります。

養育費・親権問題・財産分与などなど、トラブルの種は際限なくあるのです。

そのため、人によっては公正証書作成のために弁護士に相談しながら進めている方もいるでしょう。

そのような人たちは、離婚の証人に弁護士になってもらうのが近道かもしれません。

これは、成人しているならだれでもよいので、依頼している弁護士でも問題なく離婚の証人となってくれるのです。

証人欄を空白のまま提出しても受理されない

「夫婦間で話が決まっているのだから、証人なんて必要ないじゃないか」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、離婚届には成人2人以上が署名した書面が必要と法律で明記されています。(民法第739条)

空白のままで提出しても受理されませんし、証人を偽装すると罪に問われる可能性も出てきます。

身内や友人には中々頼みづらい場合は、代行を使うことも検討してみてください。

離婚届の証人について知りたい人はこちらもお読みください

離婚の証人って何?~離婚をする際に気を付けるポイントのまとめ

dc47b7e182487f273a2599cfbb4aa930_s


離婚は当事者だけの問題と考えている人も多いでしょうが、周りに負担をかけたくないため粛々と進めたいと思っている人もかなりいるのです。

その際にネックになるのが離婚の証人探しです。

離婚とは重大な人生の岐路なので、親兄弟に相談するというのは良いことだと思いますが、人によっては親兄弟に頼りたくないという方もい\\\るのでしょう。

そのような人たちは弁護士離婚の証人代行サービスを利用することをお勧めします。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部