離婚のきっかけ10選!離婚経験者が離婚を決意したタイミングは?

離婚を考えている妻にとって、どんな原因が離婚を決意するきっかけになるのでしょうか。離婚のきっかけや原因は人によってそれぞれですが、どんな理由があるのかは気になるところではないでしょうか?離婚を考えたら、まず何をするべきなのか考えてみましょう。

男女の事故・トラブル(1202)離婚(548)
目次

離婚経験者の離婚のきっかけは?

離婚を経験した人にとって、離婚を決意したきっかけというのは多くの事例があります。
 
どうしても旦那に許せない部分が見つかったり、浮気をされたり、借金や浪費癖があるなど夫婦関係が破綻してしまうようなきっかけが離婚を決意させるのでしょう。
 
離婚のきっかけや原因は人によってそれぞれであり、離婚に至るまでの経緯も複雑なものになります。

離婚のきっかけ10選

ここで、代表的な離婚のきっかけを10通り挙げていきます。
 
様々なきっかけが、もしかしたら自分の家庭にも当てはまっているかもしれません。

離婚のきっかけ(1) 夫婦喧嘩が絶えなかった

事ある毎に夫婦喧嘩を繰り返すようであれば、離婚を決意した方がお互いのためになるかもしれません。
 
夫婦喧嘩を繰り返す理由は多くありそうですが、どんな理由があろうと関係を修復できそうにないときは離婚する原因になっても仕方ないでしょう。

離婚のきっかけ(2) 借金があるのを隠していた

これまで滞りなく夫婦生活を送れていただけに、旦那が借金があるのを隠していた場合だと離婚の原因となり得ます

借金があるだけで夫婦生活がかなり違ってきますし、そんな重要なことを隠していたこと自体が許せないのかもしれません。

離婚のきっかけ(3) 家を空けることが多くなった

お互いにどちらかが家を空けることが多くなると、結婚した意味が本当にあるのか疑問に思うのではないでしょうか

少しの間だけならまだしも、頻繁に家を空けるようであれば離婚してもそこまで影響は少ないかもしれません。

離婚のきっかけ(4) 長期のセックスレス

一時期だけのセックスレスならともかく、長期にわたってセックスレスが続くと夫婦関係に亀裂が生じる原因となるでしょう。

性行為は夫婦生活において重要なものであり、それを疎かにしているようではお互いを求めていないということになりかねません

離婚のきっかけ(5) 子育ての方針の違い

子育ての方針はお互いの方針が合致してこそスムーズに子育てができるものですが、方針が合わないと些細なことで喧嘩に発展する可能性があるでしょう。

子育てに対する考えが違うだけでも言い争いが起こる原因となるため、離婚するきっかけになってもおかしくありません。

離婚のきっかけ(6) 家事と育児に協力してくれない

妻にとって家事や育児は大変かつ重要なことなのに、少しでも協力してくれない旦那に腹が立つようです。

家事や育児を一緒にしてこそ夫婦生活が成り立っているといっても過言ではないため、それを実践しない旦那とは離婚する原因となるでしょう。

離婚のきっかけ(7)  生活費を渡してくれない

夫婦生活において生活費がないと成り立たないのに、旦那が稼いだお金は自分のものだといって生活費を渡してくれないケースがあります。

生活費を渡してくれないなら夫婦生活を続ける意味がなくなるので、そのまま離婚してもそこまで影響が少ないといえるでしょう。

離婚のきっかけ(8) 自分の悪口を言っていた

ちょっとした小言ならまだしも、自分の悪口を頻繁に言うような旦那とは早めに離婚したいと思うのでしょう。

何か言いたいことがあるなら面と向かっていえばいいのに、悪口をいわれるだけなのは非常に不愉快なので離婚を決意するきっかけになり得ます。

離婚のきっかけ(9) モラハラやDV

夫婦生活に置いてモラハラやDVは立派な離婚の原因であり、早急に離婚しないとさらにエスカレートする可能性が高いです。
 
どちらも心身共に大きな影響を与えて今後の生活に支障が出る可能性があるため、早急に何とか対策を行った方が良いでしょう。

離婚のきっかけ(10) 不倫をされた 

旦那が平気で不倫をするような人なら、これ以上夫婦生活を続ける必要性が失われるでしょう。
 
中には不倫を許すケースもありますが、再び不倫を繰り返す可能性があるのでハッキリと離婚を決意した方が自分のためになります

どういう場合に離婚できる?

旦那との離婚を決意したとき、どのようにすれば離婚できるでしょうか。
 
離婚する前に様々な条件があることを確認しておきましょう。

お互いの合意があれば離婚可能

旦那との離婚を決意したとき、どのような理由があったとしてもお互いの合意があれば離婚することができます
 
最初は旦那が離婚に納得していなくても、合意を得るためにお互いに話し合う必要性があるといえるでしょう。

合意がなくても離婚事由があれば離婚できる場合がある

話し合いによってお互いの合意が得られないことも多々ありますが、下記の離婚事由があれば離婚できる可能性があります
 
したがって合意が得られない場合は、いずれかの離婚事由に当てはまっていないかしっかりと確認することが大切です。
民法770条
  1. 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    一 配偶者に不貞な行為があったとき。
    二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
    三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
    四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
    五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

些細な原因では離婚事由にあたらない

  • 相手のDVやモラハラ、
  • 不倫、
  • 浪費、
  • 過度な家事不協力

などは離婚原因になりますが、その他の夫婦喧嘩といった些細な理由では認められにくいです。

夫婦喧嘩が絶えないなどの理由で離婚したいのであれば、お互いの合意が必要になるので注意しましょう

離婚を考えたなら

様々な対策を行ってもなお問題が解決しないなら、離婚を考えた方が良いのかもしれません。
 
もし離婚を考えたなら、何をするべきなのでしょうか。

夫婦カウンセラーに相談する

旦那との離婚を考える前に、まずは夫婦カウンセラーに相談して何とか解決できないか試みてみましょう

カウンセラーに相談することで解決できる可能性がありますが、法律問題までは解決できないので調停や弁護士へ相談する必要性があります。

調停を申し立てる

旦那と早く離婚したいのであれば、調停を申し立てるのが得策です。

たとえ離婚を決意していなくても話し合いの場として調停は利用できます。
 
調停委員を介して離婚するか、どのように離婚できるかを話し合うことができるのでスムーズに離婚することができるでしょう。

弁護士に相談を

離婚では財産分与、親権、養育費、慰謝料など様々な法律問題が出てくるので個人だけでは対応しきれないでしょう。
 
法律の専門家である弁護士はこれらについて代理人として交渉してくれます。

離婚のきっかけ10選!離婚経験者が離婚を決意したタイミングは?のまとめ

妻が旦那と離婚したいと思うきっかけは実に多くあるといえるでしょう。
 
上記に挙げた理由以外にも様々なきっかけがあることから、結婚した当初は幸せでも夫婦生活が長くなるにつれてどんどん問題が露呈してくることもあり得ます。
 
もしも旦那との離婚を決意したとき、スムーズに離婚するためにも弁護士への相談がおすすめです。
この記事の作成者

カケコム編集部