二世帯同居はストレスだらけ?|二世帯同居のストレスの解消方法とは?

二世帯での同居でストレスが溜まったりうつ気味になっていませんか?妻にとって二世帯同居は離婚の原因になるほどストレスがたまるものですよね。二世帯同居でのストレス解消方法と一緒に、二世帯解消や離婚を考えた場合の取るべき方法をご紹介します。

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

二世帯同居がストレス…

夫の親との二世帯同居は大変ですよね。

中には、同居ストレスでうつになる人もいるのです。

実は、二世帯同居が離婚の原因になる夫婦も少なくありません。

そこで今回は、二世帯同居でのストレス解消方法と一緒に、二世帯解消や離婚を考えた場合の取るべき方法をご紹介します。

二世帯同居がストレスになる理由

二世帯同居のストレスでうつ気味になる場合や、二世帯のせいで離婚危機に陥る理由をご紹介します。

あなたに当てはまるものはありますか?

二世帯同居がストレスになる理由(1)  姑・舅との考え方や習慣の違い

二世帯同居がストレスやうつの原因となる理由として、姑・舅との考え方や習慣の違いが挙げられます。

自分の親との二世帯同居ならまだしも、赤の他人との同居は気を使わざるを得ませんよね。

家ごとの習慣の違いに馴染めず、二世帯同居が原因で離婚を考えてしまう女性は少なくありません。

二世帯同居がストレスになる理由(2)  夫が義父母の味方をする

二世帯同居でありがちなのが、夫が義父母の味方をするということです。

あなたが二世帯同居のストレスでうつ気味になっても夫が味方してくれないというのはつらいですよね。

夫にとっては実の親でも妻にとっては他人に過ぎないということを夫が理解していない場合は二世帯同居が原因で離婚危機に陥るケースもあります。

二世帯同居がストレスになる理由(3)  姑・舅が孫に干渉しすぎる

女性が二世帯同居を解消したいと思う場合として、姑・舅が孫に干渉しすぎるという場合があります。

義両親が子どもを甘やかしたり、しつけを妨害してくるとストレスが溜まりますよね。

「二世帯同居を続けるくらいなら離婚して一人で育てる」と考えてしまうのも不思議ではありません。

二世帯同居がストレスになる理由(4)  介護問題

同居中の義両親が在宅介護になると、同居ストレスに介護も加わってうつうつとした気分になっても不思議ではありません。

特に仲が悪い状態だとよりいっそうつらいですよね。

夫の協力のなさも相まって、二世帯同居が離婚の原因となる場合も少なくありません。

二世帯同居がストレスになる理由(5)  プライベートがない

二世帯同居のストレスの原因として、プライベートがないということが挙げられます。

誰にとっても自分だけの時間は必要なものです。

プライベートな時間がないせいで同居ストレスによるうつになるときはありませんか?

「二世帯解消には離婚しかない」と思い詰めてしまうこともあるのではないでしょうか。

二世帯同居がストレスになる理由(6)  家での疎外感

二世帯同居をしていて離婚が頭をよぎるときは、家での疎外感が原因の場合があります。

夫の親との二世帯同居では自分だけ血が繋がっていないことから、家での疎外感を抱く人は少なくありません。

同居のストレスがいっそうつらく感じる場面だといえるでしょう。

二世帯同居がストレスになる理由(7)  お金で義父母ともめる

二世帯同居では義父母と生計を一緒にしている場合が多いですよね。

そうなると、お金で義父母ともめることがしばしば生じます。

日々のお金の使い道や貯金、養育費など、揉め事が重なることで「二世帯同居を解消するか離婚しかない」と考えるようになるのも不思議ではありません。

二世帯同居のストレスを解消する方法

二世帯同居でのストレスでうつうつとした気分になる場合、解消するにはどうすればいいかご紹介します。

二世帯同居が原因で離婚が頭をよぎるときは試してみてはいかがでしょうか?

二世帯同居のストレスを解消する方法(1)  夫にストレスを伝え、話し合う

妻とは打って変わって、夫が二世帯同居にストレスを感じている場合はほとんどありません

そのため、自分にとって二世帯同居がいかにストレスになっているかを夫にストレスを伝え、話し合ってみましょう。

話してもピンとこない夫には「二世帯を解消するか離婚するか選んで」と意思表示するのも有用です。

二世帯同居のストレスを解消する方法(2)  自分なりのストレス解消方法を探す

二世帯同居でのストレスでうつ気味になった場合は、自分なりのストレス解消方法を探すことが一番です。

せっかく好きになった相手と結婚したのですから、二世帯だけを理由に離婚するのはもったいないですよね。

自分のために時間を使ったり、好きなことや興味のあることに取り組んでみると心に余裕が持てることでしょう。

二世帯同居のストレスを解消する方法(3)  同居の解消を検討する

二世帯同居のストレスでうつになったら、まずは二世帯同居の解消を検討しましょう。

二世帯生活で離婚を考えてしまう場合は、同居解消で改善する可能性があります。

まずは夫に同居の解消を提案し、二世帯解消を断られてから離婚を考えても遅くはありません

二世帯同居で離婚を考えたら

二世帯同居でのストレスやうつ状態に疲れてしまったら、二世帯生活を捨てて離婚したいと思うことも不思議ではありません。

では、離婚を考えた場合はどうすればいいのでしょうか?

ストレスの原因を特定し、解決できないか考える

離婚には経済的な問題や世間体の問題など、デメリットがつきまといます。

そのためまずは二世帯の解消をしその上で離婚を検討するのが良いでしょう。

同居ストレスによるうつの場合、ストレスの原因を取り除くことで状況が改善する場合も少なくありません。

調停を申し立てる

同居ストレスでうつ気味になったり、夫と話し合ってもうまくいかない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることが有用です。

調停では、調停委員に仲介になってもらえるため、二世帯同居が原因で離婚を考えるようになったことを夫に第三者の視点から伝えられるというメリットがあります。

離婚を決意していなくても調停は利用できるので、二世帯解消がされたら離婚しないと考えている場合でも利用できます。

離婚を考えたら弁護士に相談を!

離婚をするためには、財産分与・親権・養育費・慰謝料など決めるべき法的事柄が多くあります。

そこで頼れるのが法律の専門家である弁護士です。

弁護士は二世帯生活を理由とした離婚に関しても親身に相談に乗ってくれます。

それだけでなく、弁護士はあなたの代理人としてあなたに有利になるようにこれらについて交渉をしてくれるのです。

二世帯同居により離婚を考えたらなるべく早く弁護士に相談することをおすすめします。

二世帯同居はストレスだらけ?|二世帯同居のストレスの解消方法とは?のまとめ

義父母との同居ストレスでうつうつとした気分が続くのは大変ですよね。

二世帯生活に疲れて離婚を考えた場合は、まずは二世帯解消を検討するのが大切です。

二世帯解消を断念して離婚を考える場合は、早めに弁護士に相談することで、自分にとってより良い結果を得ることができるでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部