男女問題 離婚

セカンドパートナーとは?友達以上不倫未満、不倫との違いは性交渉?

セカンドパートナーとは、いったいどんな意味なのかご存知でしょうか。セカンドパートナーの定義を把握し、不倫とはどう違うのかを確認してみましょう。また配偶者にセカンドパートナーがいた場合、性交渉ありの場合となしの場合では離婚ではどう関係するのかについても解説していきます。 

セカンドパートナーって?不倫と違う?

配偶者にセカンドパートナーがいると知った時、あなたならどう対応しますか?
 
そもそも、セカンドパートナーとは一体どんな意味で、 不倫とはどう違うのか、離婚できるのかなど疑問点も多いですよね。
 
そんなセカンドパートナーとはどういう意味なのか、性交渉ありとなしではどう違うのか、会う頻度など、細かく確認していきましょう。
 
友達以上不倫未満ともいわれるセカンドパートナーの定義に迫ります。

セカンドパートナーってなに?


まずはセカンドパートナーとはどんな意味なのかについて解説します。

友達以上不倫未満なセカンドパートナーとはどういう意味を持つのでしょうか?

セカンドパートナーとは

セカンドパートナーとは、配偶者が「パートナー」と呼ばれることに対し、その次の存在である「セカンド」の位置にあたる関係をいいます。

セカンドパートナーはまさしく「友達以上不倫未満」の存在であり、アラフォー、アラフィフ世代で増加傾向にあるようです。

セカンドパートナーと不倫との違いは肉体関係の有無

セカンドパートナーと不倫の違いは、肉体関係ありか肉体関係なしかで決まります

セカンドパートナーとはハグや会う頻度は多いものの、男女の間に肉体関係はないことがほとんどです。

性交渉があればただの不倫に該当するため、不倫とは異なるセカンドパートナーが性交渉を伴わない関係なのは当然といえるでしょう。

異性の友人とも違う、新しい恋愛関係の形かもしれません。

肉体関係=性交渉・性交類似行為

セカンドパートナーは肉体関係がないといいましたが、肉体関係とは、性交渉や性交類似行為のことをいいます。
 
セカンドパートナーとの間に肉体関係はありか・なしかについてはよく問われますが、手をつないだりハグだけではそもそも肉体関係には含まれません

逆に性交渉等がある場合にはセカンドパートナーではなくただの不倫になります。

セカンドパートナーのよくある疑問

セカンドパートナーとはどういう意味なのかを理解した次には、よくある質問について回答していきます。 

セカンドパートナーとどこで出会う?

セカンドパートナーとは、特別な場所ではなく職場や習いごとなど普段から利用するような場所で出会うことが多いようです。

また、既婚者であっても実のパートナー以外との出会いを求めて、合コンや出会い系サイトなどでもセカンドパートナーと出会うこともあるようです。

セカンドパートナーとハグやキスはできる?

 セカンドパートナーとの関係は友達以上不倫未満とありますが、ハグは問題がなく、性交渉には含まれません
 
ただし、セカンドパートナーとのキスは性交類似行為に当たる可能性もあるので注意しましょう。

セカンドパートナーは違法?

セカンドパートナーとの関係は、不倫にならない限り違法になりません
 
性交渉等がなければ問題ないということになります。
配偶者にセカンドパートナーがいると知り、離婚を考える人もいますが、友達以上不倫未満である関係である以上、違法とはいえないのです。
 
詳しくは次で説明していきます。

妻/夫にセカンドパートナーがいた場合離婚できる?

配偶者にセカンドパートナーがいた場合、離婚を考えるのは当然のこと。しかし、実際にセカンドパートナーの存在を元に離婚は成立するのでしょうか? 

お互いの合意があれば離婚可能

配偶者にセカンドパートナーがいることで離婚をする場合、夫婦お互いの合意があれば離婚は可能です。
 
セカンドパートナーの存在は違法になりませんが、離婚について納得しているのであれば離婚は認められるでしょう。

合意がなくても離婚事由があれば離婚できる場合がある

セカンドパートナーの存在を理由に離婚を考えている場合、夫婦の合意がなくても離婚事由があれば離婚が成立する可能性があります。
 
離婚事由は、以下のように民法770条で定められています。 
民法770条
  1. 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    一 配偶者に不貞な行為があったとき。
    二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
    三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
    四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
    五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

セカンドパートナーとの性交渉等があれば、離婚事由に当たる

セカンドパートナーの存在は友達以上不倫未満といわれていますが、二人の間に性交渉・性交類似行為があれば、上記の民法770条1項1号の「不貞行為」に当たり、離婚事由があります。

ただ、この場合もはやセカンドパートナーではなくただの不倫になりますので、離婚は成立しやすいでしょう。

相手にセカンドパートナーがいて離婚を考えたら


妻や夫にセカンドパートナーがいて離婚を考えたら、まずは何から行動するべきなのでしょうか。

順序を追って考えていきましょう。

セカンドパートナーで離婚を考えたら(1) 夫婦カウンセラーに相談

セカンドパートナーの存在は、離婚もあり得る夫婦にとっても大きな問題となります。

そのため、夫婦カウンセラーに第三者として間に入ってもらいながら、離婚について相談するのは有効でしょう。

ただし法律問題に関しては解決できないので、調停などについては専門家である弁護士へ相談するのがベストです。

セカンドパートナーで離婚を考えたら(2) 調停を申し込む

セカンドパートナーがいることで離婚を考えているのなら、調停を申し込むのもおすすめです。

調停は離婚が決定していなくても申し立てることが可能なので、離婚を迷っている人もまずは申し込むと良いでしょう。

間に第三者を挟むことで、夫婦の問題について話し合いやすくなります

セカンドパートナーで離婚を考えたら(3) 早期に弁護士に相談を!

セカンドパートナーを理由に離婚をすると決めたなら、早めに弁護士に相談しましょう。

離婚では、慰謝料・財産分与・親権・養育費など様々な法律問題が出てきます。

法律の専門家である弁護士は、あなたの代理人としてこれらについて交渉を行ってくれます

関連記事としてこちらもおすすめです

セカンドパートナーとは?友達以上不倫未満、不倫との違いは肉体関係?のまとめ

セカンドパートナーの存在は、夫婦にとって離婚にもなり得る大きな問題となります。
 
セカンドパートナーは肉体関係があり・なし等の定義がありますが、例え友達以上不倫未満であっても、ハグをしたり会う頻度が高い相手がいるのはいい気がしないものです。
 
セカンドパートナーが原因で離婚を考えている場合には、迷わず専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費