携帯を勝手に見るのは犯罪?|携帯から浮気チェックするリスクとは?

ドラマやネットの体験談などでパートナーの浮気を疑ったときに携帯を勝手に見るという行動がよくあります。他人の携帯を本人に内緒で盗み見するのは犯罪・違法になる可能性はないのでしょうか。パートナーの浮気チェックとして携帯を勝手に見る前にそのリスクを知りましょう。 

目次

携帯を勝手に見るのは犯罪になる?

携帯を勝手に見るとき、こっそりと盗み見る罪悪感でドキドキするでしょう。
 
携帯チェックにの悪いことをやっているという感覚は誰にでもあるはずです。
 
相手に携帯を盗み見してチェックしているところを見つかったら雰囲気が悪くなります。
 
それだけでなく犯罪のリスクも考えられます。
 
今日は他人の携帯を勝手に見ることの違法性と浮気の証拠集めに効果的な方法をご紹介します。  

携帯を勝手に見るのは犯罪?

浮気チェックのために他人の携帯を勝手に見るのは犯罪として訴えられることなのでしょうか。
 
携帯盗み見てチェックすることの犯罪性を刑事責任、民事責任の両面から見てみましょう。 

携帯を勝手に見るだけでは犯罪にならない

単刀直入に答えからいうと、他人の携帯を覗き見したりチェックすることは「犯罪にはなりません」。

法律では「携帯を勝手に見ることを禁止する」というものはないからです。

しかし、次にあげる不正ログインなど携帯を勝手に見るときに行う行動が犯罪になり得る可能性もあります。

携帯から不正にログインすることは犯罪になり得る

携帯を勝手に見るその次は、相手のメールチェックをしたりSNSを覗き見したくなるでしょう。

このように他人の携帯を勝手に見るだけでなく、個人のSNSのアカウントにログインする場合には「不正アクセス禁止法違反」になり犯罪になる場合があります。

民事上の責任も負う

携帯を勝手に見ることによりパートナーのプライバシーを探ろうとすることは民事上の責任も負う場合があります。

  • パートナーのプライバシー侵害
  • メール等の送り主のプライバシー侵害 
このように盗み見た携帯の持ち主だけでなく、メールやLINEなどの場合は送り主のプライバシーも侵害したとして不法行為責任が成立します。
 
携帯を勝手に見ることは慰謝料の支払い義務を負うことになる場合もあるのです。

携帯を勝手に見るリスクとは?

他人の携帯を勝手に見ることは犯罪にはならないということはわかりました。
 
しかし、そこからの行動によっては色々なリスクを負うことになります。
 
携帯を勝手に見るリスクとはどのようなものなのでしょうか。

携帯を勝手に見るリスク(1) 刑事責任

パートナーの携帯を勝手に見るのは違法だという法律はなくても、上記のようなログイン行為等が不正アクセス禁止法違反となり得ます。

「携帯を覗き見するだけなら平気だろう」となにげなくやってしまった行動は、刑事責任ノリスクがあるのです。

携帯を勝手に見るリスク(2) 民事責任

他人の携帯を勝手に見ることは、相手のプライバシーの侵害になります。

また、メールチェックやLINEのやり取りを覗き見することもパートナーだけでなくその会話の相手のプライバシーを侵害することになってしまいます。

携帯を勝手に見る行動はパートナーとその相手の両者から慰謝料を請求されてしまう可能性があります。

携帯を勝手に見るリスク(3) 浮気調査していることがバレたら証拠収集が困難に

携帯を勝手に見るリスクは犯罪リスクだけとは限りません。
 
他人がこっそり携帯を勝手に見ることができるとパートナーにバレたら「証拠隠滅」されたり「警戒される」ことになるでしょう。
 
それ以降のチェックがしづらくなり証拠収集が難しくなってくるというリスクもあります。 

探偵に相談して安全で確実な証拠収集を

「簡単に自分でもできそうだから」という理由で携帯を勝手に見ることもあるでしょう。
 
しかし、浮気の証拠を集めるには携帯を勝手に見ることよりも、もっと安全で確実な「探偵に相談する」方法をおすすめします。

探偵で証拠収集(1) 浮気調査のリスクを回避できる

探偵はプロとして行動していますので、犯罪になるような証拠収集の方法は選びません。

探偵の顔をパートナーは知らないのですから、覗き見がバレて相手に警戒される可能性も非常に低いでしょう。

探偵に浮気の証拠収集をしてもらうことで携帯を勝手に見ることで発生する

上記のリスクを回避することができます。

探偵で証拠収集(2) 有力な証拠を収集できる

携帯を勝手に見ることで得られるメールのやりとりには非常に曖昧な場合があります。

そのため、メールチェック等で得られる情報は有効な証拠にならないこともあります。

探偵は証拠収集の専門家です。
 
それまでの実績から何が証拠となるのか理解しており、メールを勝手に見ることよりも確実な浮気の証拠が得られる可能性が高くなります。

探偵で証拠収集(3) 明確な証拠を得ることで言い逃れできなくさせられる

探偵の収集する浮気の証拠は、誰が見ても「これは浮気をしている」という明確な証拠です。

そんな証拠を突きつけられたら、いくら口のうまいパートナーでも言い逃れできなくなる可能性が高いでしょう。

携帯を勝手に見るだけで得られる情報では相手にうまくごまかされてしまう心配がある場合は探偵に証拠収集を頼みましょう。

探偵で証拠収集(4) もし何もなかった場合でも安心できる

相手の携帯を勝手に見るときは、疑わしい気持ちがあるけれど確実ではないという場合でしょう。

ただの疑心暗鬼で本当は浮気をしていないということもあります。

携帯を勝手に見ることで余計に心配になり、心がモヤモヤとしてしまう場合もあります。

そんなときでも、探偵に調査してもらい「浮気の事実がない」とわかれば「自分の思い過ごしだった」と安心することができます。

探偵で証拠収集(5) まずは相談から

パートナーの浮気を疑っているときは、携帯を勝手に見ることは避けて探偵に浮気の証拠収集を頼みましょう。

探偵は大げさではないかと思っている人も、相談だけなら無料でおこなっている探偵事務所はたくさんあります。

相談してから依頼するかしないか決めることができますので、気軽に相談からはじめてみましょう。

携帯を勝手に見るよりもリスクが少なく、確実な証拠収集がおこなえます。

パートナーの浮気でお悩みの方には以下の記事もおすすめです

携帯を勝手に見るのは犯罪?|携帯から浮気チェックするリスクとは?のまとめ

携帯を勝手に見るというのは、誰でも思いついて実行できそうな浮気のチェック方法です。
 
誰でも考えつくことは「容易にバレやすい」ということでもあるでしょう。
 
自分で行う浮気の調査は「証拠隠滅」や「プライバシーの侵害」などのリスクも伴うので心配です。
 
パートナーが浮気をしているのではないかと疑ったら、まずは探偵に相談してみましょう。
 
証拠収集の専門家である探偵なら、犯罪や証拠を隠されるというリスクのない方法で明確な浮気の証拠集めができます。

探偵に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部