夫婦の寝室が別だと離婚する?「夫婦別寝」のメリット・デメリット

夫婦なのに寝室が別であることで悩んでいると、はたして夫婦円満でいられるか心配に思うところかもしれません。寝室を別にすることですれ違いが起こる可能性もありますし、寝室を別にしておいて夫婦円満でいられるとは思えない人も多いことでしょう。離婚率が上がるともいわれるので、本当に寝室を別にする必要性があるのでしょうか。

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

夫婦の寝室が別なのは問題?

 夫婦の寝室を別々にする必要性はどこにあるのか疑問に思う人もいるでしょう。
 
夫婦の寝室を別にしていることで離婚率に影響するともいわれますし、夫婦円満でい続けるためには寝室を別々にしない方がいいのではないでしょうか。
 
ただ、寝室を別にすることでメリットもあるので、逆に夫婦円満でいられる可能性もあるかもしれません。
 
夫婦円満になるためには寝室を別にする必要があるのかそのメリット・デメリットなどについてご紹介します。

夫婦の寝室を別にした理由は?

夫婦の寝室が別々になったのには様々な理由が考えられます。
 
やむを得ない事情というのもあるのではないでしょうか。

寝室を別にした理由(1) 夫婦の生活時間が合わなかった

夫婦の生活時間が合うならまだしも、お互いに仕事が忙しい、就寝・起床時間が違うなどの理由があるなら寝室を別にするのは仕方ないかもしれません。
 
逆に寝室を別々にした方がスムーズに生活できますし、それだけで夫婦円満ではないとはいい切れないでしょう。

寝室を別にした理由(2) 旦那のいびきや体臭が嫌だった

妻にとって一番睡眠を邪魔されてしまうのは、旦那のいびきや体臭が原因であるケースが多くあります。
 
いっそのこと寝室を別々にした方がいびきや体臭に悩まされずに安眠できるので、不快な気持ちにならない方が夫婦円満に繋がることもあり得るでしょう。

寝室を別にした理由(3) 子供ができてからは別々に…

夫婦二人きりのときは寝室は一緒だったとしても、子供ができてからは生活リズムがガラリと変わることも珍しくありません。
 
帰りの遅い夫が子供を起こさないようにするため母親・子供と夫の寝室を分ける場合などの理由によって寝室を別にすれば面倒なことにならずに夫婦円満でいられます。

夫婦の寝室が別室であることのメリット

夫婦の寝室を別にすることによって逆に夫婦円満になるメリットもあります。
 
この場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

夫婦の寝室が別室であることのメリット(1) 一人の時間が取れる

夫婦で一緒に寝室にしている場合だと、何をするにも二人でいることになるので一人でいる時間が取りにくくなります。
 
しかし、寝室を別々にすることによって必然的に一人の時間が取れるようになるので、自分の好きなことができるようになるでしょう。

夫婦の寝室が別室であることのメリット(2) 眠りを妨げられる心配がない 

夫がいびきをせず、体臭が気にならないようであれば眠りを妨げられることもありませんが、いびきや体臭がひどいと睡眠どころではありません
 
ですが、夫婦の寝室を別にすることによって相手のいびきや音などが気にならなくなるので、ぐっすり寝ることができます。

夫婦の寝室が別室であることのメリット(3) 気を遣うことがない

一緒の寝室だと何かするたびに相手のことを考えなければならなくなるので、気遣いながら生活することになるでしょう。
 
ここで寝室を別々にすれば、トイレに行ったりクーラーの温度を変更したりと様々なことが自由にできるので夫婦円満な生活ができます。

夫婦の寝室が別室であることのデメリット

メリットがある反面、寝室を別々にすることで夫婦円満ではなくなるようなデメリットもあります。
 
どのようなデメリットがあるのでしょうか。

夫婦の寝室が別室であることのデメリット(1) 夫婦のコミュニケーションが取りにくい

夫婦の寝室が別々になっていると、同じ寝室だったときよりも日常会話などが減ってしまう可能性があります
 
夫婦のコミュニケーションが取れる機会が減るだけで夫婦の中が悪くなることもあるので、別の方法でコミュニケーションを取る必要性があるでしょう。

夫婦の寝室が別室であることのデメリット(2) セックスレスが起こりやすい

夫婦の寝室が一緒でないということは、それだけ性交渉を行う機会がグンと減る可能性が大いにあります。
 
性交渉も立派な夫婦のコミュニケーションの一つでもありますし、性交渉をしない日が長くなほど関係が冷え込む可能性もあるでしょう。

夫婦の寝室が別室であることのデメリット(3) 相手の健康管理がしにくい

寝室を別々にしていると相手の歯ぎしりがひどくなった、睡眠が浅くなったなどの身体の変化に気づきにくいといったデメリットがあります。
 
寝ている人の異変に気づいてあげられるのはそばで寝ている人にしかできないことなので、もしもパートナーの健康状態が心配な場合は一緒に寝ることも大切です。

夫婦の寝室が別でも大丈夫!コミュニケーションを円滑に取る方法とは?

必ずしも離婚率が上がったり夫婦円満でいられなくなる原因が夫婦の寝室が別というわけではありません。
 
別の方法でコミュニケーションを取るようにすれば問題はなくなります。

夫婦の寝室が別でも夫婦関係を継続する方法(1) 一緒に寝る曜日を決める

たとえ夫婦の寝室を別にしていたとしても、この日は一緒に寝ると決めておくことで十分なコミュニケーションができるようになります。
 
一緒に寝るときにいろんな話をすることもできますし、性交渉を行うこともできるでしょう。

夫婦の寝室が別でも夫婦関係を継続する方法(2) 休日などに一緒に過ごす時間を作る

夫婦の寝室が別々でも、別の日に一緒に過ごせる時間を積極的に作ることで夫婦円満でい続けられるでしょう。
 
普段の仕事が忙しくて平日になかなか時間が取れなかったとしても、代わりに休日を利用して夫婦でどこかに遊びに行くなどをすることが大切です。

夫婦の寝室が別でも夫婦関係を継続する方法(3) カウンセリングを利用する

寝室が別々でも夫婦円満でい続けるためには、カウンセリングを受けてどんな風にすればいいのかを相談しましょう。
 
寝室が別々であることが悪いことではありませんし、先生に相談することで夫婦に合ったベストな対策ができるのではないでしょうか。

夫婦の寝室が別にするだけじゃなくて離婚したい!と考えたら

夫婦の寝室を別々にしたことがきっかけで離婚を考えるようになることもあるでしょう。
 
この場合、どんなことを行えばいいのでしょうか。

離婚のメリット・デメリットを比較する

離婚することによって様々なメリットがあるとはいえ、当然離婚にはデメリットもあります

単に夫婦の寝室が別々にしているだけで離婚してしまうとデメリットばかりになってしまう恐れがあるので、離婚は慎重に考えましょう。

調停を利用する

離婚を決意していなくても調停は利用できます

調停委員を介して離婚するか どのように離婚するかを話し合うことができます。

冷静な話し合いによってスムーズな取り決めを行うことができるので、速やかな離婚ができるようになるでしょう。

弁護士に相談を

離婚では財産分与や親権、養育費、慰藉料など様々な法律問題に則って取り決めを行わなければなりません
 
法律の専門家である弁護士はこれらについてあなたの代理人として交渉してくれます。
 
早めに弁護士に相談することで問題も早く解決できるので、離婚を考えるなら早めに弁護士に相談しましょう

夫婦関係で悩んでいる人はこちらの記事もおすすめです

夫婦の寝室が別だと離婚する?「夫婦別寝」のメリット・デメリットのまとめ

夫婦の寝室を別々にしていると時折寂しく思うかもしれませんが、それなら一緒に寝る日を決めたり一緒に過ごす時間を作ることで夫婦円満でいられるでしょう。
 
ただ、夫婦の寝室を別にすることで離婚率に影響することもあるので、離婚率を高めないように注意しながら生活する必要性があります。
 
もしも離婚したいと思ったなら、早めに弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部