不倫相手と破局したけど復縁したい!知っておくべき復縁のリスク3つ

不倫相手と破局したとき、パートナーのためにもこれで良かったと思う一方で、しばらく経った後に分かれた相手と復縁したいと思うことがあるかもしれません。不倫相手と別れた原因は様々ですが、ほとぼりが冷めた後にふと不倫相手のことを思い出してしまうケースも少なくないでしょう。ただし、別れた相手と復縁するのにはリスクがあります。

不倫(290)男女の事故・トラブル(1376)
目次

不倫相手と破局…復縁を考えている

不倫相手と破局してようやくパートナーとの生活に戻れたのは良いことかもしれません。
 
家庭のことを考えると不倫相手と別れたことは本当に良かったことだと思えるのに、不倫相手のことが忘れられないというケースが後を絶ちません。
 
どうしても忘れられない場合は、別れた相手との復縁を考えることもあるのではないでしょうか。

不倫相手と破局した原因とは?

不倫相手と破局するようになったのには、様々な原因が考えられます。
 
どのような原因が考えられるのでしょうか。

不倫相手と別れた原因(1) 一方が好きじゃなくなった

不倫相手と別れたのは、相手のことが好きではなくなったことが挙げられます。
 
好きでもない相手と一緒にいるのは辛いですし、ましてやそれが不倫相手であればそのまま破局する流れになるのも時間の問題なのではないでしょうか。

不倫相手と別れた原因(2) 一方に他の相手ができた

もしも不倫相手の他の相手ができた場合、自分は不倫相手に必要とされなくなったと思って破局するようです。
 
自分が必要とされなくなったなら関係を続ける必要性はありませんし、このまま身を引いて元の生活に戻るきっかけにもなるでしょう。

不倫相手と別れた原因(3) 家族にバレそうになった

不倫していることが家族にバレそうになった場合、このままでは大変なことになるので大事になる前に破局するようになったのでしょう。
 
不倫相手と別れたならこれ以上バレる心配はなくなりますし、このまま黙っていれば何も起こる心配はないといえます。

不倫相手と別れた原因(4) 自然消滅

 たとえ不倫関係にあったとしても、しばらく絡を取らなくなった場合だと自然消滅して関係が途絶えるようになります。
 
不倫相手も自分に興味がなくなったのかもしれませんし、不倫がバレるリスクに比べれば自然消滅した方がお互いのためになるでしょう。

不倫相手と別れた原因(5) 一方が不倫のリスクに気づいた

不倫相手がこのまま不倫を続けることで様々なリスクがあることに気づいた場合、別れを切り出される可能性があります。
 
こちらにも同じリスクが発生していることになりますし、お互いの生活のためにもこのまま不倫相手と別れた方が良いという結論に至ったのでしょう。

破局した不倫相手と復縁するリスク

別れた相手と復縁を考えた場合、様々なリスクが発生することを知る必要性があります。
 
不倫関係になるというのは多大なリスクを伴います。

破局した不倫相手と復縁するリスク(1) 不倫から抜け出せなくなる

不倫相手と破局し、結局別れた相手と復縁を行うと、いずれ破局や復縁を繰り返して不倫から抜け出せなくなるリスクがあります。

破局と復縁を繰り返すことで一連の事実がバレやすくなり、婚期を逃したり社会的信用を失ったりする恐れもあるので注意が必要です。

破局した不倫相手と復縁するリスク(2) 不倫関係が続くほど慰謝料が高額になる可能性

もしも別れた相手と復縁する場合、もしも不倫がバレたときに請求される慰謝料の金額が高くなる可能性があります
 
慰謝料の額はどれだけ不倫関係になっていたかどうかでも判断されるので、別れた相手と復縁したら不倫関係にあった期間によって金額が増加します。

破局した不倫相手と復縁するリスク(3) 不倫関係が続くほど証拠が残りやすくなる

別れた相手と復縁する際に覚えておきたいのは、不倫関係にあった期間が長いほど不倫の事実の証拠が残りやすいということです。
 
つまり、離婚・慰謝料請求の証拠が残りやすくなるということになるので更なるリスクを背負って行動しなければならないということになります。

離婚や慰謝料の請求をされたら

もしも別れた相手と復縁した末に離婚や慰謝料請求をされたら、それに応じた対応を行う必要性があります。
 
どのような対応が必要になるのでしょうか。

慰謝料請求をされたら(1) 離婚をしなくていい場合がある

不倫がバレてしまって、確実に離婚しなければならないと思うかもしれませんが、必ずしも離婚しなければならないわけではありません
 
不倫がバレても、夫婦関係の破綻がない場合は離婚が認められないので安心していいでしょう。

慰謝料請求をされたら(2) 慰謝料を払わなくていい場合もある

もし不倫がバレて慰謝料を請求されたとしても、必ず慰謝料を支払わなければならないわけではありません

未婚者だと嘘をつかれていたような場合、夫婦関係が破綻していた場合、時効が過ぎていた場合など慰謝料を払わなくていい場合があります。

慰謝料請求をされたら(3) 早期の弁護士への相談が重要

もしも不倫がバレて離婚や慰謝料の請求をされたら、早めに弁護士に相談することが重要です。

弁護士や離婚問題や慰謝料の請求などについて熟知しているので、このようなケースにどう対応すればいいのか提案してくれるでしょう。

不倫相手と破局したけど復縁したい!知っておくべき復縁のリスク3つのまとめ

不倫相手と別れたことは良いことではありますが、別れた相手と復縁したくなる気持ちが湧いてくることもあるでしょう。
 
しかし、別れた相手と復縁するのは相当なリスクを伴うことになりますし、不倫がバレると今まで不倫していた期間に応じた問題が発生します。
 
もしも離婚や慰謝料請求などの問題が発生したら、早めに弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部