妻が浮気して妊娠…|すぐに嫡出否認の検討を!

妻が浮気をして妊娠してしまった…そんなとき、どのような対処が正しいのでしょうか。妻に浮気をされるだけでも辛いのに、妊娠までされたら、辛いどころではありませんよね。妻の浮気で妊娠が発覚した場合にとるべき手続きや、慰謝料について考えていきます。

浮気(303)男女の事故・トラブル(1315)
目次

妻が浮気して妊娠…子供はどうなる?

妻が浮気をした上に妊娠までしたとき、産まれてくる子供はどうなるのか気になりますよね。
 
結婚しているとはいえ、妻の浮気でできた子供の父親にはなれない、という人がほとんどでしょう。
 
妻が浮気をして妊娠した際の父親になる必要はあるのかどうか慰謝料請求や離婚は可能なのかどうかを確認していきます。

妻が浮気して妊娠した|誰が子供の父親になるのか?

妻が浮気をし、妊娠が発覚…果たして、産まれてくる子供は誰の子になるのでしょうか?

放っておくと、あなたが法律上の父親に

民法772条により、「既婚女性の生んだ子は、その既婚女性とその夫との間の子供である」と推定されます。
 
そして、嫡出否認という法定の手続きをしなければ、親子関係を否定できないとされています。

顔が似ていないとしても、浮気の事実が明らかであったとしても、法定の手続きを経なければ法的親子関係は否定できないので注意しましょう。
 
それどころか、DNA鑑定結果が出ている場合であっても、手続を経ない限り、法律上の親子であると確定してしまいます

このように、とにかく手続きが重視されているのが現状です。
 
それゆえ、一般の感覚からすれば親子関係はないだろうという場合であっても、嫡出が推定された場合、親子関係を否定するための嫡出否認の手続きが必要になるというルールになっており、注意が必要です。

そして、後述のように、嫡出否認の手続きは、子の出生を知った時から1年以内に行う必要があります

「少しでも自分の子でない疑いがある場合には、速やかに嫡出否認手続きを行うかどうか検討する必要がある」と覚えておきましょう。
 

ただし、夫が刑務所内、長期海外出張、別居などで、性交渉がなく、妻が夫の子供を妊娠する可能性がないことが、客観的に明白な場合は例外的に嫡出推定が及ばないこともあります。

妻の子が自分の子でないかどうか、自分の子でない疑いがある場合に、嫡出推定が及ばない例外的な場合に当たらないか、の2点をよく検討しましょう。

子供の父親とされてしまったら、どのような責任を負う?

まず、妻が浮気をして妊娠し、嫡出推定を嫡出否認により覆さなかった場合には、生まれる子の扶養義務を負うことになります。
 
またその後、妻の浮気を理由に離婚したとしても、子供のための養育費を払わないといけません。
 
さらに、子供があなたの法定相続人になってしまいます。

妻と浮気相手の子の法律上の父親とされることを免れる方法

妻が浮気をした相手と妊娠し出産した子供の父親になんて、なれるわけがない。
 
妻の生んだ子が自分の子でないと疑う場合は、様々な法的手続きが必要になります。

嫡出否認の調停を申し立てる

前述のように、妻が浮気をして妊娠した場合、嫡出否認手続きが必要になります。
 
まず、調停前置主義から、原則として嫡出否認の調停申立が必要です。
 
申立期間は「子の出生を知ったときから1年間」となっており、手続きはかなり早めに行う必要があります。
 

平成26年7月17日、最高裁にて申立期間を過ぎた後に親子関係を否定することは、たとえDNA鑑定で血縁がないことが明白であっても認められないとする判例がありました。

「生物学的な親子と、法的な親子は必ずしも一致しない」ということはよく覚えておきましょう。

親子関係不存在確認調停を申し立てる

前述のように、妻が浮気をして妊娠した場合の中でも、例外的に嫡出否認をしなくても親子関係を否定できる場合があります。
 
それは、夫婦間での性交渉がなく、海外出張や別居などの事情から妻が夫の子を妊娠する可能性がないことが客観的に明白である場合です。
 
この場合、嫡出避妊調停ではなく、親子関係不存在確認調停を申し立てることができます
 
申立期間には制限がなく、これが嫡出否認調停の申立との最大の違いです。

万が一調停不成立の場合には、親子関係不存在確認の訴訟手続きとなります。

妻が浮気して妊娠したときに考えるべきこと|離婚しない場合

妻が浮気をして妊娠した際、離婚をしない選択肢を取るのなら、生まれてくる子供はどうなるのでしょうか。

考えるべきこと(1) あなたが、その子を生み、育てるかどうか決める

まず考えるべきなのは、子供を、生み、育てるのかどうかということです。
 
妻が浮気をして妊娠した場合、離婚をするかどうかと子供を生み、育てるかどうかは別問題です。
 
専門家に相談するなどして、最終的には自分で判断しましょう。

考えるべきこと(2) 育てると決めた場合|嫡出子にする

妻が不倫をして子供が産まれる場合、自分達で育てるというのなら、嫡出否認の手続きを取らずに、嫡出子にすることも可能です
 
こうすることで、戸籍上はじめから自分の子供として育てることができます

考えるべきこと(3) 育てると決めた場合|養子として迎える

妻が不倫をして子供が産まれた後、養子として迎えることも可能です。
 
嫡出否認手続きをして、いったん親子関係を否定したあと、養子縁組をするケースです。
 
この手続きをすることで、法的には実子と同じ扱いとなります。
 
ただし、養子にする場合、将来離縁する余地を残すことができ、これが嫡出子とする場合との最大の違いになります。

考えるべきこと(4) 育てると決めた場合|事実上の親子関係

妻が不倫をして妊娠し、産まれてくる子供を育てると決めたなら、法的な親子関係ではなく事実上の親子関係を結ぶのもひとつの手段です。

嫡出否認手続きをして、法的な親子関係を否定するものの、事実上の子として育てる方法となります。

法律上の親子関係ではないので、嫡出子・養子の場合と異なり、法定相続権は発生しません。

考えるべきこと(5) 育てない場合|浮気相手に引き取ってもらう

妻の不倫でできた子供を育てないものの離婚はしないのなら、子供を浮気相手に引き取ってもらうといった対処が必要になります。
 
嫡出否認などの手続きをした上で、浮気相手に引き取ってもらうことになります。
 
ただし、相手が引き取りを拒否すれば、押し付けることはできませんし、母親である妻は子供を扶養する義務があります。
 
離婚をしないという選択肢の場合、この点をよく考える必要があるといえるでしょう。

考えるべきこと(6) 不倫相手にも、妻にも、別れることを約束させる

妻の不倫で子供ができた場合には、不倫関係があったことになります。
 
不倫は違法であり、継続しないように対応をとりましょう。
 
不倫相手にも妻にも、別れることを約束させましょう。
 
別れることを記録に残しておくことで、二人が再び会うことをやめさせる必要があります。
 
念書などを書かせるのがおすすめです。

考えるべきこと(7) 不倫相手に慰謝料を請求する

妻が浮気をして妊娠した際には、不倫相手に慰謝料請求をすることができます。
 
慰謝料は、妻が不倫をした相手だけではなく、妻に対しても請求が可能です。

妻が浮気して妊娠した場合に考えるべきこと|離婚する場合 

妻が浮気をして妊娠したことを理由に、離婚をするのも選択肢にあるでしょう。
 
子供もことを含め、考えることがいくつかあります。 

離婚する場合考えるべきこと(1) 実子の親権、養育費をどうするか考える

妻が浮気をし妊娠した際、離婚するときに実子の親権と養育費をどうするのか考えなければなりません。

妻の浮気で妊娠した子供については、嫡出否認・親子関係不存在確認により親子関係を否定する以上、親権・養育費の問題はありません。

実子についての親権、養育費については以下の記事をご参照ください。

男性が離婚を有利に進めるためには?|男性の離婚と親権・慰謝料・養育費

離婚する場合(2) 離婚調停を申し立てる

妻が浮気で妊娠した場合、離婚調停を申し立てるのもよい方法です。

離婚を決意していなくても調停は利用できます

調停委員を介して、離婚するか、どのように離婚するかを話し合うことができます。

離婚する場合(3) 妻が浮気して妊娠した場合は、必ず弁護士に相談を!

妻が浮気相手の子供を妊娠した場合、嫡出否認を怠ると、夫が嫡出子として一生責任を負担しなくてはならない可能性があります。
 
嫡出推定されない例外的な場合を除いて、1年以内に嫡出否認の手続きしないと、その後親子関係を否定することはできません
 
DNA鑑定で親子でないことが明らかでも、法律上、親子関係を否定することは許されていないのです。
 
離婚、慰謝料請求などよりも先に考えるべき重大な問題であり、しかも、期間制限が短いので、まさに「すぐに」考えるべきことです。

妻が浮気して妊娠…|すぐに嫡出否認の検討を!のまとめ

妻が浮気をして妊娠した場合、考えなければならないことはたくさんあります。
 
特に産まれてくる子供の父親になるのかどうかは早急に決断するべきことであり、親子関係の否定を明確にするための手続きには期限があるので気を付けましょう。
 
妻の浮気で妊娠が発覚したのなら、離婚や慰謝料よりも、嫡出否認の手続きをするべきかどうか、考えてみてください。
 
また、法的な部分も大きく関係するため、専門家である弁護士に相談するのがおすすめです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部