サレ妻の復讐は犯罪になるかも?正しい復讐方法はある?

不倫をされたサレ妻は、復讐を考えることが少なくありません。やられっぱなしでは気が済まず、不倫をした夫に対して何かしらの復讐で仕返しをしたがります。サレ妻が復讐をするとき、犯罪にならないためにはどうすればいいのでしょうか。夫の不倫を許せないサレ妻の復習を考えている人は、慎重に行動しましょう。

不倫(292)男女の事故・トラブル(1201)

サレ妻の復讐!そもそもサレ妻って何?


そもそもサレ妻とは不倫された妻のことで、不倫をした夫へ復讐を考えている人がとても多くいます。

不倫はもちろんいけないことですが、サレ妻の復讐が過熱すると、時に犯罪となってしまうケースもあるので注意が必要

感情的にサレ妻が復讐をしないためにも、前もって復讐方法を考えておくことが大切です。

サレ妻の復讐は犯罪になるかも?


サレ妻の復習は感情的になりがちなので、法的に違反となったり、犯罪に繋がる可能性があります。

サレ妻の復讐で考えられる犯罪(1) 名誉毀損罪・侮辱罪

サレ妻の復讐で考えられる犯罪に、名誉毀損と侮辱罪があります。

刑法230条1項(名誉毀損)では、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する」。

刑法231条(侮辱罪)では、「事実を摘示しなくても、公然と人を侮辱した者は、拘留又は科料に処する」。

と規定されています。

「不倫している」などと事実を摘示した場合には名誉毀損となるでしょう。 

サレ妻の復讐で考えられる犯罪(2) 暴行罪・傷害罪

サレ妻の復讐で考えられる犯罪には、刑法208条・204条の暴行罪・傷害罪も挙げられます。

暴行罪は相手に対して物理的な力を行使する行為です。

傷害罪は暴力によって相手にケガを負わせる行為です。 

サレ妻の復讐で考えられる犯罪(3) 脅迫罪

サレ妻の復讐では、脅迫罪も考えられる犯罪です。

刑法第222条(脅迫罪)において、

1項 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

2項 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

と規定されています。

サレ妻の復讐!法的な復讐手段は離婚・慰謝料請求


サレ妻が復讐をするのなら、法的な復讐手段を選びましょう。相手に対し反省をしてもらうためには、法的な離婚・慰謝料請求がおすすめです。

法的復讐(1) 不倫した旦那との離婚請求

サレ妻の復讐として、不倫をした旦那に離婚請求をすることができます。

不倫は離婚事由に当てはまるので、離婚請求は認められるでしょう。

離婚請求をすることで、サレ妻の復讐を法的に行うことができます

法的復讐(2) 不倫した旦那への慰謝料請求

不倫は法的にも違反行為であるため、慰謝料請求することが可能です。
 
サレ妻の復讐としても、慰謝料請求は法的にも問題なく行うことができます
 
不倫した旦那に対し、離婚請求と同時に慰謝料請求することも可能です。

法的復讐(3) 不倫相手への慰謝料請求

慰謝料請求は、不倫した旦那だけでなく不倫相手の女性にも行うことが可能です。

サレ妻が復讐をするのなら、旦那だけでなく不倫相手にも慰謝料請求をするのがおすすめ。

法的にも認められており安全な復讐といえます。 

サレ妻が法的に復讐する際の注意点


サレ妻が法的に復讐をする際、例え法的な方法だからと言って、何でもしてよいわけではありません。
 
注意点も見ておきましょう。 

法的復讐の注意点(1) 感情的にならない

サレ妻が法的復讐をする際、犯罪にならないと言っても感情的にはならないようにしましょう。
 
例えば慰謝料請求する際に暴言を吐いたり、脅迫に値する行為をする等感情的な行動は犯罪になる可能性があるので控えてください。

法的復讐の注意点(2) 慰謝料・離婚請求の証拠を確保することが大切

サレ妻としては不倫の慰謝料と離婚請求をしてもらいたいところですが、法的に認められるためには、証拠が必要です。
 
証拠がなければ法的な復讐とすることができないので、確実な不倫の証拠を手に入れましょう。 

法的復讐の注意点(3) 確実な証拠確保のために早期に探偵に相談する

サレ妻が法的な復讐をする際には、確実な証拠が必要となります。

自分で証拠を手に入れるのも良いですが、確実に安全な証拠を手に入れるためには、早めに専門家である探偵に相談してください

証拠集めも犯罪行為となるケースも考えられるので、自分の判断で行動するのは危険です。 

不倫の復讐について知りたい人は合わせてこちらも読んでみてください

サレ妻の復讐は犯罪になるかも?正しい復讐方法はある?のまとめ

サレ妻は復讐をしたくて感情的な行動をしてしまいがちですが、まずは一旦落ち着きましょう。

感情的な復讐は犯罪になることが多く、慰謝料請求や離婚請求が難しくなるかもしれません。

また、サレ妻が法的に復讐するためには確実な証拠が必要なので、探偵に依頼をし、安全に証拠集めをすることをおすすめします。

無料で探偵に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部