離婚後に復縁できる可能性が高いパターンとは?

離婚後に復縁できる可能性があるのは、どんなパターンなのでしょうか。結婚がうまくいかずに離婚をしたものの、同じ相手と復縁するためにはある条件が必要です。離婚後に復縁できる可能性を知るためには、まずは復縁できるパターンを知り、復縁に向けて行動を起こしてみましょう。

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

離婚した相手と復縁するためには?

離婚した相手と復縁する可能性は、決してゼロではありません
 
離婚後に後悔し、離婚から復縁に至るきっかけを作りたくて可能性を信じている人も多くいますよね。
 
離婚した相手と復縁できる可能性を高くするためには、どのような条件が必要なのでしょうか。
 
離婚後に同じ相手と復縁できるパターンを見て、復縁の可能性を高くしてみましょう。

離婚後に復縁する可能性が低いパターン

まずは離婚後に復縁する可能性が低いパターンをチェックしていきます。
 
同じ相手と復縁したい人は要チェックです。

離婚後に復縁する可能性が低いパターン(1) どちらか一方に離婚事由があった

離婚の際、どちらか一方に離婚事由があると、離婚後に復縁できる可能性は低くなるでしょう。
 
例えば不貞行為、DV、モラハラ、浪費など許すことが難しい離婚事由があるのなら、復縁できる可能性は少ないことが多いようです。

離婚後に復縁する可能性が低いパターン(2) 性格の不一致で離婚した

離婚をした理由が性格の不一致である場合も、復縁できる可能性は低いといえます。
 
性格の不一致は時間が経っても埋めることが難しく離婚後にどんなに復縁を望んでも同じ結果になる可能性が高く、同じ相手と復縁するには至らないと考えられます。

離婚後に復縁する可能性が低いパターン(3) 姑・舅などとの関係が原因で離婚した

離婚の理由が姑・ 舅との関係が原因である場合も、復縁できる可能性が低いパターンに含まれます。
 
お互いがどんなに復縁する気持ちがあったとしても、姑・舅との関係は経つことは難しいはず
 
本人達以外の関係が原因であるパターンも離婚後の復縁への可能性は低くなってしまいます。

離婚後に復縁できる可能性があるパターン

続いては、離婚後に復縁できる可能性が高いパターンを見ていきましょう。
 
同じ相手と復縁できる可能性が高いのはどんな条件が必要なのでしょうか。

離婚後に復縁できる可能性があるパターン(1) 衝動的に離婚した

離婚に至ったきっかけがあったとしても、衝動的に離婚をした場合、復縁できる可能性は高いといえます。
 
衝動的な行動である場合には、離婚後にお互いが反省しているケースも多く、離婚後に復縁のきっかけを模索していることも多いようです。

離婚後に復縁できる可能性があるパターン(2) 離婚の原因が解消している

離婚後に復縁できる可能性があるのは、離婚の原因が解消している場合も当てはまります。
 
例えば転勤していたが戻ってきたような場合など、離婚をする必要がなく、もう一度家族としてうまくやっていける条件が整っていると復縁への可能性が高いでしょう。

離婚後に復縁できる可能性があるパターン(3) 双方が再婚や交際をしていない

離婚後に復縁できる可能性が高いのは、お互いが再婚や交際をしていない場合も含まれます。
 
同じ相手と復縁するためには、他の相手との関係ができていない必要があるので、復縁できるパターンの条件としては必須です。
 
離婚後に再婚、新たな交際をしていないのなら、復縁できる可能性はあるといえます。 

離婚した相手と復縁する可能性を高めるための行動とは?

離婚後に復縁できるきっかけを作り、可能性を高めるためには、どのような行動が有効でしょうか。
 
同じ相手と復縁したい人はぜひ実践を。

復縁できる可能性を高めるために(1) 連絡をとる

離婚後に復縁できる可能性を高くするためには、まず相手と連絡をとることが大切です。
 
連絡をとらずに復縁のきっかけを作るのは難しいので、まずは思い切って連絡してみましょう。
 
離婚後に久しぶりに連絡をとるのなら、いきなり復縁話をするのではなく、子供の話や近況報告などの話から入ると会話もスムーズで、復縁への可能性が高くなるはず。

復縁できる可能性を高めるために(2) 離婚の原因を解決しておく

離婚後に復縁できる可能性を高くするには、離婚をした原因を前もって解決しておくことも大切です。

例えば、タバコが原因なら禁煙しておくなど、解決できるものであれば必ず対処しておきましょう。

離婚後に変わった所を見せることができると、復縁へのきっかけとなり可能性もグンと上がります。

復縁できる可能性を高めるために(3) 生活を安定させる

離婚後に復縁するためには、生活を安定させることで可能性を高くすることもできます。

生活水準が低くなってまで離婚後に復縁を選ぶことはあまりないかと思われるので、経済的に安定を図り、復縁することで生活が安定すると相手に思ってもらえれば、不安が少なくなり可能性は高くなるかもしれません。

復縁できる可能性を高めるために(4) 相手に多くを要求しない

離婚後に復縁したいなら、相手に多くを求めないことで可能性が高くなることに繋がります。
 
復縁できるパターンとしては、相手のことを全て受け止めることも非常に大切な条件になります。
 
あれもこれも要求せず、受け入れることで相手も安心し、離婚後の復縁の可能性を高くできるでしょう。

復縁できる可能性を高めるために(5) 反省や成長を見せる

離婚をした原因を把握し、反省し、さらに成長した姿を見てもらうと、復縁できる可能性が高くなるかもしれません。

例え許しがたい離婚事由があったとしても、きちんと反省していると分かれば、相手も復縁を考えてくれる可能性があります。

再婚について考えてる人はこちらの記事もおすすめ

離婚後に復縁できる可能性が高いパターンとは?のまとめ

離婚後に復縁できる可能性を高くするためには、まずどうして離婚をしてしまったのかを振り返り、そこに対する反省をしてみましょう。
 
また、改善できる部分があるのなら、離婚後の変化を見せるためにも復縁に向けて改善し可能性を高めましょう。
 
ただし、
  • 離婚後に養育費を増額・減額したい
  • 財産分与をせずに離婚してしまった
  • 離婚時の子供の名字・戸籍をどうすればよいかわからない

このような場合には弁護士に相談をし、専門的な対応が必要となります。

事前に相談をし離婚後のやり取りや復縁をスムーズに行いましょう

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部