結婚したのに喧嘩ばかり!夫婦喧嘩の原因と仲直りの方法

せっかく結婚したのに、毎日夫婦喧嘩ばかりで嫌気が差してくる女性も多いのではないでしょうか。結婚する前までは全く喧嘩しなかったのに、結婚後に考えの違いから喧嘩を繰り返すケースも多くあります。結婚後に喧嘩ばかりしていると離婚して別れる可能性もあるので、できる限り喧嘩しないようにするためにも対策を講じる必要性があるでしょう。

目次

結婚したのに、喧嘩ばかりの毎日…

結婚して幸せな生活が送れると期待を寄せていたのに、いざ結婚すると喧嘩ばかりを繰り返す日々を起こるのはとても嫌なものです。
 
本当に結婚した意味があるのか疑問に思ってしまいますし、このままでは喧嘩別れのような離婚をしてしまうおそれがあるでしょう。
 
すぐに離婚するようなことにならないためにも、まずは原因を探る必要性がありますね。

結婚したのに喧嘩ばかりする原因

結婚しても喧嘩を繰り返すようになったのには、必ず原因があります。
 
原因を知ることでお互いの欠点に気づくかもしれません。

結婚したのに喧嘩ばかりする原因(1) 一緒に暮らしてみて気づく性格の不一致

結婚する前はお互いに良い部分の性格しか知り得ないことが一番の原因だといえるでしょう。
 
結婚すると相手の性格が自分と合わないという不一致の問題から、話や生活態度などが合わずに喧嘩ばかりを繰り返すようになるのでしょう。

結婚したのに喧嘩ばかりする原因(2) 気遣いがなくなってくる

結婚した当初はお互いを尊重し合って気遣って生活するかもしれませんが、慣れてくると気遣いが徐々になくなるのが原因です。
 
気遣いがなくなってくるとどんどん遠慮がなくなっていきますし、相手を思いやることすら減っていくこともあるでしょう。

結婚したのに喧嘩ばかりする原因(3) 将来設計の違い

結婚してから大事なのは、これから結婚生活を送るにあたっての将来設計ですが、将来設計の違いがあまりにも多いと喧嘩が増えるようです。
 
将来設計を立てることによって今後の生活の指針となり得るのに、お互いに意見が合わないようであればいつまで経っても上手くいかないでしょう。

結婚したのに喧嘩ばかりする原因(4) 家事や育児の分担

旦那が妻に家事や育児を任せっぱなしになっているケースが後を絶たないように、分担ができていないことが大きな原因の一つだといえます。
 
家事や育児は片方だけが行えばいいというものではないので、喧嘩しないようにするためにも分担は必要不可欠となります。

結婚したのに喧嘩ばかりする原因(5) 金銭感覚の違い

結婚生活においてお金の管理は重要ですが、お互いの金銭感覚に違いがあると喧嘩する機会が多くなってしまうでしょう。
 
その上、浪費や借金などを繰り返すようであればなおさら喧嘩が絶えないようになり、離婚して別れることになる可能性があります。

結婚したのに喧嘩ばかりする原因(6) 言葉遣い・態度

お互いの許容範囲内であれば言葉遣いや態度の違いは自由ですが、思わずイライラさせられるような言葉遣いや態度が目立つと喧嘩に発展する可能性があります。
 
親しき中にも礼儀ありというように、例え夫婦でもお互いを傷つけないような言葉遣いや態度でなければならないでしょう。

結婚したのに喧嘩ばかりする原因(7) コミュニケーション不足

せっかく結婚したのにお互いにコミュニケーション不足だと、事ある毎に喧嘩するようになる可能性があります。
 
コミュニケーションはお互いを信頼するためにも重要なものなので、会話の機会がないと結婚した意味すら疑問に思うのではないでしょうか。

結婚後の喧嘩で仲直りする方法

例え喧嘩したとしても、その後の仲直りの方法によって関係が良好になることもあります。
 
仲直りの際には何がポイントになるのでしょうか。

結婚後の喧嘩で仲直りする方法(1) 相手の言い分を反論せずに聞く

結婚後の喧嘩において、相手の言い分をしっかりと最後まで聞き入れることは非常に重要です。
 
何も理由がないのに喧嘩するようなことはないので、相手の言い分を聞けばどんなことで怒っているのかを理解して解決に臨むことができます。

結婚後の喧嘩で仲直りする方法(2) 白黒つけようとせずお互い妥協する

何事も白黒ハッキリつけようとする人もいますが、仲直りの際には妥協も必要です
 
妥協しないから喧嘩が絶えないのなら、どこかでちょうど良い線引きを決めた方がお互いに納得して喧嘩しなくなるのではないでしょうか。

結婚後の喧嘩で仲直りする方法(3) 相手の価値観を認める

結婚生活においてお互いの価値観の違いによって喧嘩することがありますが、これは相手の価値観を認めれば収まる話です。
 
相手の価値観を認めないということは相手そのものを否定することになるので、価値観を認めるだけでも考えが変わるでしょう。

結婚後の喧嘩で仲直りする方法(4) 夫婦間のルールを決める

夫婦の間で何もルールを決めていないから喧嘩が絶えないということも十分にあり得ます。
 
食事の時間のルールやお金の使い方のルール、家事・育児の分担ルールなど、細かくルールを決めることでお互いに良い夫婦関係が築けるでしょう。

結婚後の喧嘩で仲直りする方法(5) 夫婦カウンセリングを受ける

場合によっては夫婦カウンセリングを受けてアドバイスをもらうのも一つの方法です。
 
なぜ私たちはこんなにも喧嘩を繰り返すのか、客観的なアドバイスをもらうことによって喧嘩が少なくなり、仲直りもしやすくなるのではないでしょうか。

結婚したのに喧嘩ばかりだったら離婚できる?

もしも離婚で相手と別れたい場合、結婚したのに喧嘩を繰り返すというだけで離婚できるのでしょうか。
 
スムーズに離婚するには、ポイントがあるでしょう。

お互いの合意があれば離婚可能

結婚したばかりで喧嘩を繰り返すという場合でも、お互いに合意があれば離婚することができます
 
結婚したばかりで喧嘩を理由に別れたいのであれば、相手を説得して離婚の合意を得るようにしなければならないでしょう。

合意がなくても離婚事由があれば離婚できる場合がある

お互いに離婚の合意が得られずに別れることができないとはいっても、下記の離婚事由に当てはまっていれば離婚できる可能性があります
 
結婚したばかりで離婚したいなら、離婚事由に当てはまっていないか確認しましょう
民法770条
  1. 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    一 配偶者に不貞な行為があったとき。
    二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
    三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
    四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
    五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

喧嘩の場合には離婚事由が認められる可能性が低い

ただ喧嘩を繰り返しているだけでは、婚姻関係が破綻しているとまでは認められにくいでしょう。
 
ただし、喧嘩の際に暴力が頻繁に振るわれる場合はDVとなり、5号(婚姻を継続し難い重大な事由)に該当する可能性があります

長期間の別居や完全に愛情がなくなっている場合にも5号に該当する可能性があるのでチェックしましょう。

結婚したのに喧嘩ばかりで別れを考えたら

結婚後の喧嘩が絶えず、別れを考えたとしてもすぐに離婚するのは早計です。
 
何とか解決できるかもしれませんし、メリットやデメリットも無視できません。

離婚を考えたら(1) 離婚のメリットとデメリットを比較する

結婚後の頻繁な喧嘩による別れを考える前に、このまま離婚することのメリットやデメリットを比較する必要性があります
 
もしも相手より収入が少ない場合、離婚により生活水準が下がる場合もあるので離婚するだけが解決策ではありません

離婚を考えたら(2) 調停を申し立てる

お互いが離婚を決意していなくても調停は利用できます

家庭裁判所で調停委員を介して、本当に離婚するか、どのように離婚するかを話し合うことができるのであまり時間をかけずにスムーズな離婚を行うことができるでしょう。

離婚を考えたら(3) 離婚を考えたら弁護士に相談を!

財産分与、慰謝料、子供がいる場合は親権、養育費、面会交流など取り決めなければいけないことがたくさんあります
 
法律の専門家である弁護士に相談することで自分一人では難しいこともスムーズに進めてくれるでしょう。

結婚したのに喧嘩ばかり!夫婦喧嘩の原因と仲直りの方法のまとめ

結婚してもお互いに知らないことが多くあると、価値観や考え、将来設計など様々な違いによって喧嘩が絶えないということは多くあります。
 
結婚したばかりなのに喧嘩が絶えないとなるとこの先の生活が成り立つのか疑問に思いますし、離婚に踏み切るのも良いでしょう。
 
ただ、離婚だけが最善の策というわけではないので、仲直りできないか対策を行ってから弁護士に相談するといった行動を行うのが得策です。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部