カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
不倫 男女問題

騙されて不倫したのに慰謝料請求される?請求を回避できる場合や対処法を解説

不倫を騙されたせいで始めてしまい悩んでいませんか?もしも彼氏が既婚者だと知ったらどうすればよいのでしょうか?したくもない不倫を彼に騙されたことでしてしまった場合、彼の奥さんに慰謝料を払わなければいけないのか、また、自分から彼に慰謝料を請求できるのかどうかなど対処法を解説します。「慰謝料を請求されるか不安」「騙された悔しさを解消したい」という人は必見です。

\相談受付中!/ 相談受付中! 1分で弁護士を探す

騙されて不倫していた場合は相手の妻から慰謝料請求される?

不倫すると慰謝料を請求されると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

でもその不倫が彼に騙されたせいだとしたら、釈然としませんよね。

不倫を騙されたせいで始めてしまった場合、彼の奥さんから慰謝料請求される可能性はあるのでしょうか?
 

故意や過失がなければ慰謝料請求は認められない

不倫を騙されたせいでしてしまった場合、故意や過失がないので慰謝料請求は認められないことが通常です。

なぜなら、独身だと騙されていた場合、既婚者だと知らなかったため「不貞行為をしている」という認識がながなく、責任を問うに値しないからです。

ただし、既婚者だと知らなかったことに「過失」があれば慰謝料請求は認められます

過失がある場合とは、注意をすれば既婚者だと知ることができた場合をいいます。

たとえば、彼が結婚指輪をしていたり、車にチャイルドシートがあるなどの場合が挙げられます。

もし自分のケースが過失にあたるかどうか迷った時は、男女問題に詳しい弁護士に頼ってみることをおすすめします

弁護士なら、今までの解決事例をもとに、適切な判断をしてくれます。

仮に過失にあたると判断される可能性があっても、弁護士は極力あなたに不利益が及ばないようサポートしてくれるので、不安要素を取り除くという意味でもお早めにご相談ください。

弁護士があなたの心強い味方になります。

\相談受付中!/ 相談受付中! 1分で弁護士を探す

 

相手が既婚者だと知っても関係を続けた場合は慰謝料を支払う義務が生じる

彼が既婚者だと知ってからも関係を続けている場合、共同不法行為を行ったと判断され、慰謝料を支払う義務が生じる可能性があるので、注意が必要です。

共同不法行為とは

共同不法行為は、複数の人が関与した交通事故や不倫のように、複数の人が加害者となって、共同して損害を与えた場合に認められるものです。

この場合には、加害者の人は、「連帯して」責任を負うものとされています。

共同して加害行為が行われた場合は、誰が損害を与えたのかが分からなかったり、お金が無い人がいるとその人からは賠償を受けられないなど被害者にとっての不都合が発生する可能性が高くなります。

そのようなことを防ぐために、被害者保護といった趣旨で全員に連帯して請求できる「共同不法行為」といった制度が作られたと考えられています。

また、不法行為については、民法709条に規定があります。

民法709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
民法710条
他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

このようなことになる前に、彼氏が既婚者だと知ったらどう対応すべきなのでしょうか?

 
 

彼氏が既婚者だと知ったらどうするべき?

彼との不倫が騙されたことで起きてしまった場合、あなたは被害者です。

しかし、彼が既婚者だと知ったら、その後に関係を続けた場合、その不倫は騙されたせいにはなりません。

彼氏が既婚者だと知ったらどうするべきでしょうか?

すぐに別れる

彼との不倫が騙されたせいで始まったとしても、彼が既婚者だと知ったらすぐに別れるべきです。

前述した通り、彼が既婚者だと知らなかった間はともかく、彼が既婚者だと知った後は彼との交際が奥さんに対する不法行為になり得るためです。

ただ、彼はこれまでの楽な関係を維持するために、「すぐに離婚するから」「奥さんと別れて君と結婚する」などと言うでしょうが、彼の言葉は信じるべきではありません

相手は自分が不倫したい一心で騙された女性の気持ちも考えずに関係を続けようとする男性です。

不倫が彼に騙されたせいで起こったことを考えると、これまで独身だと騙してきた彼がいまさら妻と離婚することは考えにくいでしょう。

辛い気持ちは分かりますが、ここは自分の将来のためにも冷静になり、別れる判断を下しましょう。

 

独身だと騙された証拠を集めておく

あなたが彼に「独身だと騙された」証拠を集めておくことが大切です。

というのも、故意や過失があり、不倫していたと判断される場合は、不法行為に問われてしまう可能性があるためです。

例えば、彼が自分は独身だとほのめかすようなメールなどがあれば、あなたに不倫の意識がなく騙されたことの証拠になるでしょう

他にも、あなたが彼を既婚者だと知らなかったことを示すようなやりとりがあれば、それも確保しておきましょう。

損害賠償を請求する

彼との不倫を騙されたせいでしてしまった場合、彼に損害賠償を請求できる場合もあります。

というのも、彼に未婚者・独身だと嘘をつかれていた場合や、離婚・結婚を約束していたような場合などは、貞操権侵害にあたる可能性があるからです。

貞操権とは、自分が性的関係を結ぶ相手を選ぶことができる権利などを指します。

既婚者だと騙されて性的関係を結んだ場合、自分の意に沿った行為ではないため、貞操権の侵害にあたる可能性が考えられるのです。

貞操権の侵害に関しては、民法710条の中でも、損害賠償を請求できるものとして明記されています。

第七百十条 

他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

自分のケースが損害賠償を請求できるケースにあたるかどうかは、弁護士へ聞いてみるのが確実でしょう。

もし請求できる可能性が高いという結論が出た場合は、そのままその弁護士へ交渉などを依頼することも可能です。

男女問題が得意な弁護士なら、今までの豊富な実績と経験を元に、あなたのケースの場合、どうすれば最もあなたが利益を得られるかアドバイスやサポートをしてくれます。中にはカウンセラーの資格を持っている弁護士も在籍していますので、辛い気持ちを一人で抱え込まず、早めに弁護士に相談し、心のケアを行いながらあなたの将来が明るくなるよう手続きを進めていきましょう。

1分で相談内容入力完了 悩みを話せる相手を探す

 

慰謝料を請求する

不倫が彼に騙されたせいで生じたときは、精神的苦痛を負ったとして慰謝料を請求することができる可能性があります。

これまでの判例では、結婚する気がないにもかかわらず相手を妊娠させて中絶させた場合や、妊娠させてその後の関係を絶った場合などに女性の貞操権侵害にあたるとして慰謝料請求を認めています。

慰謝料の請求を考える場合は、彼との交際によって妊娠などあなたの人生を大きく左右するような出来事が起きたかどうかにも注意してみましょう。

\相談受付中!/ 相談受付中! 1分で弁護士を探す

 
 

不倫についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

 

 

騙されて不倫したのに慰謝料請求される?請求を回避できる場合や対処法を解説のまとめ

気付かないうちに不倫をしていたり騙されたことがわかるとビックリしてしまいますよね。

不倫が騙されたせいで始まった場合、彼が既婚者だと知らずにいる間は慰謝料請求されずに済む可能性が少なくないどころか、こちらから彼に慰謝料請求できる可能性もあります。

しかし、彼とのやりとりをどう解釈するかであなたに不利な状況となってしまう危険もあります。

そのため、不倫が彼に騙されたことで起きてしまったときは、弁護士に相談することがおすすめです。

弁護士はあなたの力強い味方となります。初回の相談は無料で受け付けている場合もありますので、辛い状況を一刻でも早く脱出するためにも、一度お気軽にご相談ください。

1分で相談内容入力完了 悩みを話せる相手を探す

Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費