不倫したのは騙されたせい…騙されて不倫してしまったときの対処法

不倫を騙されたせいで始めてしまい悩んでいませんか?彼氏が既婚者だと知らなかったせいで不倫してしまい騙されたという女性は少なくありません。もしも彼氏が既婚者だと知ったらどうすればよいのでしょうか?したくもない不倫を彼に騙されたことでしてしまった場合、彼の奥さんに慰謝料を払わなければいけないのか、また、自分から彼に慰謝料を請求できるのかどうかなど対処法を解説します。

不倫(285)男女の事故・トラブル(1315)
目次

未婚者だと嘘をつかれて不倫してしまった…

「彼、結婚してないって言ってたのに!騙された!」
 
不倫を騙されたことで始めてしまい悩んでいませんか?
 
彼氏が既婚者だと知らなかったせいで不倫してしまい騙されたという女性は少なくありません。
 
もしも彼氏が既婚者だと知ったらどうすればよいのでしょうか
 
したくもない不倫を彼に独身だと騙されたことでしてしまった場合、彼の奥さんに慰謝料を払わなければいけないのでしょうか?
 
また、自分から彼に慰謝料を請求できるのかどうかなど対処法を解説します。

相手の妻から慰謝料請求される?

不倫すると慰謝料を請求されると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

でもその不倫が彼に騙されたせいだとしたら、釈然としませんよね。

不倫を騙されたせいで始めてしまった場合、彼の奥さんから慰謝料請求される可能性はあるのでしょうか?

慰謝料請求される?(1) 性交渉等があれば不法行為になる”可能性”がある

不倫したのが彼に騙されたせいだとしても、性交渉等があれば不法行為になる可能性があります。

不法行為は民法709条に規定があります。

民法709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
民法710条
他人の身体、自由若しくは名誉を侵害した場合又は他人の財産権を侵害した場合のいずれであるかを問わず、前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない。

既婚者である彼と性交渉等をした場合、夫婦関係の平穏を侵害したとして不法行為となりうるのです。

不法行為だと認められれば、彼の奥さんに慰謝料を支払う義務が生じます。

慰謝料請求される?(2) 故意・過失がなければ慰謝料請求は認められない

不倫を騙されたせいでしてしまった場合、故意・過失がないので慰謝料請求は認められないことが通常です。

なぜなら、独身だと騙されていた場合、既婚者だと知らなかったため「不貞行為をしている」という認識がながなく、責任を問うに値しないからです。

もっとも、彼が既婚者だと知ってからも関係を続けていると不法行為が成立し得るので注意が必要です。

慰謝料請求される?(3) 過失の有無に注意

不倫を騙されたせいで始めてしまった場合でも、既婚者だと知らなかったことに「過失」があれば慰謝料請求は認められます

過失がある場合とは、注意をすれば既婚者だと知ることができた場合をいいます。

たとえば、彼が結婚指輪をしていたり、車にチャイルドシートがあるなどの場合が挙げられます。

「独身だ」と騙された証拠を集めておく

あなたが彼に「独身だと騙された」証拠を集めておくことが大切です。

彼が自分は独身だとほのめかすようなメールなどがあれば、あなたに不倫の意識がなく騙されたことの証拠になるでしょう。

他にも、あなたが彼を既婚者だと知らなかったことを示すようなやりとりも確保しておきましょう。

彼氏が既婚者だと知ったらどうするべき?

彼との不倫が騙されたことで起きてしまった場合、あなたは被害者です。

しかし、彼が既婚者だと知ったら、その後に関係を続けた場合、その不倫は騙されたせいにはなりません。

彼氏が既婚者だと知ったらどうするべきでしょうか?

既婚者だと知ったら(1) 彼氏が既婚者だった場合はすぐに別れるべき

彼との不倫が騙されたせいで始まったとしても、彼が既婚者だと知ったらすぐに別れるべきです。

彼が既婚者だと知らなかった間はともかく、彼が既婚者だと知った後は彼との交際が奥さんに対する不法行為になり得るためです。

既婚者だと知ったら(2) 「すぐに離婚するから」は信じない

はじめは彼が既婚者だと知らなかったとしても、彼が既婚者だと知ったらあなたは別れる選択をしなくてはいけません。

彼はこれまでの楽な関係を維持するために

  • 「すぐに離婚するから」
  • 「奥さんと別れて君と結婚する」

などと言うでしょうが、彼の言葉は信じるべきではありません

相手は自分が不倫したい一心で騙された女性の気持ちも考えずに関係を続けようとする男性です。

不倫が彼に騙されたせいで起こったことを考えると、これまで独身だと騙してきた彼がいまさら妻と離婚することは考えにくいでしょう。

既婚者だと知ったら(3) 逆に慰謝料請求できる場合もある

彼との不倫を騙されたせいでしてしまった場合、逆に彼に慰謝料請求できる場合もあります。

彼が既婚者だと知らなかったときは、奥さんからの慰謝料請求におびえるだけでなく、積極的にこちらから慰謝料請求できる場合についても意識しておくとよいでしょう。

次で詳しく見ていきます。

不倫相手に慰謝料請求できる?

したくもない不倫を彼に騙されたせいでしてしまった場合、彼に怒りがわいてきますよね。

不倫が騙されたことで起きた場合、彼に慰謝料請求をすることができるのでしょうか?

不倫相手に慰謝料請求(1) 貞操権侵害で慰謝料請求できる可能性がある

不倫を騙されたことでしてしまった場合、貞操権侵害で慰謝料請求できる可能性があります。

たとえば、彼に未婚者・独身だと嘘をつかれていた場合や、離婚・結婚を約束していたような場合などが挙げられます。

不倫相手に慰謝料請求(2) 慰謝料請求が認められやすいケース

彼との不倫が騙されたことで起きた場合のうち慰謝料請求が認められやすいケースはどのような場合でしょうか?

これまでの判例では、

  • 結婚する気がないにもかかわらず相手を妊娠させて中絶させた場合や、
  • 妊娠させてその後の関係を絶った場合

などに女性の貞操権侵害にあたるとして慰謝料を認めています。

不倫が彼に騙されたせいで生じたときは、彼との交際によって妊娠などあなたの人生を大きく左右するような出来事が起きたかどうかに注意してみましょう。

不倫相手に慰謝料請求(3) 弁護士に相談を!

彼との不倫が騙されたせいで起きたことを理由に慰謝料請求をする場合、どのような証拠が有効なのかという判断は素人には難しいですよね。

そこで頼れるのが慰謝料に関する法律の専門家である弁護士です。

弁護士に相談することで、自分のケースで慰謝料請求が認められる可能性があるかを教えてもらえるだけでなく、あなたの代理人として代わりに交渉してもらえます。

また、彼の奥さんから慰謝料請求をされた場合も、弁護士はその豊富な法的な知識で心強い味方になってくれます

不倫したのは騙されたせい…騙されて不倫してしまったときの対処法のまとめ

気付かないうちに不倫をしていたり騙されたことがわかるとビックリしてしまいますよね。

不倫が騙されたせいで始まった場合、彼が既婚者だと知らずにいる間は慰謝料請求されずに済む可能性が少なくないどころか、こちらから彼に慰謝料請求できる可能性もあります。

しかし、彼とのやりとりをどう解釈するかであなたに不利な状況となってしまう危険もあります。

そのため、不倫が彼に騙されたことで起きてしまったときは、弁護士に相談することがおすすめです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部