略奪婚は後悔する!?略奪婚で考えられる7つのリスクとは?

略奪婚をして後悔する女性は少なくありません。略奪婚は最初は恋愛の勝負に勝ったという気持ちよさがありますが、実際に略奪愛から略奪婚してみるとそこにある現実が見えてくることがたくさんあります。今日は略奪婚を考えている女性のために略奪婚の後悔の現実やその対処方法をご紹介していきます。

不倫(290)男女の事故・トラブル(1379)
目次

略奪愛で結婚できても、その先に待っているのは…

不倫の末の略奪婚。
 
あとになっても後悔先にたたずということも…。
 
他人の話なら「不倫の末の略奪愛だから自業自得でしょ」といってしまえても、自分のことではそうはいきません。
 
略奪愛からの結婚で後悔する前に、略奪愛の現実はどんなものなのか、多くの略奪婚経験者はどんなことに後悔しているのかどう対処していくとうまくいくのかをみていきましょう。

略奪婚は後悔する?略奪婚のリスク7つ

略奪婚経験者が後悔することは、大きく分けて7つの理由があります。
 
後悔の理由を知ることで、自分が予想していなかった未来の壁を察知することもできるでしょう。

略奪婚のリスク(1) 結婚して初めて相手の欠点が見えた

不倫をしているときは、相手がどうこうというよりも「不倫相手の奥さんに勝ちたい」という気持ちが強くなってはいませんか?

略奪婚に必死な間は、知らず知らずに相手が美化されて見えるものです。

略奪愛からの結婚をしてから、この人こんな人だったの?と後悔することも少なくありません。  

略奪婚のリスク(2) 不倫のスリルにはまっていただけだった

略奪愛に夢中になりがちな人は、不倫のスリルがたまらないという人も少なくありません。
 
そんな人が略奪婚をして後悔するのはズバリ!スリル不足です。
 
独身男性との恋愛では味わえない背徳感を「素晴らしい恋愛」だと勘違いさせているのかもしれません。
 
あなたがそんなタイプなら略奪婚をしたあとに、そのスリルがなくなって後悔してしまうでしょう。 

略奪婚のリスク(3) 元妻やその家族から嫌がらせを受けた

不倫の末、略奪婚して幸せに暮らしている人でも「略奪婚の後悔」を感じることはあります。
 
それは略奪婚した元妻や子供、その家族などからあなたへの嫌がらせや誹謗中傷を受けたときです。
 
相手にしてみれば、あなたは「幸せを奪った相手」なのですから自業自得ではありますが、略奪婚するときにはそれを忘れてしまう人もいるでしょう。
 
略奪愛された元妻がキレてあなたに悪い噂を流したり、直接何かしてくることも考えられます。

略奪婚のリスク(4) 慰謝料や養育費が家計を圧迫

略奪愛からの結婚をしたあと、元妻は直接何かしてこなくても、後悔する場合があります。

それは、離婚の慰謝料や養育費の負担で生活が苦しいという後悔です。

略奪愛結婚後の生活の良し悪しは生活費の額で決まることもあります。

不倫による離婚の場合、支払う慰謝料相場は、100〜300万円程度と高額になります。

略奪婚のリスク(5) まわりから祝福されない

不倫して幸せになれないのは自業自得といっても、実際に略奪婚を体験してみないとわからない後悔もあります。

そんな中のひとつのケースとして、結婚したのに親や兄弟が激怒し祝福してもらえない辛さがあります。

いざというときに親にも兄弟にも絶縁されて頼る人がいないとき、略奪婚を後悔する人もいるでしょう。

略奪婚のリスク(6) 会社などの信用を失った

略奪婚で結婚したという噂が立つと、社会での信用を失い後悔にもつながります。

いくら仕事といっても、あなたが略奪婚をしたことで周りの見る目が変わって、仕事に支障をきたし退職に追いやられる可能性もゼロではありません。

先ほどの慰謝料や養育費などの支払いと被って、ダブルで後悔することになってしまう場合もあります。

略奪婚のリスク(7) 自分も不倫された

略奪婚後に後悔することで、自分が不倫される側になってしまったという大変ショックなことがあります。
 
不倫をする男性なのですから、配偶者以外に興味をもつのは予想できたことですが、まさか自分が、と誰もが思い後悔するでしょう。
 
自分の旦那さんにするなら略奪愛の相手ではなく、妻を大切にしてくれる男性を選んだ方が良かったという後悔です。 

略奪婚をやめるなら今のうち!

略奪愛中の女性でも、まだ結婚していないのであれば、後悔する前に結婚をやめるチャンスです。
 
略奪婚を実行する前に、もう一度自分が結婚して後悔しないか、相手のことをよく思い出してみましょう。

略奪婚をする前に(1) 略奪婚をした後の生活をイメージする

不倫している人は、それだけでも恋愛のリスクがあり将来の二人についてあまり多くを望んでいない人も多いようです。

とにかく不倫状態から抜け出て、好きな人と結婚することがゴールとなっているのではないでしょうか。

これから二人で生活をしていけるのか(金銭面)ということや、相手との価値観や生活観は合うのかなどをよく考えてから結婚しないと後悔しやすいです。

略奪婚をする前に(2) 略奪婚のリスクは事前に確認

略奪婚にはいくつものリスクがあるのに気づかないで結婚してしまうと後悔することになります。

ここまでにも触れてきましたが、略奪婚の末、元妻に払う慰謝料で生活がきつくなってしまったり、略奪婚がバレて社会的信用を落としてしまったなど、略奪婚にはリスクがたくさんあります。

略奪婚の後にそれに気づいても自業自得と誰も助けてくれません。

気づいたときにはすでに遅く、結婚を後悔するしかないのです。

略奪婚をする前に(3) 略奪婚をやめることも選択肢に入れる

略奪婚は不倫を伴うことがほとんどです。

略奪婚を考える際には、不倫のリスクを考えることが必要です。

状況によっては、略奪婚をあきらめ、不倫相手を忘れるべき場合もあり得ます。

以下の記事を参考にリスクを考えてみましょう。

略奪婚をして後悔してしまったら

すでに略奪婚をしてしまっていて後悔している真っ最中という人は、いったいどのように対処したらいいのでしょうか。
 
不倫からの略奪婚に悩んでいる人が少しでも楽になれる方法をご紹介します。 

略奪婚で後悔したら(1) 慰謝料や養育費の減額ができる場合がある

元妻から離婚のときに法外な値段を請求されていた場合などには、弁護士に相談すると減額できる可能性があります。
 
請求されている慰謝料の額が法外かそうではないかは、素人にはわかりません。
 
専門家の判断が必要です。

略奪婚で後悔したら(2) 自分が不倫されたら慰謝料請求、離婚請求が可能

もし、略奪婚後の相手の浮気に悩んでいるのであれば、それを理由に今度はあなたから離婚や慰謝料請求してスッキリすることもあるでしょう。
 
略奪婚後に旦那が不倫相手と不貞行為に及んでいた場合は、貞操義務違反によって配偶者に離婚請求・慰謝料請求が可能です。

略奪婚で後悔したら(3) 弁護士に相談を!

慰謝料や養育費の減額交渉や慰謝料請求、離婚を考えた際は弁護士に相談することをおすすめします。

また、弁護士は法律で認められた唯一の本人の代理人となれる人です。

あなたの代わりに煩わしい法的な手続きを行ってくれるうえに、相手方との交渉も行ってくれます。 

略奪婚は後悔する!?略奪婚で考えられる7つのリスクとは?のまとめ

不倫の末の略奪婚。
 
思っていた夫婦生活とのズレや、略奪婚のリスクを考えなかったために後悔する人はたくさんいます。
 
いざ自分が妻になってみて、今度は夫の不倫に悩む立場になる人もいます。
 
もし、元妻からの慰謝料請求や略奪婚夫の不倫に悩んでいたら、自業自得と諦めずに弁護士に相談しましょう。
 
慰謝料の減額や、離婚や自分からの慰謝料請求などあなたに変わって交渉してくれます。
 

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部