浮気相手が忘れられない…|浮気相手を忘れる方法3つ

せっかく浮気相手と別れたのに、浮気相手のことが忘れられない人も多くいるでしょう。浮気は悪いことだと分かっていたからこそ別れたのに、いつまで経っても忘れられないようでは私生活にも影響が出てしまうだけでなく、復縁を考える可能性もあります。これ以上浮気相手と関わらないためにも、浮気相手を忘れる方法を実践するべきなのではないでしょうか。

浮気(342)男女の事故・トラブル(1315)
目次

弁護士に相談する

浮気相手を忘れたい!

浮気相手が忘れられないのには様々な理由がありますが、いつまでも浮気相手に固執するのは止めるべきです。
 
浮気相手と復縁したところでいいことなんてありませんし、パートナーに対する裏切り行為を続けるわけにもいきません。
 
効率良く忘れる方法があれば、それを実践することで浮気相手に縛られない自由な私生活が送れるのではないでしょうか。

浮気が忘れられないのはなぜ?

浮気相手が忘れられないのには様々な理由があります。
 
パートナーに対する裏切り行為ではありますが、どのような理由があるのでしょうか。

浮気が忘れられない理由(1) 浮気が楽しかった

浮気相手との浮気が楽しく感じた場合、たとえ相手と別れたとしても楽しかった感覚が忘れられないようです。
 
私生活に戻った途端、楽しいはずの私生活が浮気していた頃よりも楽しく感じることがなく、あの楽しい時間をもう一度味わいたいと思うからこそ忘れられないのでしょう。

浮気が忘れられない理由(2) 執着心がある

ひどい振られ方を経験したり、強いショックを受けると執着心を持ちやすくなります。

普通に別れたのならまだしも、相手から一方的な別れ方などをされれば浮気相手が忘れられなくなり、執着が一層強くなるのではないでしょうか。

浮気が忘れられない理由(3) 未練がある

浮気相手に対する未練があると、元の生活に戻ったにもかかわらず浮気相手のことばかり考えてしまうようになるでしょう。
 
未練が残るような別れ方をした場合は、いつまで経っても未練がましく考えてしまいやすくなるのかもしれません。

浮気のことを忘れるべき理由3つ

浮気相手のことが忘れらられないのであれば、浮気相手を忘れる方法としてデメリットを知る方法が挙げられます。
 
浮気は忘れたほうがいい、と考えることで浮気は忘れられるでしょう。
浮気には、どんなデメリットがあるのでしょうか。

浮気のデメリット(1) 自分や相手が既婚者であった場合、多額の慰謝料を請求される

浮気相手が既婚者であれば慰謝料を請求される危険性があります。
 
慰謝料の相場は50〜200万円です。

また、自分が既婚者である場合、「不貞行為」(民法770条1項1号)として離婚事由が認められます

離婚により家族を失ううえ、慰謝料の請求もなされ得ます。
 

浮気のデメリット(2) 信用を失う

浮気相手と浮気していたことが何らかの形でバレた場合、周囲からの信用を失ってしまうデメリットがあります。
 
社会的な信用はもちろん、浮気していた事実は消えないので行く先々で信用に大きく関わる問題になる可能性があるでしょう。

浮気のデメリット(3) 実らない恋に傷つき続ける

どんなに浮気相手のことが好きであっても、所詮は浮気で繋がっている実らない恋だということに気づき始めるでしょう。

実らない恋から抜け出せなくなることで、本来出会うべき相手に出会えなくなる可能性もあります。

浮気相手が忘れられないときの対処法

もしも浮気相手のことがいつまでも忘れられないときは、様々な対処法があります。
 
どのような対処法があるのでしょうか。

浮気相手を忘れる方法(1) 浮気相手に関わるものを削除する

連絡先などを削除するなど、浮気相手に関わるものを削除することで自然と浮気相手を忘れることができるでしょう。

いつまでも繋がれるような状態は未練がましくなってしまうので、思い切って思い出も全て消した方が今後のためになり得ます。

浮気相手を忘れる方法(2) 浮気をやめることができてよかった、と考える

浮気はいいことではないので、浮気のリスクを自然に回避できたとポジティブに考えるのが得策です。

浮気はデメリットしかないといっても過言ではなく、様々なトラブルを未然に回避することができたと考えれば気分も晴れやかになるでしょう。

浮気相手を忘れる方法(3) 趣味や仕事に熱中する

浮気相手が忘れられないなら、浮気相手を忘れられる趣味や仕事に熱中するのも得策です。
 

熱中する時間を積極的に作って没頭するようにすれば、浮気相手のことを考えてる暇がないくらい忙しくなるのではないでしょうか。

もし浮気相手が既婚者で高額な慰謝料請求をされた場合は

もしも浮気相手の配偶者に慰謝料を請求されてしまったら、早急に弁護士に相談しましょう。
 
弁護士なら自分の代わりにしっかり対応してくれるので頼りになります。

弁護士にご相談を!

浮気・不倫の慰謝料請求の場合は相手側も感情的になってしまうため、慰謝料が法外な値段になることがあります

弁護士に相談をすれば、専門的で豊富な知識と経験からあなたをサポートしてくれるので非常に頼りになるでしょう。

カケコムなら無料で弁護士から見積もりをもらうことができます!

浮気相手が忘れられない…|忘れる方法とは?のまとめ

相手と別れたのにいつまでも忘れられない状態はよくありません。
 
浮気には様々なデメリットがありますし、浮気相手と復縁するようなことがあればなおさらリスクを抱えることになります。
 
浮気相手と復縁したことで相手の配偶者に慰謝料を請求される可能性もあるので、もし慰謝料請求されることがあれば弁護士に相談しましょう。 

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部