不倫 男女問題

W不倫の結末5つ|悲しい結末を避けるためにできることとは?

W不倫に興味がある人や知りたい人、既にW不倫を行っている人などはW不倫の悲しい結末を知っておくべきでしょう。W不倫によって妊娠してしまったり、お互いにW不倫していたことがばれたなど、悲しい結末は必ずといっていいほど悲惨な結末を迎えることとなります。ただばれただけならまだしも、これからの生活にも大きな打撃を与えることになりかねません。

W不倫の結末とは

どちらか一方が不倫を行うだけでも相当な結末を迎えることになりますが、W不倫ともなれば悲しいなんてものではないかもしれません。
 
ただW不倫しただけならまだしも、妊娠したことがばれたときは離婚はほぼ確実ですし、その上親権の問題や慰謝料請求など様々な問題が浮上します。
 
こうした結末にならないためにも、W不倫のリスクを理解するべきでしょう。

W不倫の結末5つ

W不倫の結末は予想以上に悲しいものです。
 
お互いの人生を大きく変える結末とは、どのようなものなのでしょうか。

W不倫の結末(1) 不倫がバレて離婚

お互いに不倫をしていたということは両方の結婚生活が破綻しているのと同じなので離婚は免れないでしょう。
 
不倫がばれた時点で言い逃れはできませんし、当然離婚できるだけの証拠が揃っていれば両者共に離婚の準備を進めてこれからの生活をどうするか考える結末になります。

W不倫の結末(2) 親権を失う

もしも夫婦の間に子供がいた場合、どちらに親権があるかを争うことになります

しかし、大抵の場合は親権を失う可能性が高く、その上で養育費の支払いも求められることになるので今後の生活において経済的な問題が発生しやすくなるでしょう。

W不倫の結末(3) 不倫がバレて慰謝料請求される

W不倫でも配偶者にばれたら、当然パートナーへの裏切り行為を行ったものとして慰謝料を請求されることになります。

一般的な不倫と違うのは配偶者と相手の配偶者のWの慰謝料請求が求められるということであり、通常の額以上の慰謝料を支払わなければならなくなります。

W不倫の結末(4) 不倫がバレて仕事を失う

W不倫がバレれば、その影響は自分たちが働く職場にまで大きく影響することになり得ます。
 
職場内でW不倫をするようなものなら両者とも同じ職場にはいられませんし、そのまま職場で働き続けても周りの目があるのでやむなく仕事を失う形になりかねません

W不倫の結末(5) 社会的に信用を失う

一般的な不倫はもちろんのことですが、W不倫をしたことによって世間の目が一層厳しいものになるでしょう。

相手の既婚者と不倫関係になるという泥沼のような関係になったこともそうですが、社会的にはそれを許すわけにはいかないので信用を失うことになります。

W不倫の悲しい結末に陥らないためにできること

W不倫を行ったところで良いことなんて一つもありません。
 
悲しい結末にならないためには、様々な対処法があります。

W不倫のリスクを改めて認識する

ただでさえ普通の不倫もリスクが高いのに、W不倫はそれ以上にリスクが高いのでばれたときに失うものが大きすぎることを認識しましょう。
 
悲しい結末を避けるためにも、W不倫で誰が不幸な気持ちになるのか、じっくりと考えてキッパリと止めるようにするのが得策です。

配偶者の気持ちを考える

W不倫は本人同士に様々な問題が発生しますが、それ以上にW不倫をされた双方の配偶者の気持ちをよく考えてみてください
 
別の異性と不倫関係にあったことだけでも相当悲しい気持ちになりますし、しかも相手が既婚者だと知ったら配偶者の悲しみはどん底まで落ちるでしょう。

配偶者との今後について考える

W不倫を行ったことで悲しい結末を迎える前に、不倫関係を解消した後の配偶者とどう接していくかが重要になります
 
許してもらえるなら配偶者のために行動するようにしなければなりませんし、離婚するなら今後の生活のことを考えなければならないでしょう

 W不倫の法的リスクで知っておく

W不倫にはどのような法的リスクがあるのかを知る必要性があります。

通常の不倫以上に厳しいリスクが課せられると思っていいでしょう。

W不倫のリスク(1) 離婚事由にあたる

W不倫は通常の不倫と同様に民法770条1項1号の離婚事由に該当します

不貞行為を行ったものとして配偶者から離婚を請求されれば認められる可能性が非常に高いため、厳しいリスクがあることを覚悟しておきましょう。

W不倫のリスク(2) 配偶者から慰謝料請求される

W不倫は不法行為を行ったものとして認められるため、配偶者から慰謝料を請求されるというリスクが発生します

配偶者に対する裏切り行為を行ったのですから、相当な額の慰謝料を請求されると思った方が良いでしょう。

W不倫のリスク(3) 相手方の配偶者からも慰謝料請求される

上記のようにW不倫は不法行為にあたるので慰謝料を請求されることになりますが、今回の場合は相手方の配偶者にも被害を与えているので両方から慰謝料を請求されることになります。

お互いの配偶者に迷惑をかけていることになるので、両者が負担する慰謝料の額は倍以上になるでしょう。

W不倫についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

W不倫の結末5つ|悲しい結末を避けるためにできることとは?のまとめ

通常の不倫でも様々なリスクがあるのに、W不倫ともなれば更なるリスクを伴うことになります。
 
本人たちだけでなく双方の配偶者にも大きな被害を与えることになりますし、離婚はもちろん多額の慰謝料を請求されるでしょう。
 
もしも離婚や慰謝料請求を考えたら弁護士に相談をすることで複雑な手続きなどもスムーズに進められます。
 

弁護士に相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費