浮気の終わりを考える5つの理由|浮気を終わらせるための方法とは?

パートナーが浮気の終わりを迎えるきっかけはなんでしょうか?浮気には様々なリスクが伴うものですし、それだけ配偶者を悲しませることにもなります。浮気相手との関係が良好ならまだしも、もしも浮気相手との関係が悪化した場合はこれを機に別れて元の関係に戻るのが得策でしょう。

浮気(339)男女の事故・トラブル(1458)
目次

自分に合った探偵へ相談する

浮気を終わりにするきっかけは?

浮気を終わりにするきっかけというのは突然訪れることもあれば、ここらが潮時だと思うなど様々な場面があります。
 
もちろんパートナーからのアプローチのおかげで別れることもできますが、浮気相手との関係が良好だと終わらせるのはなかなか難しいかもしれません。
 
しかし、本当にパートナーのことを考えるのであれば、潔く浮気相手との関係を解消して終わらせるべきです

浮気を終わりにするきっかけ5つ

不毛な浮気を終わりにするきっかけは多くあります。
 
どのようなきっかけで浮気を終わらせることができるのでしょうか。

浮気を終わりにするきっかけ(1) パートナーの愛を再認識したとき

元々はパートナーから愛情が不足していると感じて浮気をしたものの、再びパートナーから愛情を認識することが浮気を終わらせるきっかけになるでしょう。
 
パートナーからの愛情を感じるようになれば浮気相手と関係を続ける意味はなくなるので、キッパリと終わらせることができます。

浮気を終わりにするきっかけ(2) 浮気相手との関係がこじれてきたとき

浮気相手との関係がいつまでも良好だとは限りません
 
浮気相手との関係がひとたび崩れてしまうと、この関係を続けていることにウンザリするでしょうし、こんなことになるくらいならパートナーと一緒にいた方が良かったと思いますよね。

浮気を終わりにするきっかけ(3) 浮気相手に振られたとき

浮気相手から突然関係の終了を告げられることも全く珍しくありません
 
最初は振られたことにショックを受けるかもしれませんが、これをきっかけにパートナーの存在がいかに大事なものなのかどうかが実感できるのではないでしょうか。

浮気を終わりにするきっかけ(4) 浮気がばれそうなとき

浮気相手との関係がこれ以上続けられないほどバレそうなときは、ここらが潮時だと言わんばかりに関係を解消するようです。
 
バレなければ重大な問題にはなりませんし、このままパートナーとの生活を続けることで徐々に浮気をしたときの気持ちも収まるでしょう。

浮気を終わりにするきっかけ(5) 浮気がばれたとき

もしもパートナーに浮気がばれてしまったとき、基本的には半強制的に浮気が終わることになります

浮気を終わりにしてもらうために

パートナーの浮気を終わりにしてもらうのには、一度二人で話し合う必要性があるでしょう。
 
自分の思いを伝えれば、パートナーも考え直してくれるかもしれません。

思いを伝えて話し合う

自分がどんなにパートナーのことを考えているのか、浮気されている自分がどんなに悲しい思いをしているのかなどを伝えることが大切です。
 
思いが伝わればパートナーも現状の関係を考え直してくれるかもしれないので、精一杯の思いを伝えて関係を終わらせるように働きかけましょう。

 不倫のリスクを伝える

不倫には様々なリスクがつきものであり、それがバレることでお互いに悪い結末になるばかりです。

離婚はもちろん慰謝料を請求されることになるなど、とても看過できないリスクがのしかかってくるのでお互いのために不倫を続けるのは止めるべきでしょう。

慰謝料請求する

もしパートナーが浮気を止めないのであれば、慰謝料を請求することになります
 
離婚するのはさておき、浮気していた事実が確実であれば多額の慰謝料を請求することができるので、最終手段の一つとなり得るでしょう。

配偶者が浮気を終わらせる気がなく、離婚を考えたら

どんなに話し合っても浮気を終わらせる気がないのであれば、離婚を考えても仕方がありません。

どのような対処をするべきなのでしょうか。

離婚を考えたら(1) 証拠を集めましょう

離婚を確実なものにするためには、パートナーが浮気していたという証拠を集める必要があります

より決定的な証拠ほど離婚するための材料として使うことができるので、パートナーにバレないように証拠を集めましょう。

離婚を考えたら(2) 証拠集めは探偵に

ただし、浮気の証拠を集めるといっても素人の証拠の集め方が犯罪行為にあたる可能性があります

探偵に調査を依頼すれば最も安全で確実に証拠を集めてくれるので非常に頼りになります。

確実に、安全に証拠を集めるためにも探偵に相談するのが得策でしょう。

離婚を考えたら(3) 離婚カウンセラーに相談

もしもパートナーが浮気を止める気がないのであれば、離婚カウンセラーに相談してどうすればいいのかアドバイスを聞いてみましょう。

離婚カウンセラーであればこのようなケースの相談でも適切なアドバイスをしてくれるので、今後どうすればいいのかが分かります。

離婚を考えたら(4) 調停を申し立てる

円満離婚するにはお互いに離婚の合意を得る必要性がありますが、相手が離婚に合意してくれなければ離婚することができません

しかし、お互いの合意がなくても調停を利用することができるので、離婚に合意してくれないようであれば調停を申し込みましょう。

離婚を考えたら(5) 早期に弁護士に相談を!

もしもパートナーとの離婚を考えているなら、早めに弁護士に相談するのが良いでしょう。

離婚するときに行う複雑な手続きもスムーズに進められますし、離婚後の生活についても相談できるので離婚する前から頼りになります。

浮気の終わりを考える5つの理由|浮気を終わらせるための方法とは?のまとめ

パートナーとの生活を取り戻したいと考えているなら、離婚を考える前に止めてもらうように努力する必要性があります。
 
パートナーに一生懸命愛情を与えてあげるなど、様々な方法によって浮気相手と別れさせることができるかもしれません。
 
それでもなお浮気相手と別れてくれないなら、探偵に調査を依頼して証拠を集め、早めに弁護士に相談した方が良いでしょう。

自分に合った探偵へ相談する

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部