結婚は馬鹿馬鹿しい?結婚を悩んだら考えるべき3つのこと

結婚なんて馬鹿馬鹿しいと感じていませんか?結婚はリスクだらけと感じる男性は少なくありません。結婚式が無駄に思えたり、恋愛や結婚がくだらないと感じるのは何が理由なのでしょうか?結婚が馬鹿馬鹿しいと感じる理由と共に、リスク回避の方法をご紹介します。

婚約破棄(65)男女の事故・トラブル(1376)
目次

結婚は馬鹿馬鹿しい?結婚する理由は?

「結婚なんて馬鹿馬鹿しい!」

そう感じていませんか?

結婚すると妻や子供を養う必要が出たり、妻の家族の老後の面倒をみる可能性が生じるなど、結婚がリスクだと感じるのは不思議ではありません。

では、結婚が馬鹿馬鹿しいと感じるときにどうやって結婚のリスクを減らせばいいのでしょうか?

結婚がばかばかしく感じる理由とリスク回避の方法をご紹介します。

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由とは?

結婚式が無駄に思えたり、恋愛や結婚がくだらないと感じたり…。

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由には何があるのでしょうか?

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由(1) 自由にお金を使えなくなるから

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由として、自由にお金を使えなくなるということがあります。

独身時代は趣味や食事などに好きにお金を使えていたのに、結婚すると家族のためにお金を使わなければならず、窮屈に感じてしまう男性は少なくありません。

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由(2) 自分だけの時間がなくなるから

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由に、自分だけの時間がなくなるからというものがあります。

一人で過ごす時間が必要な人にとって、家庭を持つということは自分一人の時間がなくなると感じるのは自然なことです。

他者と一緒に住む不自由を考えると憂鬱になり、恋愛や結婚をくだらないと感じてしまうのです。

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由(3) 趣味をやめろと言われるのが嫌

結婚が馬鹿馬鹿しいと思うときとして、趣味をやめろと言われるのが嫌だと感じるときがあります。

特にゆずれない趣味や、長い間継続している趣味がある場合には、趣味は人生のひとつになっていることもあるでしょう。

そんな趣味をiやめろと言われることを考えたら、抵抗したくなる気持ちも不思議ではありません。

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由(4) 夫婦の愛は冷めてしまうと思うから

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由に、夫婦の愛は冷めてしまうと考えている場合があります。

「どうせ愛はなくなるし、他人に戻ってしまうなら恋愛や結婚なんてくだらない

そういった虚無感に襲われる人は少なくありません。

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由(5) 子供が欲しくないから

結婚が馬鹿馬鹿しいと思う理由には、子供が欲しくないからというものもあります。

子供が要らないのにあえて制限がたくさん生じる結婚をするなんてくだらないと感じるのです。

結婚は馬鹿馬鹿しくないという意見

結婚が馬鹿馬鹿しいと感じる理由には様々なものがありました。

その一方で、結婚は馬鹿馬鹿しくないという考えにはどのようなものがあるのでしょうか?

結婚は馬鹿馬鹿しくないという意見(1) 精神的な支えになる

結婚を馬鹿馬鹿しいと思わない人は、妻や子供が精神的な支えになると考えています。

何かつらいことがあったとき、自分だけでは頑張れなくても、誰かのためになら頑張れるということ、ありますよね。

結婚は馬鹿馬鹿しくないという意見(2) 社会的信用が得られる

結婚を馬鹿馬鹿しいと感じない理由に、社会的信用が得られるというメリットがあります。

結婚をしていると社会人として、大人として、一人前であると周りからみなされることは少なくありません。

昇進や昇格にあたって結婚の有無が考慮される会社も少なからず存在します。

結婚は馬鹿馬鹿しくないという意見(3) 親の期待に応えられる

結婚を馬鹿馬鹿しいと感じない人は、親の期待に応えられることを理由としていることもあります。

交際中は結婚や結婚式が無駄に感じていても、いざやってみると、親の嬉しそうな顔や嬉し涙に、結婚してよかったと感じる人も少なくありません。

結婚は馬鹿馬鹿しくないという意見(4) 配偶者控除などのメリット

結婚を馬鹿馬鹿しいと感じない理由には、配偶者控除などのメリットを享受しているからというものもあります。

配偶者控除だけでなく、会社の扶養手当がもらえるなど、結婚してから手取りが増えたという場合もあるようです。

結婚は馬鹿馬鹿しくないという意見(5) 自分に足りていない部分をサポートしてもらえる

結婚は馬鹿馬鹿しいものではないと感じる理由に、自分に足りていない部分をサポートしてもらえるという面があります。

たとえば片付けが苦手だったり、家計管理や貯金が苦手だったりする場合に、妻にサポートしてもらうことで負担を減らすことができます。

また、上司や取引先との懇親会で妻がうまく立ちまわってくれたおかげで仕事がうまくいくようになったというケースもあります。

結婚を悩んだら

結婚なんてばかばかしいと感じて結婚すべきか悩んだときは、下記のことを考えてみましょう。

結婚を悩んだら(1) 結婚のメリットを考えてみる

恋愛や結婚がくだらないと感じているときは、結婚のメリットを考えてみましょう

たとえば結婚式は無駄に思えても、親などを安心させることができるなど、親孝行にもつながります。

また、扶養控除などの直接的なお金のメリットだけでなく、社会的信用を得ることで間接的に収入が増える可能性もあります。

結婚を悩んだら(2) 結婚契約書を作成する

結婚でのリスクに多いのがお金の問題ではないでしょうか?

そこでおすすめなのが結婚契約書を作成することです。

結婚契約書とは、結婚前に、結婚後のお金の問題や子供の問題、家事の問題、家族の介護の問題などを取り決め、その取り決めを書き残した書類のことをいいます。

結婚前に結婚契約書を作成することで、夫婦間での決めごとを形としてきちんと残しリスクを軽減することができます。

結婚を悩んだら(3) 弁護士に相談

結婚のリスクを回避するためには、結婚前に結婚契約書を作っておくことが大切です。

しかし、結婚契約書に何を書いておくべきかや、結婚後に何が問題になるかは結婚前にはわかりにくい部分もありますよね。

そこで頼れるのが男女関係の法的問題解決のプロである弁護士です。

法律の専門家である弁護士は結婚契約書の作成も含めて、あなたに有利になるように結婚準備をサポートしてくれます。

結婚がばかばかしいと感じたらなるべく早く弁護士に相談することをおすすめします。

結婚は馬鹿馬鹿しい?結婚を悩んだら考えるべき3つのことのまとめ

結婚が馬鹿馬鹿しいと感じる理由の中にあてはまるものはありましたか?

結婚にはリスクがある反面、無視できないメリットも存在します。

結婚をばかばかしいと思う理由はそれぞれですが、結婚のリスクには回避する方法も存在します。

結婚契約書の作成を考えたときは早めに弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部