不倫の恐怖とは?不倫の本当の恐怖と悲惨な代償5つ

不倫を続けていくうちに、恐怖を感じることは少なくありません。不倫の代償として恐怖感を味わったり、不倫が泥沼化し、後悔した場合にはどうすればいいのでしょうか。不倫の恐怖にはどんなものがあるのかをまずは把握し、不倫の恐怖の末に起こるトラブルについても解説。不倫の恐怖を感じている人は、前もってリスク回避をしておきましょう。

不倫(285)男女の事故・トラブル(1315)
目次

不倫の恐怖と悲惨な代償とは?

不倫の恐怖は、当事者である本人にしか分かりません。
 
多くの人が感じやすい不倫の恐怖の種類にはどんなものがあるのか、自分の体験と比べてながら確認してみてください。
 
また、不倫の恐怖から起こる悲惨な代償、泥沼になったときの対処法や立ち直る方法を考えていきましょう。 

不倫の5つの恐怖・代償

まずは不倫の代償として感じる恐怖について解説。
 
不倫の泥沼から立ち直る方法を考える前に、不倫の恐怖について見ていきます。 

不倫の恐怖・代償(1) パートナーを失う

不倫の恐怖のひとつとして、実のパートナーを失うのではないか、というものがあります。
 
不倫をするときには、やはり本来のパートナーを裏切ることになるため、万が一バレたときにはパートナーを失ってしまうのではないか、という恐怖を感じるのは当然でしょう。

不倫の恐怖・代償(2) 親権を失う

不倫をすると、離婚となり親権を失う可能性があることも、恐怖のひとつです。
 
不倫は家族を裏切る行為にもなるため、パートナーが子供を連れて出て行ってしまうことも十分考えられます。
 
親権を失うことは、不倫の代償としては悲惨なものとなりそうです。 

不倫の恐怖・代償(3) 高額な慰謝料

不倫の恐怖は、高額な慰謝料も挙げられます。
 
不倫は法的にも裁かれる行為であり、慰謝料が発生するケースは決して珍しくありません
 
不倫がバレてしまい、高額な慰謝料を突然請求されることは悲惨な恐怖となり代償としては大きなものになってしまいます。 

不倫の恐怖・代償(4) 信用を失う

不倫は、家族だけでなく周囲からの信用を失う可能性も非常に高く、恐怖として捉えられるでしょう。
 
不倫の噂が広まってしまった場合再婚の支障になる場合もあり、悲惨な代償であり恐怖です。
 
その後同じ場所で生活をするのは困難を要するかもしれません。

不倫の恐怖・代償(5) 仕事を失う 

不倫を続けていることがバレると、仕事を失うかもしれないので、それも恐怖となるでしょう。
 
不倫を行い周囲からの信用を失った結果であり、職場内であれば懲戒の可能性もあります。
 
不倫の代償としては辛く悲惨な恐怖となりそうです。

不倫の恐怖を経験しないために

不倫をしていると同時に代償として感じる恐怖を、経験しないためには、どんなことから始めるべきなのでしょうか。 

不倫の恐怖を経験しないために(1) 不倫の恐ろしさと代償を理解する

不倫の恐怖を代償として経験しないためには、まず不倫の恐ろしさ・代償をきちんと理解しましょう。
 
不倫のリスクを正しく知っておくことで、恐怖を実際に経験する前に手を打とうと思える可能性が高くなります。 

不倫の恐怖を経験しないために(2) 不倫をしない・不倫をやめる

不倫の恐怖を避けるためには、やはり不倫をしないことが一番
 
不倫を今すぐやめれば、恐怖を経験せずに済むかもしれません。
 
不倫をやめる自信がないという人も、恐怖を感じたくないのであれば、今から関係を断つための方法を考えてみてください。 

不倫の恐怖を経験しないために(3) パートナーのいいところをしっかり見る

不倫の恐怖を経験しないためには、実のパートナーのいいところをしっかり見てください。
 
不倫をしているとパートナーに対して疎かにしがちです。
 
本当はあなたのことを一番理解し、愛してくれているであろうパートナーの存在を再確認することで、不倫から抜け出し立ち直るきっかけになるかもしれません。

もし不倫をしていて、法的なトラブルに巻き込まれたら


やむ負えず不倫を続けているうちに、恐怖ともいえる法的なトラブルに巻き込まれそうになったら、どのようにして立ち直るべきなのでしょうか。

慰謝料を支払わなくていい場合もある

不倫の末に慰謝料を請求されたとしても、夫婦関係が破綻していた場合などには、慰謝料を支払わなくていい場合もあります。

例えば自分が未婚者で、相手が既婚者だと知らなかったようなときが当てはまります。

また、額を争うこともできるので、焦らず専門家に相談することが不倫の恐怖から立ち直るためには大切です。

不倫は様々な法律問題につながる

不倫は法的にも違反とされる行為であるため、様々な法律問題に繋がることも恐怖といえます。

例えば既婚者には、

  • 慰謝料の額を争いたい
  • 親権を争いたい
  • 養育費の額を争いたい
  • 財産分与について争いたい

このような問題が発生し、未婚者側には

  • 慰謝料の有無を争いたい
  • 慰謝料の額を争いたい
  • 不倫相手に求償したい
このような法律問題が発生するため、解決するには多くの労力と時間がかかってしまいます。

早期に弁護士に相談!

不倫の代償として感じる恐怖から立ち直るには、早めに弁護士に相談しましょう

トラブルを避けるためにも早期に相談することで、正しい方法で不倫の恐怖から立ち直るために行動できるはず。

専門家が味方になってくれると、精神的にも安心し、冷静に対応できるでしょう。

不倫の恐怖とは?不倫の本当の恐怖と悲惨な代償5つのまとめ

不倫の代償として感じる恐怖には様々なものがあり、法的に関係することもとても多くあります。
 
不倫の恐怖を感じ、トラブルになりそうだというときには、早めに弁護士へ相談をし立ち直るための準備を進めましょう。
 
不倫の恐怖に対しては法的なことも多く関係しますので、専門家の力を借りることが解決への近道といえます。 

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部