結婚したいのにできない!相手が結婚に踏み切らない場合の対処法5つ

結婚したい彼氏や彼女がいるのに結婚できないせいで焦りを感じていませんか?結婚したい人がなかなか結婚に踏み切ってくれないと悩む人は少なくありません。そういう相手には結婚したいけどしたくない理由がありました。結婚したいのにできない場合に相手を結婚に踏み切らせる方法をご紹介します。

目次

自分は結婚したいのに相手が踏み切ってくれない

結婚したい彼氏や彼女がいるのに相手がなかなか結婚に踏み切ってくれないと悩んでいませんか?

実はそういう相手は、結婚したいけどしたくないという矛盾した気持ちを持っていることも少なくありません。

結婚したい人がなかなか踏み切ってくれず焦りを感じている場合は、相手の結婚したい気持ちを高めて結婚できない理由をつぶすことが大切です。

結婚したいのにできない場合に相手を結婚に踏み切らせる方法をご紹介します。

結婚を踏み切らない心理

結婚したい人に結婚してもらうには、相手の心理を知ることが大切です。

相手が結婚をためらう理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

結婚したいと思えない心理(1) 経済的に不安

結婚したいと思わない理由として、経済的に不安だというものがあります。

本当は結婚したいけれどお金がなくてできないという場合もあります。

結婚したいと思えない心理(2) 相手に本気ではない

結婚したいと思わない人に多いのが、相手に本気ではないということです。

遊びで付き合っているのに相手から結婚を迫られてしまい、今の楽しい関係を続けるためにのらりくらりと話をかわしているという場合もあるのです。

結婚したいと思えない心理(3) 結婚が必要ないと思っている

結婚したい人がいる一方で、結婚が必要ないと思っている人もいます。

自分の人生に結婚が不要だと思っている人はなかなか結婚したいとは思えないようです。

結婚したいと思えない心理(4) 相手に将来性が感じられない

結婚したいけどしたくない場合の心理として、相手に将来性が感じられないというものがあります。

相手と結婚して生活できるのかや、人生のパートナーとしてやっていけるのか不安を感じているという場合です。

結婚したいと思えない心理(5) まだ遊びたい

結婚したいと思わない人に多いのが、まだ遊びたいと思っているという場合です。

結婚すると社会的責任が伴います。

それを嫌がる人は意外と少なくありません。

結婚したいと思う場面

結婚に踏み切ってくれない相手にはまず結婚を意識させる必要があります。

結婚したいといういう心理になるきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか?

結婚したいと思う場面(1) 友人夫婦の幸せそうな顔を見たとき

結婚したい人におすすめなのが、相手を友人夫婦に会わせるということです。

友人夫婦の幸せそうな顔を見たときに結婚したいと感じるようになる人は少なくありません。

結婚したいと思う場面(2) 楽しんでいる家族を見たとき

結婚したいという心理になるときの一つに、楽しんでいる家族を見たときがあります。

子ども連れの家族が楽しそうに過ごしている姿を見せることで、自分も幸せな家庭を築きたいと思わせることができるでしょう。

結婚したいと思う場面(3) 相手の家庭的な面が見られたとき

結婚したいと思う場面として、相手の家庭的な面が見られたときがあります。

結婚したいかわからない彼女の家庭的な面を見た男性が、結婚後の生活が予想できたことを理由に結婚を決める場合もあるようです。

結婚したいと思う場面(4) お正月など親族で集まるとき

独身者が結婚したいと焦りを感じる場面にお正月など親族で集まるときがあります。

周りから「誰それは結婚して子供もいる」などと聞かされて結婚しなくちゃと感じる経験はありませんか?

結婚したいと思う場面(5) 子供が楽しそうに遊んでいる姿を見たとき

結婚したいと思う場面として、子供が楽しそうに遊んでいる姿を見たときがあります。

結婚したい彼氏がいるときは子供のいる場所に行ってみるのも良いでしょう。

結婚したいのに踏み切ってくれないときの対処法

結婚したいという心理にさせるには、周りから攻めるだけでなく、自分から行動を起こすことも大切です。

相手に結婚に踏み切ってもらう対処法をご紹介します。

相手が結婚に踏み切らないときの対処法(1) 自分磨きをする

相手が結婚に踏み切ってくれないときは自分磨きをすることが有効です。

「この人と結婚したら楽しそう」

「一緒に暮らしたいな」

と思わせられるように家事や仕事のスキルを高めたり穏やかに相手に接すると良いでしょう。

相手が結婚に踏み切らないときの対処法(2) 相手に不満がないか確認する

相手がなかなか結婚に踏み切らないときは相手に不満がないか確認すると良いでしょう。

無意識にしている癖や、特にこだわりはない習慣など、あなたにとって重要でない部分が相手にとってネックになっている場合があるかもしれまあせん。

相手が結婚に踏み切らないときの対処法(3) 自分からプロポーズする

相手が結婚に踏み切ってくれないなら、自分からプロポーズすることも考えてみましょう。

相手が受け身だったり、プロポーズを断られることを心配するような繊細な性格の場合は、あなたからプロポーズすることで結婚が決まる場合もあります。

相手が結婚に踏み切らないときの対処法(4) 将来の計画を立てる

相手が結婚に踏み切らないときは将来の計画を立てるのも有効です。

住む場所、仕事、子供の有無・数、教育方針など、結婚することを前提に計画を立ててみましょう。

計画を立てる中で相手の結婚の意思が固まってくる場合もあります。

相手が結婚に踏み切らないときの対処法(5) 探偵に調査を依頼する

相手が結婚を先延ばしにする場合、相手が浮気をしていたり、実は既婚者だったり、金銭トラブルなどを抱えている場合があります。

その場合は調査のプロである探偵に依頼して相手の身辺調査をしてもらうことで事実を明らかにすることがおすすめです。

調査の結果、相手にトラブルがなければ安心できますし、身辺調査の過程で相手の結婚の意思がわかる場合もあります。

結婚したいのにできない!相手が結婚に踏み切らない場合の対処法5つのまとめ

結婚したいのに相手が結婚に踏み切ってくれないとやきもきしてしまいますよね。

相手が結婚を先延ばしにする場合は、相手に結婚を意識させたり、あなたからアクションを起こすことが大切です。

それでも相手が結婚してくれない場合は、探偵に相手の身辺調査を依頼することがおすすめです。

結婚できない理由がわかれば将来を考え直せる一方で、何もなければ安心して結婚に向けて行動できることでしょう。

探偵に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部