ストーカーになる5つのきっかけとストーカー被害への5つの対処法

ストーカーになりそうな人が近くにいる人は要注意です。ストーカーになるきっかけというのは人によって様々ですが、大抵の場合は行き過ぎた心理からくる動機によるものでしょう。初期段階のストーカーの行動も分かりやすいものであるものの、身近な人がストーカーになっている場合だと対処するのは難しそうです。このような場合にはどのように対処すればいいのでしょうか。

男女の事故・トラブル(1201)
目次

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

身近な人がストーカーに変わるきっかけは?

身近な人がストーカーになるきっかけというのは実に単純な心理が動機になっていることもよくあります。
 
ストーカーの初期段階から気を付けなければなりませんし、下手をすればこちらに危害を加えてくるおそれがあるので十分に注意しなければならないでしょう。
 
ストーカーの心理状況というのは、一般人には理解しがたいできないものですが、いざというときのために確認しましょう。

ストーカーに変わるきっかけ

一般的な人がストーカーになるきっかけというのはどんなものなのでしょうか。
 
様々な動機があり、理解できないような心理が働いているかもしれません。

ストーカーに変わるきっかけ(1) 突然連絡が取れなくなるとき

今まで気になっていた人から急に連絡が取れなくなったとき、なぜ自分と連絡を取り合ってくれなくなったのか気になって仕方がなくなるのでしょう。
 
遂には相手の家まで訪ねてきたり、しつこく電話をかけてくるなどの心理からストーカーに変わってしまうのかもしれません。

ストーカーに変わるきっかけ(2) プレゼント等をあげたのに冷たい態度をとられたとき

せっかく相手が気に入るだろうと思って用意したプレゼントなのに、それを素っ気ない態度で返されたことが動機になるようです。
 
本人にとっては止めてほしいことにもかかわらず、これがきっかけとなりまるで逆恨みのような心理状態に支配されてストーカーへと変貌するのでしょう。

ストーカーに変わるきっかけ(3) 思わせぶりな態度をとられたとき

こちらはそんなつもりで相手に対する態度を取ったわけではないのに、相手が勘違いしてストーカーになってしまうケースはよくあります。
 
ストーカーの心理は、自分だけに思わせぶりな態度をとっているから気があると勘違いするもので、初期の段階に見られるきっかけの一つでしょう。

ストーカーに変わるきっかけ(4) 自分のことを否定されたとき

こんなにも相手のことを考えて行動しているのに、それを全面的に否定されたときのショックでストーカーになるきっかけとなります。
 
何を勘違いしているのか、それでもなお自分の気持ちを押しつけるような行動をしてくることが多く、初期段階を超えて過激な行動に走る可能性も大いにあります。

ストーカーに変わるきっかけ(5) 運命を感じる場面に遭遇したとき

自分で勝手に運命だと決めつけ、相手と更なる接点を築こうと付き纏ってくるようになるのがストーカーになるきっかけとなります。
 
運命を感じる相手は元交際相手や知り合いが多いですが、面識がなくてもストーカーになる場合があるのであらゆる場面でストーカーになるきっかけがあるといえます。

ストーカーになる危険がある人かもと感じたら

もしも身近な人がストーカーになる可能性がある人だと思うなら、様々な対策を講じて自分の身を守る必要性があります。

ストーカーになる危険がある人かもと感じたら(1) SNSや連絡先を教えない

ストーカーになりそうな人は初期段階の行動として相手と連絡を取ろうとSNSや連絡先を活用してきます
 
少なからず相手との接点を絶つためにも、ストーカーになりそうな人がいたらSNSや連絡先などを教えないようにしましょう

ストーカーになる危険がある人かもと感じたら(2) 明確な意思を伝え、思わせぶりな態度をとらない

ストーカーになりそうな人はメッセージに返信するだけでも、相手にされていると感じることがあるので決して油断しないようにしましょう。
 
自分の身の安全や相手をストーカーにさせないためにも明確な意思を伝え、誤解させないことが大切です。

ストーカーになる危険がある人かもと感じたら(3) 早期に警察に相談する

もしもストーカーになりそうな危険な人が身近にいたら、早めに警察に相談して対策を練りましょう
 
ストーカー被害に遭ってから対策を行うのでは遅いので、早めに相談することで被害に遭わないための様々な対策を実行してくれます

ストーカーになる危険がある人かもと感じたら(4) 探偵に調査を依頼する

ストーカーになりそうな人が身近にいるなら、探偵に依頼してストーカー被害の実態の調査を依頼しましょう
 
警察へ相談する際に証拠があると警察も動いてくれやすいので、探偵が証拠を掴めば有利になります
慰謝料請求の証拠にもなり得るので、早めに調査を依頼するのが得策です。

ストーカー

ストーカーになる危険がある人かもと感じたら(5) 弁護士に相談する

ストーカーになりそうな人から被害を受けないためにも、そういった事例に強い弁護士に早めに相談するのも得策です。
 
不法行為があれば慰謝料請求が可能なので、行き過ぎた不法行為が見られるなら早めに相談することで自分の代わりに対処してくれるでしょう。

ストーカーの被害を受ける前から弁護士に相談しましょう!

何はともあれストーカーの被害に遭ってから対応するようでは遅いので、被害に遭う前に探偵や弁護士に相談して何とかしてもらうのが得策です。

ストーカーになる5つのきっかけとストーカー被害への5つの対処法のまとめ

何かしら勘違いしているストーカーは初期段階から偏った心理状態の元で様々な行動を行ってきます。
 
初期段階からストーカーによる行動は徐々にエスカレートしてきますし、被害に遭ってから対応するようでは遅いでしょう。
 
自分の身を守るためにも明確な意思をハッキリと伝え、早めに探偵や弁護士に相談して対応するのが得策です。

ストーカー

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

この記事の作成者

カケコム編集部