浮気を繰り返してしまうパートナーの浮気性の治し方3つ

パートナーが浮気を繰り返してしまうのは、浮気に依存していたり元々浮気性である可能性があるかもしれません。浮気はしないとパートナー自身が誓ったにも関わらず浮気を繰り返してしまうのは、パートナー自身の浮気に対する考え方が大きな原因となっているでしょう。浮気しないためにも、浮気性の治し方を実践する必要性があるのではないでしょうか。

浮気(342)男女の事故・トラブル(1383)
目次

弁護士に相談する

浮気を繰り返してしまうパートナー…

どんなに注意しても浮気を繰り返してしまうパートナーは一体どうすればいいのでしょうか。
 
元々浮気性であった場合は効果的な治し方を知る必要性がありますし、浮気に依存しているならそれに対する策を講じなければなりません。
 
これ以上浮気を繰り返させないためにも、原因を知ってパートナーを助けていくのが重要だといえるでしょう。

浮気を繰り返してしまう原因

パートナーが浮気を繰り返してしまうのには、様々な原因が挙げられます。
 
どのような原因が挙げられるのでしょうか。

浮気を繰り返してしまう原因(1) ”浮気”の捉え方

パートナーが浮気を繰り返してしまうのは、そもそも本人の浮気の捉え方が間違っているからだと思われます。

浮気はいけないことだと分かっているにも関わらず、本人がここまでなら浮気ではないと勝手に決め付けていることが大きな原因だといえるでしょう。

浮気は当たり前?|「男の浮気は当たり前」といわれる理由とは?

浮気を繰り返してしまう原因(2) 相手に対する配慮のなさ

どんなに浮気はいけないことだと説明しても、浮気したら様々なトラブルの元になるといった相手に対する配慮がないことが原因です。
 
浮気は相手にとっても悲しいことですし、人生に大きく関わることを自覚していないことがパートナーを浮気に走らせてしまうのかもしれません。

浮気を繰り返してしまう原因(3) コミュニケーション不足

パートナーとのコミュニケーションが不足していると、話し合いをすることも難しくなってしまうので再び浮気に走ってしまうでしょう。
 
お互いのコミュニケーションがあってこそ浮気に走るのを防げるため、これ以上浮気させないためにもコミュニケーションの不足を補う必要性があります。

浮気を繰り返してしまうパートナーの治し方

浮気を繰り返してしまうパートナーの浮気性を治すには、様々な治し方があります。
 
どのような治し方があるのでしょうか。

治し方(1) 金銭的に浮気できなくさせる

金銭的な余裕があるほど浮気に走る可能性があるので、パートナーに必要最低限の家計簿をつけさせるなどの対策を行いましょう。
 
金銭的な余裕がなければ浮気相手とできることも限られてきますし、徐々に諦めていくのではないでしょうか。

治し方(2) 浮気のリスクをしっかり伝える

パートナーの浮気依存を治すには、浮気がどんなリスクをもたらすのかをしっかりと説明しましょう。
 
浮気はお互いにとって非常に不利益をもたらす行為ですし、浮気を続けていても何もいいことがないことを伝えることが重要です。

治し方(3) 相手の求めるものに耳を傾ける

浮気に依存するパートナーの全てを否定するのではなく、相手がどんなことを求めているのかを冷静になって聞いてみましょう
 
自分が求めるものに応えることが出来れば浮気する意味がなくなりますし、自分を求めてくれるようになるでしょう。

浮気を繰り返す妻/夫にうんざり!離婚できるの?

どんなに対策してもなお妻/夫が浮気を繰り返すのであれば、離婚を検討しましょう。
 
しかし、妻/夫の浮気依存で離婚することができるのでしょうか?

離婚できる?(1) 合意があれば離婚できる

妻/夫の浮気依存によって離婚するかしないかなどは本人たちの自由に委ねられているため、双方の合意があれば離婚は可能です。
 
この場合は協議離婚となるので、お互いに離婚に合意するため、相手を説得する必要性があるでしょう。

離婚できる?(2) 合意がなくても離婚できる可能性が高い

性交渉等を伴う浮気だった場合は、民法770条1項1号に該当するため、離婚請求をすることが可能です。
 
たとえ相手が離婚に合意しなくても不貞行為の事実があれば離婚請求ができるので、確実な証拠を掴むことが重要になるでしょう。

離婚できる?(3) 離婚を考えたら弁護士の相談を

離婚を考えたとしても、自分一人で離婚の準備を進めるのは大変です。
 
離婚する場合は法律的な知識が必要であり、その知識や経験の有無でその後の結果も変わるため男女問題に強いカケコム認定弁護士にご相談をしましょう

浮気を繰り返してしまうパートナーの浮気性の治し方3つのまとめ

浮気の問題は夫婦にとって死活問題になり得ます。
 
パートナーをどんなに説得しても浮気に依存しているようであれば、浮気性の治し方を実践する必要性があります。
 
しかし、それでも浮気を繰り返してしまうなら、離婚を検討しましょう。
 
自分一人で対応するのは大変なので、離婚に強い弁護士に相談してスムーズに離婚の準備を進めるのがおすすめです。
 
また、浮気の証拠が十分に揃っていない方は、証拠集めの専門家である探偵に相談することをオススメします。
 
浮気の証拠があるか、ないかによってその後の結果も大きく変わってくることとなります。

弁護士に相談する

無料で探偵に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部